悩み、落ち込み、気分が晴れるヒントや考え方、お伝えします!

軽やかに♪ 心クリック

気分 自分らしさ 未分類

自己評価は、自分の言動に対する評価で決まり、その評価が言動をパターン化させる。

投稿日:

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。どのような自己評価で生きているかによって、気分は大きく違ってきます。

 善良である、悪辣である、優しい、冷たい、品が高い、下品、前向きに頑張れる、後ろ向きで意欲が低い、など、貴方は自分をどう評価していますか?

 ポジティブな自己評価をしている人は、それだけで気分よく生きていけます。ネガティブな自己評価であれば、その逆です。

 今回の記事は、自己評価を作って気分を上げましょう! という内容です。

 

自己評価は言動で作られる

自分も、自分の言動を見て評価をする

 これは意外な盲点です。自分の事は自分がよく解っていると誰もが考え、正しく自己評価ができていると錯覚しています。

 他人の事であれば、言動を見て評価をします。自分のように内心が解る訳ではないので、言動から内心を測るしかありません。自分であれば内心を承知しており、言動などなくても人間性が判断できます。

 ところが意外にも、自己評価においても言動が大きな比重を占めます。人間の心は一枚岩ではなく、様々な感情や衝動が入り乱れる混沌とした世界です。その全てを自分自身と認識するとなると、何だかよく理解できない複雑なものになります。

 例えば、友達が何かで成功して、皆でお祝いをする状況があったとします。友達の成功を喜ぶ自分、嫉妬して認めたくない自分、お祝いして友達を喜ばせたい自分、お金が減るのを嫌がる自分、仲間を思い合う素晴らしいコミュニティーの一員であると誇らしく思う自分、参加しなかったらコミュニティーでの立場が悪くなると打算する自分、などが複雑に絡み合い、これが全て自分となると、自分で自分がよく解らなくなります。

 そこで明確な指針になるのが、その感情や衝動の何を優先させたのか? という実績になるという訳です。

言動は、何を優先させたか? の結果

 人間の心中は、複雑で当たり前です。相反するものが対立して、それらの全てが自分自身です。ですから「自分はどのような人間か?」という評価は、広義ではそれら全ての要素とバランスを差し、狭義では勢力が強く優先されるものを指します。

 広義の評価はあまりに複雑で難しく、自分自身でさえ自分を把握しきれません。そこで自分は、他人にするのと同じように言動に頼ります。

 先の友達のお祝いの例ですと、参加して祝えば「友達を思える良い人」になり、嫉妬心やお金が勿体ないという思いで参加しなければ「卑しい自分勝手な人」になります。

 ただ勿論、本当は嫌だけど評判を気にしての参加なら「本当は冷たい打算的人間」になります。言動で判断するとは言っても、そこは自分自身です。言動に反映されない心情が組み合わさるのは当然です。

行動は自己評価に左右され、自己評価を濃くしていく

 一旦、自己評価が定まると、人間の行動はそこでパターン化します。穏やかで優しい自己評価の人は、何も考えず自然と穏やかで優しい言動になります。打算的と自己評価する人は、何も考えずに損得勘定を優先させるようになります。

 混沌とした内心に目を向けるまでもなく、自分のキャラクターは決まっているからです。すると当然、自己評価に沿った言動が積み重ねられて行きます。その言動を見てまた自己評価を濃くしていき、それがまた言動に反映されていくサイクルが出来上がります。

 

 

言動によって、自己評価を上げる

自己評価を上げる行動とは?

 嘘から出た実(まこと)という言葉があります。自己評価を上げるには、パターン化された言動から意識的に抜け出して、あえて違うものを選択します。

 それは、最初は嘘なのかもしれません。けれども心はその言動に反応して、意外なポジティブな反応を送って来ます。自分勝手と自己評価をしていた人間が、あえて他人に良くしてみる。するとそこに、想定外の温かい喜びや誇らしさが生じた。不潔でだらしないと自己評価をしていた人間が、身なりを整えて高級レストランに行ってみる。すると心が引き締まり自分を高尚な人間だと感じた。……といった具合です。

 まったく心の反応しない行動は仕方ありませんが、心が何かポジティブに反応したなら、それも紛れない真実の自分自身です。嘘から出た実となり、言動を積み重ねていけば、やがて自己評価に格上げされます。普段から、まったく別世界で生きていけるのです。

小池義孝の取り組みを紹介します

 僕自身の心がけを、少しだけご紹介します。僕はおそらく、標準よりも面倒くさがりです。何となく言動を選択していると、「面倒だからやりたくない」が反映される機会が多くなります。ですから言動において、面倒くさいを採用しないルールを設けています。結果として、自分をより優しく正しく合理的な人間だと思っています。

 また休日には、よく美術館や博物館に行くようにしています。従来はやや興味があったものの、面倒くさいが勝って、よほどの魅力的な企画がない限りは足を運びませんでした。それを少しでも興味が湧けばにハードルを落として赴くようになった結果、自分を文化的な人間であると自己評価するようになっています。

 

 

まとめ

 内心を知る自分自身であっても、言動によって自己評価は大きく影響を受ける。

 嘘から出た実で構わないので、好ましい言動によって心が動いたなら、それは新しい自己評価となる。

 

 

2022/9/26

自己評価は、自分の言動に対する評価で決まり、その評価が言動をパターン化させる。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。どのような自己評価で生きているかによって、気分は大きく違ってきます。  善良である、悪辣である、優しい、冷たい、品が高い、下品、前向きに頑張れる、後ろ向きで意欲が低い、など、貴方は自分をどう評価していますか?  ポジティブな自己評価をしている人は、それだけで気分よく生きていけます。ネガティブな自己評価であれば、その逆です。  今回の記事は、自己評価を作って気分を上げましょう! という内容です。   自己評価は言動で作られる 自分も、自分の言動を見 ...

詳しく読む

2022/5/11

人はなぜ自殺を選ぶのか? どうすれば自殺を防げるのか?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。人は何故、自殺を選ぶのでしょうか? 自殺するまで追い込まれない為には、どうすれば良いのでしょうか?  個々で様々な事情はありますが、共通するのは精神トーンの問題です。今回の記事は、それら個々の事情に取り組む前に、基本の大枠として知っておくべき内容です。   自殺のリスクが高まる3つの精神状態  人は、どういう時に自殺に至るのか? その精神状態を詳しく知っておくのは、周囲で支える人にとって、決して無駄にはなりません。  一般的に広まっているノウハウ ...

詳しく読む

2022/5/2

『ノストラダムスの大予言』にある人類滅亡は、なぜ信じられ、エンタメ化したのか?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、子供の頃にあった『ノストラダムスの大予言』について、お話しします。  子供の頃、ノストラダムスは日常の一部でした。多くの人が1999年に人類は滅亡すると怖れ、その恐怖と不安が日常に溶け込んでいる、今にして思えば異様な状態でした。  けれどもそこには、人類滅亡シナリオをエンタメとして楽しむ、奇妙な空気も存在していました。   ノストラダムスの大予言は、エンタメとして親しまれた ノストラダムスの大予言、恐怖の大王とは?  ノストラダムスが日本 ...

詳しく読む

2022/4/24

怒りという感情を、精神異常と認識しておくべき理由とは?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、怒りの危険性についてお伝えします。  怒りは、爆発的なエネルギーで危険から逃れるため、精神を屈服させないために、絶対に必要な感情です。しかしその緊急事態に向くという特別性ゆえに、多大な危険性を含んでもいます。   怒りは理性と合理性を損なわせる 何故、怒りは精神異常なのか?  精神異常とはこの場合、理性と合理性の欠如を指します。理性とは、物事を区別する能力です。合理性とは、目的に対する手段の適正さです。ですから精神異常になると、想像と現実 ...

詳しく読む

2022/4/14

感謝をしたくない、ありがとうと言いたくない、という病

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、近頃で目立っている「感謝を否定する」意見について、その根本的な誤りを指摘します。  確かに、感謝は強要されるものではありません。しかし感謝の拒絶は、人間社会の本質への否定になるのです。   「優しさ・親切 ←→ 感謝」というノーコストな交換 社会の本質は、キレイ事ではなく助け合い  人間はなぜ、社会を形成するのでしょうか? 答えは簡単で、助け合うためです。  これはキレイ事ではなく、むしろ社会の本質です。人が一人で生き抜いていくのは、至難 ...

詳しく読む

2021/6/21

更新情報:「頑張るよりも、楽しむ方が優秀に。潜在能力は、楽しんで発揮する。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『頑張るよりも、楽しむ方が優秀に。潜在能力は、楽しんで発揮する。』に、Youtube、雑談講座を加えました。  命の危機に瀕した際の火事場の馬鹿力でさえも、楽しい! が採用されています。 → http://kokoro.click/tanovsgan     ♦更新情報を、メールでお届けします。 Leave Th ...

詳しく読む

2021/6/12

更新情報:「失敗して痛い目に遭った時、思考停止して逃げれば、心の負債になる。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『失敗して痛い目に遭った時、思考停止して逃げれば、心の負債になる。』に、Youtube、雑談講座を加えました。  下手に前向きさが入って正当化されている分、タチが悪い。不合理なルールを見つけ出し、修正しましょう。 → http://kokoro.click/sippaiteisi     ♦更新情報を、メールでお ...

詳しく読む

♦更新情報を、メールでお届けします。


 

-気分, 自分らしさ, 未分類

Copyright© 軽やかに♪ 心クリック , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.