悩み、落ち込み、気分が晴れるヒントや考え方、お伝えします!

軽やかに♪ 心クリック

気分 落ち込み

理由もなく、何となく気分が落ち込む原因と対処法。

投稿日:2019年4月3日 更新日:

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。特に理由が見当たらないのに、何となく気分が落ち込む。

 こんな時には、いくつか原因が考えられます。それぞれの対処法を合わせてご紹介しますので、思い当たるものをお試しください。

 

肉体的な原因

疲労の見えない蓄積

 健康を維持するには、活動と休息とのバランスが重要です。活動時間に対して休息時間が足りない、あるいは休息の質が低いと、次第に疲労が蓄積されていきます。

 少しずつの変化だと、鈍い人はなかなか気付けません。ジワジワと疲労を蓄積していきます。また気が張って興奮状態が続いた時も、疲労を感じ難くなっています。元気なようでも、疲労は確実に溜まっていきます。

 肉体疲労から、心の元気も減退します。

対処法

 感覚ではなく、経験や常識で判断してみましょう。自分の体力、常識と照らし合わせて、疲れていてもおかしくない、疲れていなければ逆におかしい、といったように思えたなら、休息を取ってみてください。時間だけではなく、心配事をなくしておく、煩わしい外部からの連絡は絶つ、体を温める、など質も良くします。

 例えば、何か月も休みを取らずに頑張り続けていれば、さすがに疲れていなければおかしいです。

睡眠不足

 人によって、必要な睡眠時間は違います。ショートスリーパー、ロングスリーパーといった言葉も、見聞きした経験があるのではないでしょうか。

 仮に、7時間の睡眠がベストだとします。すると3~4時間睡眠でも、1日か2日くらいなら平気で過ごせます。5~6時間睡眠であれば、かなりの長い期間、さほど体調悪化も疲れも感じずに過ごせます。しかしベストは7時間ですから、ゆっくりと疲れが溜まっていきます。(この時間と日数は、参考までの目安です)

 極端な睡眠不足では、すぐに限界が来るので解ります。しかし微妙な睡眠不足では、疲労の蓄積になかなか気付けません。もしかしたら本人は、自分は5~6時間の睡眠がベストだと誤認している怖れもあります。

対処法

 ベストの睡眠時間よりも短い自覚のある人は、ベストで数日間を連続で過ごしてください。

 その自覚がない方は、試しに通常よりも2~3時間、多めに睡眠時間を長く取ってみてください。

糖質を摂り過ぎる

 甘い物、炭水化物を多く含むものは、血糖値を上げます。血糖値の過度な上昇があると、体はインシュリンを分泌して抑制にかかります。この時にダルさが出て、体力も落とされてしまいます。

 毎日のように甘い物を食べ続ける習慣のある人は、そのダルさが当たり前になっていて、気付かない状態かもしれません。

対処法

 お菓子やスイーツを絶つのは勿論、炭水化物全体を抑えるようにしてみてください。高タンパク、低糖質の食生活に切り替えます。

 ただし炭水化物をまったく摂らない、極端な制限は良くありません。茶碗で1杯のご飯であれば半分にするなど、ほどほどで行ってください。お菓子やスイーツの方は、最初のうちは完全に絶った方が良いです。体調が良くなったら、あとは自分のさじ加減で様子を見てコントロールできます。

 

 

 

 

精神的な原因

自分の心を抑え込んでいる

 本当はやりたい事がある、言わないけれど我慢している、嫌々ながら仕方なくやっている、こんな風に自分の心を抑え込んでいると、次第に精神が削られていきます。

 やりたい事ができない、我慢して受け入れている、といった状況では、苦痛が溜まっていきます。日々の苦痛は小さくても、蓄積すれば相当な大きさになります。

 苦痛が心を圧迫すると、気分が上がらずに落ち込みがちになります。

対処法

 まずは、自分の素直な気持ちを直視してください。

 自分の心を抑えるには、何かしらの事情があって普通です。居場所を失わないため、和を乱さないため、他人に迷惑をかけたくない、などを優先した結果です。

 ただ気分が落ち込むように至っては、延長線上にはより深刻な事態が待っています。まだ余力がある内に、自分の心に沿った変化をもたらしてください。

 例えば気晴らしもせずに育児に追われているなら、迷惑などと考えずに、誰かに頼って自由時間を作るようにします。

思考と心とが一致していない

 これは前項の「自分の心を抑え込んでいる」を、こじらせたものです。

 最後に例で挙げた、気晴らしと育児で考えてみます。このお母さんにとって、育児はとても幸せなものでした。愛する我が子と一緒にいて、苦痛であるはずがない。それを苦痛に感じるような愛情に薄い母親ではないと、強く思い込んでいます。

 しかし現実の育児は、想像とは違いました。いくら我が子は愛しくても、ストレスが溜まっていきます。しかし嫌だという思いは、すぐに本人の意思によって打ち消されます。思考が、本当の心を認められない姿です。

 思考が心の在り方を作ろうとし過ぎるか、強い先入観にあると、思考と心との間に不一致が生じます。

 心が追い込まれていくのは同じですが、こちらは自分を省みても解り難く、より厄介です。

対処法

 思考を取り止めて、心の声に耳を傾けてください。ただボーっとして、心の反応に耳を澄ますのです。

 そこで出てきた、やりたい衝動、モヤモヤ、不満、嫌だ、逃げたい、などをキャッチしてください。意外に感じられたものが、あなたが気付かなかった、認めなかった本当の心です。

 何となくでも察しがついたなら、本当の心を満たすよう、生活に変化をもたらしましょう。

日々の生活に新鮮味がない

 解りきったものには、心の反応が鈍くなります。特に嫌なものがなくても、変化のない生活は心を停滞化させます。

 心の停滞は、感覚としては気分の落ち込みと同じです。

対処法

 難しくはありません。無理にでも、生活に変化をつけましょう。

 ショッピング、外食、映画、旅行、その人にとって変化になるなら何でも良いです。いつもと違う道を通るだけでも、意外に心が動かされるものです。

 この場合には、嫌なマイナス方面でも成立しますが、どうせなら楽しいプラスの事にしましょう。

 

 

 

まとめ

 肉体的な原因、精神的な原因、それぞれ可能性の高いものをご紹介しました。

 原因が一つとは限りません。複数のものが絡み合っているケースも、多いものです。思い当たるものは、複数を同時進行で試してみてください。特に糖分過多の自覚があれば、これは必ず入れてください。ほぼ確実に効果が出ます。

 

 

2021/5/13

動画記事「感覚で生きて上手く行かない人が、人生を立て直すには?」

 心クリック管理人、小池義孝です。  今回の記事は、元の文章はありません。動画発のコンテンツです。  感覚に反して、常識的に正しい方を選んで行動してください。一回や二回ではなく、何度も繰り返していく内 ...

詳しく読む

2021/5/11

動画記事「「歳を食うと嫁の貰い手がなくなる」を禁句にした弊害」

 心クリック管理人、小池義孝です。  今回の記事は、元の文章はありません。動画発のコンテンツです。  真実を禁句にしてしまえば、それを知り得なかった新しい世代が犠牲になります。   「歳を食 ...

詳しく読む

2021/4/13

動画記事「車椅子でも、事前連絡せずに普通に生活したい! ……を叶えられない根本的な理由とは?」

 心クリック管理人、小池義孝です。  今回の記事は、元の文章はありません。動画発のコンテンツです。  コストをかければ利便性は高まりますが、どこかでその伸びは鈍化します。差別、平等、といった観点は重要 ...

詳しく読む

2021/4/7

更新情報:「怒って育てる VS 褒めて育てる 心の中で、何が起こっているのか?」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『怒って育てる VS 褒めて育てる 心 ...

詳しく読む

2021/3/24

【ご連絡】うっかり、お金を払い忘れていました(笑)

 うっかり、お金を払い忘れてブログを非表示にしてしまいました……。   うっかりミスでも、ドキっとしますよね  ドメインのお金を払っていなくて、ページが消えるという失態を犯してしまいました。 ...

詳しく読む

2021/3/6

2021/3.6 更新情報:「モチベーションを上げるには、心の単純さを利用すれば良い!」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『モチベーションを上げるには、心の単純 ...

詳しく読む

2021/2/13

動画記事「笛美さん:なぜ周りの女性は女性蔑視について行動を起こさないの?」

 心クリック管理人、小池義孝です。  今回の記事は、元の文章はありません。動画発のコンテンツです。  批判する側は一人でも、受け取る側からすれば津波のように押し寄せてくるものです。擁護、庇う人まで攻撃 ...

詳しく読む

♦更新情報を、メールでお知らせします。


 

-気分, 落ち込み

Copyright© 軽やかに♪ 心クリック , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.