悩み、落ち込み、気分が晴れるヒントや考え方、お伝えします!

軽やかに♪ 心クリック

社会問題

弱者が権利を主張すると、なぜ反感を招くのか? 人権を主張する難しさ。

投稿日:2019年5月29日 更新日:

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、もしかしたら多くの人に反感を持たれかねない、際どい話になります。ただ決して、差別やヘイトの要素はありません。

 もしそのように受け取られたなら、誤解です。理解に難しい部分は補足しますから、遠慮なくお尋ねください。

 人権を主張する難しさを、お話していきます。

 

弱者を守る人権

強者が弱者をサポートする

 社会には、自力で生きていくのが難しい人達がいます。何らかの障害があったり、病気があったり、お年寄りであったり、生存と生活に他者の援助を必要としています。

 彼らを支えられるのは、強者です。自力で生存して生活した上での余力を、弱者に分配します。ただ個人の自発性には頼れないので、税金を投入して、行政がその役割を担います。

 財源が無限にあるなら、そのサポートはいくらでも厚くできます。しかし現実に財源には限りがあり、既に国の借金は1000兆円をかるく超えてきており、サポートは薄くせざるを得ない状況にあります。

人権侵害を口にすると、反感を招く

 当然、受益者からは不満の声が出ます。よくここで、「人権の侵害」というフレーズを耳にします。サポートを薄くするのは、人権の侵害に当たるという主張です。

 しかしここで、社会からは反感も生じます。図々しいと受け取られる場面も、散見されます。権利を主張すると、必ず、反感も買ってしまうのです。

 正直、僕にもこの感覚はあります。例えば、「経済力に関係なく、皆が平等に大学まで進学できる社会にすべきだ」と言われれば、僕も賛同します。財源がどうのという話はさておき、平等にチャンスがある社会を好ましいと思うからです。

 しかしこれを、「経済的な問題で大学に進学できないのは、人権侵害だ! 私達には、無料で大学に行く権利がある!」と言われると、ちょっとムッとします。

 正しい、好ましいと思う方向性でも、人権として主張されると受け入れ難くなります。おそらくこの感覚に共感される方は、多いでしょう。

人権に普遍性はない

 何故、反感を買ってしまうのでしょうか? そもそも人権などという権利は、人間社会には存在しないからです。

 人権は、社会で後付けされた設定です。普遍性はなく、普遍性があるように社会の構成員が広く同意して支持することで、そのように機能します。

 自力で生きていけない者を助けるのは、権利ではなくて、哀れみや優しさです。この良心が起点にあるからこそ、弱者にも適用される人権という概念も生まれています。権利よりも先に、まずは気持ち、感情なんです。人としての普遍性は、ここにあります。

感謝のない受益者は、嫌われて当たり前

 もしも周囲の人から良くされている受益者が、こう主張したら、あなたはどう感じますか?

「優遇されるのは、自分の当然の権利だ。自分は優しくされるべきだ。そうでなければ不当だ」

 よほど出来た人でない限りは、嫌悪や侮蔑の感情が芽生えてしまうでしょう。人権を主張する弱者に向けられる反感は、このような感覚が元になっています。

 してもらって当然と感謝もないのに、文句だけは盛んに言う。こういうメンタリティは、嫌われて当たり前です。

 

 

 

 

人権を振りかざすと、黙る代わりに敵に回る

だからといって、弱者は小さくならなくて良い

 ここからが難しい話になりますが、だからといって、助けられている弱者が、小さくなって申し訳なさそうにしている必要はありません。

 堂々と生きていくべきなのですが、助けられていることへの感謝の気持ちを、もっと社会に向けて発信していくべきだと思います。

 感謝は、立派な報酬なんです。

 反感を抱く人の感覚では、感謝もしないくせに、権利だけを主張する図々しい人達に見えています。弱者なんて、どうなろうと知ったことではない! という極端な人格が破壊されたような人も少数はいますが、反感を抱く大半の人達は、感謝が見えれば気持ちを変えます。

人権を振りかざすほど、気持ちが離れていく

 あまりに人間社会が人権に普遍性の設定を持たせて、これを振りかざせば表立って逆らえなくなるのを良いことに、安易に利用され過ぎているのではないか? そのせいで、潜在的な溝を深める結果になっているのではないか? と、危惧しています。

 状況が悪化すれば、弱者を支援する世論にも悪影響が出ます。弱者救済では票につながらないとなれば、政治は福祉を細らせていきます。正しい、悪い、ではなく、嫌われてはいけないのです。

 

 

 

まとめ

 助けてあげた人が、一切の感謝もなく、「これじゃ足りない。もっと支援をしなければ、人権侵害だ」とあなたを悪者にしたなら、どう思うでしょうか?

 日本は弱者に冷たい国だと言われていますが、強者側を悪者にするようなアプローチは、かえって溝を深めるだけです。

 人権という後付けの設定ではなく、優しさ、思いやり、感謝、といった普遍的な感情に立ち返る必要性があります。

 人権は作り物の虚像であるが故に、大切に大切に守って育てていかなければなりません。だからこそ普遍的な感情を、敵に回してはいけないのです。

 

Youtube、記事動画

 この記事の内容を、動画でもお伝えしています。ただ記事はリライトされる事があるので、若干、内容が異なる場合もございます。

Youtube、雑談講座

 この記事の内容を元に、雑談を交えたフリートークです。台本なしのワンテイクです。

 

 

2021/5/11

動画記事「「歳を食うと嫁の貰い手がなくなる」を禁句にした弊害」

 心クリック管理人、小池義孝です。  今回の記事は、元の文章はありません。動画発のコンテンツです。  真実を禁句にしてしまえば、それを知り得なかった新しい世代が犠牲になります。   「歳を食 ...

詳しく読む

2021/4/13

動画記事「車椅子でも、事前連絡せずに普通に生活したい! ……を叶えられない根本的な理由とは?」

 心クリック管理人、小池義孝です。  今回の記事は、元の文章はありません。動画発のコンテンツです。  コストをかければ利便性は高まりますが、どこかでその伸びは鈍化します。差別、平等、といった観点は重要 ...

詳しく読む

2021/4/7

更新情報:「怒って育てる VS 褒めて育てる 心の中で、何が起こっているのか?」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『怒って育てる VS 褒めて育てる 心 ...

詳しく読む

2021/3/24

【ご連絡】うっかり、お金を払い忘れていました(笑)

 うっかり、お金を払い忘れてブログを非表示にしてしまいました……。   うっかりミスでも、ドキっとしますよね  ドメインのお金を払っていなくて、ページが消えるという失態を犯してしまいました。 ...

詳しく読む

no image

2021/3/6

2021/3.6 更新情報:「モチベーションを上げるには、心の単純さを利用すれば良い!」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『モチベーションを上げるには、心の単純 ...

詳しく読む

2021/2/13

動画記事「笛美さん:なぜ周りの女性は女性蔑視について行動を起こさないの?」

 心クリック管理人、小池義孝です。  今回の記事は、元の文章はありません。動画発のコンテンツです。  批判する側は一人でも、受け取る側からすれば津波のように押し寄せてくるものです。擁護、庇う人まで攻撃 ...

詳しく読む

2021/2/12

動画記事「森喜朗会長へのバッシングに思う、誰かが味方である大切さ。」

 心クリック管理人、小池義孝です。  今回の記事は、元の文章はありません。動画発のコンテンツです。  批判する側は一人でも、受け取る側からすれば津波のように押し寄せてくるものです。擁護、庇う人まで攻撃 ...

詳しく読む

 

♦更新情報をメールでお知らせします。


 

-社会問題

Copyright© 軽やかに♪ 心クリック , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.