悩み、落ち込み、気分が晴れるヒントや考え方、お伝えします!

軽やかに♪ 心クリック

成功 成長 自分らしさ ちょっとしたネタ

座右の銘で「ピンチはチャンス」は、浅いのか? 座右の銘の持ち方。

投稿日:2020年1月2日 更新日:

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。日本テレビアナウンサーの弘竜太郎さんは、「ピンチはチャンス」を座右の銘にしているそうです。これがバラエティ番組で、浅いといじられ、笑い者にされていました。

 確かに、よく聞く一期一会などに比べると軽い気がしますし、言い尽くされている感もあります。では「浅い」とバカにしたものかと言うと、それは違います。

 座右の銘とは何か? 座右の銘の適切な持ち方について、お伝えします。

 

座右の銘で「ピンチはチャンス」は、浅いのか?

「ピンチはチャンス」は浅いのか?

 座右の銘というと、その荘厳な字面と響きで、高尚さを強くイメージさせます。ですから、ちょっと難しい表現で硬い内容の方がより馴染みます。

・一期一会
・臥薪嘗胆
・初心忘るべからず
・為せば成る為さねば成らぬ何事も

 といった辺りですね。座右の銘として語られているのを、どこかで見聞きした記憶があると思います。

 こう考えると、「ピンチはチャンス」は表現がPOPで易しく、格調が低いように思えます。内容も、ありきたりと言うなら、その通りです。しかし座右の銘に、誰も気付かないような真理を持ってくることなど普通はなく、「ピンチはチャンス」が際立って浅い内容とは思えません。

 例えば、「日々是精進」(ひびこれしょうじん)と言ったなら、おそらくどこでも立派な座右の銘として通用するでしょう。けれども意味は「毎日、頑張る」ですから、大切なことではあっても、深くはありません。むしろ「ピンチはチャンス」の方が、やや深いくらいです。

 つまり「ピンチはチャンス」が浅いと馬鹿にされたのは、内容ではなく、表現の軽さ故です。似たような意味で「死中に活を求める」なら、周囲の反応はまったく違ったはずです。

ピンチはチャンスを座右に置く意味

 座右の銘の「銘」は、金属や石などに刻まれた文字を意味します。そこから派生して、心に強く深く刻み込む言葉を表しています。右側なのは、右利きの人が多いからで、すぐにパッと取れるようにでしょう。

 つまり座右の銘とは、心に深く刻まれた大切な言葉で、頻繁に取り上げて、考えや言動に反映させるものです。かつ、意識しなければ忘れてしまう、疎かになってしまうラインである必要があります。

 何もしなくても初心を忘れない人が、「初心忘るべからず」を座右の銘にしても意味がありません。惰性に流されて意識が低くなる人が持つからこそ、意味があります。

「ピンチはチャンス」も同様です。もともとピンチに動揺せず、最善手を打てる人には無用の言葉です。ピンチで心が折れたり、パニックになったりする人にとって、大きな意味があります。

 ありきたりと馬鹿にされた言葉ではありますが、実際に出来るかどうかは別の話です。程度にも拠りますが、ピンチになれば、誰だって動揺します。そこで「ピンチはチャンス」を座右の銘にしていれば、いち早く冷静さを取り戻し、解決策や災い転じて福となすルートを模索できます。転じて福にできたなら、大儲けです。

 

 

 

 

自分に合った、座右の銘がある

座右の銘の、正しい持ち方

 ここまで読まれてきたなら、座右の銘について、明確に整理されていると思います。目標とすべき自分、ありたい自分の像が前提としてあります。人格者でありたいのか、美学に生きたいのか、成功したいのか、安心や安全を求めるのか、それぞれ性格や経験によって方向性が変わります。

 その上で、当たり前に意識し続けるのが難しい、重大な要素を満たす言葉でなければなりません。また意外な盲点として、表現の仕方も重要です。「ピンチはチャンス」と「死中に活を求める」は、ほぼ同じ意味ですが、心の反応に違いが出ます。自分を鼓舞してテンションを上げたいなら、ピンチはチャンス! の方が相応しいでしょう。弘竜太郎さんの、もう一つの座右の銘はパッションだそうですから、ピッタリです。

 心構えとしての有益さが本質ですが、格調高い、カッコイイというのも、人によっては重要になります。座右の銘には、自己満足のファッションとしての役割もあります。「毎日、頑張る」よりも、「日々是精進」の方が上等な人間に思えるし、カッコイイです。他人に伝えた時の反応も、それで違ってきます。ピンチはチャンスで馬鹿にされたのを見れば、解りますよね。やはり格調高い方が、人としても高いランクに評価されます。

 ただこれは、あくまでも個人的な感覚であって、失礼なことを言ってしまうのは重々に承知しているのですが、「一期一会」には思うところがあります。座右の銘で一期一会と聞くと、僕はまず、「ファッションだけで、中身がないのでは?」と思ってしまいます。これを座右の銘にする人は多いのですが、まだ一度も、「さすがに一期一会を座右の銘にしているだけあって、一つ一つの出会い、機会をないがしろにせず、大切にしているんだな」と思わされた経験がないからです。

 ごめんなさい、これは今までの印象で話をしているので、本当に一期一会を大切にして生きている方はいると思います。

 

 

 

まとめ

 座右の銘は、意識していなければ忘れてしまう、重要な言葉を置くものです。その意味で「ピンチはチャンス」は、馬鹿にされる謂れのない立派なものです。

 一期一会と言われると、僕はつい、ファッションだけで言ってない? と疑ってしまいます。

 

 

2022/9/26

自己評価は、自分の言動に対する評価で決まり、その評価が言動をパターン化させる。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。どのような自己評価で生きているかによって、気分は大きく違ってきます。  善良である、悪辣である、優しい、冷たい、品が高い、下品、前向きに頑張れる、後ろ向きで意欲が低い、など、貴方は自分をどう評価していますか?  ポジティブな自己評価をしている人は、それだけで気分よく生きていけます。ネガティブな自己評価であれば、その逆です。  今回の記事は、自己評価を作って気分を上げましょう! という内容です。   自己評価は言動で作られる 自分も、自分の言動を見 ...

詳しく読む

2022/5/11

人はなぜ自殺を選ぶのか? どうすれば自殺を防げるのか?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。人は何故、自殺を選ぶのでしょうか? 自殺するまで追い込まれない為には、どうすれば良いのでしょうか?  個々で様々な事情はありますが、共通するのは精神トーンの問題です。今回の記事は、それら個々の事情に取り組む前に、基本の大枠として知っておくべき内容です。   自殺のリスクが高まる3つの精神状態  人は、どういう時に自殺に至るのか? その精神状態を詳しく知っておくのは、周囲で支える人にとって、決して無駄にはなりません。  一般的に広まっているノウハウ ...

詳しく読む

2022/5/2

『ノストラダムスの大予言』にある人類滅亡は、なぜ信じられ、エンタメ化したのか?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、子供の頃にあった『ノストラダムスの大予言』について、お話しします。  子供の頃、ノストラダムスは日常の一部でした。多くの人が1999年に人類は滅亡すると怖れ、その恐怖と不安が日常に溶け込んでいる、今にして思えば異様な状態でした。  けれどもそこには、人類滅亡シナリオをエンタメとして楽しむ、奇妙な空気も存在していました。   ノストラダムスの大予言は、エンタメとして親しまれた ノストラダムスの大予言、恐怖の大王とは?  ノストラダムスが日本 ...

詳しく読む

2022/4/24

怒りという感情を、精神異常と認識しておくべき理由とは?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、怒りの危険性についてお伝えします。  怒りは、爆発的なエネルギーで危険から逃れるため、精神を屈服させないために、絶対に必要な感情です。しかしその緊急事態に向くという特別性ゆえに、多大な危険性を含んでもいます。   怒りは理性と合理性を損なわせる 何故、怒りは精神異常なのか?  精神異常とはこの場合、理性と合理性の欠如を指します。理性とは、物事を区別する能力です。合理性とは、目的に対する手段の適正さです。ですから精神異常になると、想像と現実 ...

詳しく読む

2022/4/14

感謝をしたくない、ありがとうと言いたくない、という病

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、近頃で目立っている「感謝を否定する」意見について、その根本的な誤りを指摘します。  確かに、感謝は強要されるものではありません。しかし感謝の拒絶は、人間社会の本質への否定になるのです。   「優しさ・親切 ←→ 感謝」というノーコストな交換 社会の本質は、キレイ事ではなく助け合い  人間はなぜ、社会を形成するのでしょうか? 答えは簡単で、助け合うためです。  これはキレイ事ではなく、むしろ社会の本質です。人が一人で生き抜いていくのは、至難 ...

詳しく読む

2021/6/21

更新情報:「頑張るよりも、楽しむ方が優秀に。潜在能力は、楽しんで発揮する。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『頑張るよりも、楽しむ方が優秀に。潜在能力は、楽しんで発揮する。』に、Youtube、雑談講座を加えました。  命の危機に瀕した際の火事場の馬鹿力でさえも、楽しい! が採用されています。 → http://kokoro.click/tanovsgan     ♦更新情報を、メールでお届けします。 Leave Th ...

詳しく読む

2021/6/12

更新情報:「失敗して痛い目に遭った時、思考停止して逃げれば、心の負債になる。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『失敗して痛い目に遭った時、思考停止して逃げれば、心の負債になる。』に、Youtube、雑談講座を加えました。  下手に前向きさが入って正当化されている分、タチが悪い。不合理なルールを見つけ出し、修正しましょう。 → http://kokoro.click/sippaiteisi     ♦更新情報を、メールでお ...

詳しく読む

♦更新情報を、メールでお届けします。


 

-成功, 成長, 自分らしさ, ちょっとしたネタ

Copyright© 軽やかに♪ 心クリック , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.