悩み、落ち込み、気分が晴れるヒントや考え方、お伝えします!

軽やかに♪ 心クリック

頭を良くする

地頭を良くする重要なポイント8、「無知の知、慢心による取りこぼしを警戒する」。

投稿日:2019年9月10日 更新日:

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。無知の知は、不知の知とも言われます。「知らないことを知っている」という意味では、不知の知の方が適切かもしれません。しかし言葉のインパクトでは、無知の知です。

 自分は知っていると慢心して学びを閉ざしてしまえば、その時点で知的成長は止まります。地頭の良い人は、そのような取りこぼしをしません。

 

地頭を良くする重要なポイント8、「無知の知、慢心による取りこぼしを警戒する」

無知の知とは

 無知の知は、ソクラテスの残した名言として知られています。正確には、ソクラテスの言葉を、格調高く、すっきりと一言でまとめたフレーズです。

 意味は、皆さんもご存知の通りです。「自分は、知らないことを知っている。その自覚がある分だけ、知恵がある」というものです。慢心、自惚れへの注意喚起として、時代を超えた現在でも広く支持されています。

慢心、自惚れは目を曇らせる

「自分は全てを知っている」、「新しく学ぶべきものなど、何も残ってはいない」と想定していると、未知の価値あるものに出合った時に、取りこぼす確率が高くなります。

 焦点が当たらずに、認識しない。あるいは自分が知っている何かに当て嵌めて解釈して、理解したつもりになる。この、何れかです。

 前者は、視界を使ってすぐに実験できます。全体的にぼやっと、周囲を見渡してみてください。次に、そこにある一つ一つの物に焦点を当てて、色や形を細かく見てください。……ただ見る気があるだけで、情報量がまったく違いますよね。

 後者については、例えばこういう事です。イルカ、鯨は哺乳類です。しかし見た目は、ほとんど魚です。もしもイルカ、鯨を知らなければ、それを目にしたら魚だと解釈するでしょう。

 自分は全てを知らない、そこに知らない何かがあるかもしれない、そう想定をしておくだけで、取りこぼすリスクが低くなります。

 

 

 

 

法則の過信には、要注意!

 法則とはこの場合、「〇〇とは、〇〇だ」の集合だと考えてください。心理学者や社会学者が提唱するものから、一般的に何となく共有されているもの、個人的に発見したものまでの、広い概念です。

 当然、それらは玉石混淆です。鋭く本質を突いたものもあれば、偏見に満ちたどうしようもないものもあります。鋭く本質を突いた法則であっても、使いどころを間違えれば、情報が誤った形で認識されてしまいます。偏見に満ちた下等な法則は論外で、使えば使うほど馬鹿になります。

 法則の恐ろしいところは、人を「自分は知っている」と思わせる力です。勿論、それが法則のそもそもの役割ではあるのですが、法則に従って解釈した瞬間に、「自分は本質的に理解している」と捉え、思考を止めてしまうのです。この現象は、無知の知の明らかな天敵です。

 偏見に満ちた事例として、「フェミニストは、美人に嫉妬したブスの集まりだ」を見てみます。どこかで、見聞きした覚えがあると思います。美人はチヤホヤされて優遇されるので、女性である利益を大いに享受している。女性の権利がどうのと文句を言うヤツは、ブスに違いない。……という理屈です。

 正直、そういった要素がまったくないかと言えば、なくはないでしょう。個人単位の事情としては、有り得る話です。しかしフェミニストに目覚める理由と背景は、人それぞれです。

 フェミニストをそのように偏見で捉えてしまうと、「美人に嫉妬している」という枠組みで解釈を繰り返します。いくら男女の不平等を訴えようと、性の対象として消費される嫌悪感を訴えようと、「ブスが妬んでらあ」という風にしか捉えません。このような誤った法則を適用すればする程、馬鹿になっていくのは当然です。

 一方、法則自体は正しくても、適用の仕方を間違えればズレていきます。人の成長過程に、反抗期があります。反抗期など存在しないという科学者もいますが、ここは正しい法則として存在することを前提にします。

 自分の子供が10代半ばになって、素直に言うことを聞かなくなったとします。反抗期という知識があるので、多くの親は「反抗期のせいだ」と解釈します。しかし言うことを聞かない、従わない、反論してくる、といった行動の一つ一つには、個別に理由があります。過干渉が鬱陶しくて突き放したいのであれば、これは反抗期のカテゴリーで良いでしょう。

 しかし親が子供のために良いと思って敷いたレールが、子供のやりたい事と違う、将来の夢が別に出来た、のであればどうでしょうか。反抗期による反抗は、反抗そのものが直接の大きな目的です。自分の夢のために従わないのは、反抗期とは関係ありません。ところが反抗期だから、で思考停止していると、全てをその範囲に解釈で押し込めようとします。

 法則自体は正しくても、そこに入れるものを間違えれば、むしろ認識は現実から遠ざかります。法則はそこにある現実の真実を浮かび上がらせるものですが、使い方を間違えれば、現実を歪めもする諸刃の剣です。特定の法則への過信も、無知の知の一旦です。

地頭の良い人の考え方

 地頭の良い人は、無知の知による機会損失を怖れます。あるいは元々、森羅万象の全てを知り尽くすなど有り得ないとも知っているので、「自分は全てを知っている」とは慢心しません。

 全体のバランス感覚にも優れるため、偏見で凝り固まりません。多くの法則を備え、それを瞬時に適切に利用します。

 

 

 

まとめ

 知的好奇心、探求心の旺盛な人は、常に何か課題を持っています。解らない、知らないものに焦点が当たっているため、感覚的には「自分は何も知らない」となります。無知の知は、謙虚さではなく、目標設定の高さから来る自然な自己評価です。

 

 

2022/9/26

自己評価は、自分の言動に対する評価で決まり、その評価が言動をパターン化させる。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。どのような自己評価で生きているかによって、気分は大きく違ってきます。  善良である、悪辣である、優しい、冷たい、品が高い、下品、前向きに頑張れる、後ろ向きで意欲が低い、など、貴方は自分をどう評価していますか?  ポジティブな自己評価をしている人は、それだけで気分よく生きていけます。ネガティブな自己評価であれば、その逆です。  今回の記事は、自己評価を作って気分を上げましょう! という内容です。   自己評価は言動で作られる 自分も、自分の言動を見 ...

詳しく読む

2022/5/11

人はなぜ自殺を選ぶのか? どうすれば自殺を防げるのか?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。人は何故、自殺を選ぶのでしょうか? 自殺するまで追い込まれない為には、どうすれば良いのでしょうか?  個々で様々な事情はありますが、共通するのは精神トーンの問題です。今回の記事は、それら個々の事情に取り組む前に、基本の大枠として知っておくべき内容です。   自殺のリスクが高まる3つの精神状態  人は、どういう時に自殺に至るのか? その精神状態を詳しく知っておくのは、周囲で支える人にとって、決して無駄にはなりません。  一般的に広まっているノウハウ ...

詳しく読む

2022/5/2

『ノストラダムスの大予言』にある人類滅亡は、なぜ信じられ、エンタメ化したのか?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、子供の頃にあった『ノストラダムスの大予言』について、お話しします。  子供の頃、ノストラダムスは日常の一部でした。多くの人が1999年に人類は滅亡すると怖れ、その恐怖と不安が日常に溶け込んでいる、今にして思えば異様な状態でした。  けれどもそこには、人類滅亡シナリオをエンタメとして楽しむ、奇妙な空気も存在していました。   ノストラダムスの大予言は、エンタメとして親しまれた ノストラダムスの大予言、恐怖の大王とは?  ノストラダムスが日本 ...

詳しく読む

2022/4/24

怒りという感情を、精神異常と認識しておくべき理由とは?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、怒りの危険性についてお伝えします。  怒りは、爆発的なエネルギーで危険から逃れるため、精神を屈服させないために、絶対に必要な感情です。しかしその緊急事態に向くという特別性ゆえに、多大な危険性を含んでもいます。   怒りは理性と合理性を損なわせる 何故、怒りは精神異常なのか?  精神異常とはこの場合、理性と合理性の欠如を指します。理性とは、物事を区別する能力です。合理性とは、目的に対する手段の適正さです。ですから精神異常になると、想像と現実 ...

詳しく読む

2022/4/14

感謝をしたくない、ありがとうと言いたくない、という病

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、近頃で目立っている「感謝を否定する」意見について、その根本的な誤りを指摘します。  確かに、感謝は強要されるものではありません。しかし感謝の拒絶は、人間社会の本質への否定になるのです。   「優しさ・親切 ←→ 感謝」というノーコストな交換 社会の本質は、キレイ事ではなく助け合い  人間はなぜ、社会を形成するのでしょうか? 答えは簡単で、助け合うためです。  これはキレイ事ではなく、むしろ社会の本質です。人が一人で生き抜いていくのは、至難 ...

詳しく読む

2021/6/21

更新情報:「頑張るよりも、楽しむ方が優秀に。潜在能力は、楽しんで発揮する。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『頑張るよりも、楽しむ方が優秀に。潜在能力は、楽しんで発揮する。』に、Youtube、雑談講座を加えました。  命の危機に瀕した際の火事場の馬鹿力でさえも、楽しい! が採用されています。 → http://kokoro.click/tanovsgan     ♦更新情報を、メールでお届けします。 Leave Th ...

詳しく読む

2021/6/12

更新情報:「失敗して痛い目に遭った時、思考停止して逃げれば、心の負債になる。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『失敗して痛い目に遭った時、思考停止して逃げれば、心の負債になる。』に、Youtube、雑談講座を加えました。  下手に前向きさが入って正当化されている分、タチが悪い。不合理なルールを見つけ出し、修正しましょう。 → http://kokoro.click/sippaiteisi     ♦更新情報を、メールでお ...

詳しく読む

♦更新情報を、メールでお届けします。


 

-頭を良くする

Copyright© 軽やかに♪ 心クリック , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.