悩み、落ち込み、気分が晴れるヒントや考え方、お伝えします!

軽やかに♪ 心クリック

成長 頭を良くする

無知の知から遠ざかる、自分はもう全てを知っている錯覚。

投稿日:2019年7月2日 更新日:

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。色々と勉強と経験を重ねていくと、知識の蓄積も相当なものになります。世の中には「知らないこと」よりも、「知っていること」の方が圧倒的に多くなります。

 するといつの間にか、「自分はもう何でも知っている」という錯覚に陥っていきます。無知の知から遠ざかる傲慢さによって、ズレた痛い人間になります。謙虚さを心がけて、老害化予防をしましょう。

 

無知の知から遠ざかる年長者

「知っている」が連続する怖さ

 人生経験を積み重ね、見聞が深まっていくに連れ、知らないものが減っていきます。何かを見たり聞いたりする度に、「これは知っている」「これも知っている」「こんなの当たり前」と、「知っている」が続くようになります。

 そして次に出合うものも「どうせ知っているだろう」と、当たりをつけています。こうなればまず、他人の話(本なども含む)はまともに聞きません。

 またこれよりも厄介なのは、自分の持っている「解釈の引き出し」は既に万能であり、全てのものを正確に理解できると過信する姿勢です。

 もはや、学ぶ姿勢は皆無です。知っているという慢心は、人を盲目にするのです。

未知の情報を自分の「知っている」に押し込める愚

 これは言い換えれば、先入観です。先入観を持てば、その偏った見方によって世界が変わってしまいます。

 知らない新しい内容に触れているのに、自分が知っている何かに分類できるだろうと、解釈で情報をその中に押し込んでしまうのです。無理に押し込んでいる形なので、当然、情報は歪められます。

 こんな風に勘違いしてしまうと、本当は知らない情報であったのに、本人の中では「また知っているものだった」と結論づけられます。

 これは一般的によくある勘違いなのですが、「自分はもう何でも知っている」と過信すればするほど、ズレる機会も増えます。

 聖書にも強く、「子どものような姿勢で学びなさい」と推奨されています。当時も頑固で話を聞こうとしない大人たちに、伝道師たちが手を焼いたのでしょうね。

年長者になる程、周囲が顔を立てる

 年長者は、ただ年長者というだけで偉いです。ですから年長者の発言は、立てられる傾向があります。間違っていても指摘されず、表面上だけで肯定されます。

 するとズレた年長者は、ますます確信を深める結果になります。ズレているのに肯定されて、間違った成功体験を積み重ねてしまいます。

 慢心して知った気になる、周囲は立ててくる、これでは痛い人になるのは、火を見るよりも明らかです。あまりに度が過ぎると、行き付く先は老害という扱いです。

 

 

 

 

謙虚な姿勢で、老害化を予防

知っている → 絶対に何か新しい発見がある

 上に書いたような過ちは、心構えひとつで簡単にクリアできます。情報に接する時には、「絶対に何か新しい発見がある!」という気持ちで聞くようにすれば良いのです。本当に、新しい発見はあるものです。

 たかだか30年だの50年だの100年だので、森羅万象の全てを網羅する知識など持っているはずもありません。どんなレベルに達しようとも、そこには必ず、何かがあります。

 僕が出会って触れてきた人達の記憶でも、優秀な人は新しい情報に対して貪欲で、レーダーを敏感に張り巡らせています。一方そうでない人は、「自分はすでに十分に知っている」と思い込んで、外に目を向けようとしません。そうしている間に、優秀な人たちにどんどん差をつけられています。

違和感があったら、確認をする

 人は話を理解する時に、既に自分が知っているものと対比させながら、情報を位置づけていきます。そして解釈の引き出しの中に、その情報を詰め込んでいきます。

 新しい情報というのは、

・知っているものの中に、同じようなものがない
・引き出しに収まらない

 ものを指します。

 同じようなものはなくても、何となく似たようなものを見つけて、「こういう事かな……」と決めてしまうのは危険です。それは、高い確率で異なる情報です。

 その時には、情報を発信している人に質問をして、「○○という解釈で正しいですか?」と確認しましょう。ちょっとでも違和感があったら、立ち止まって確認をしてください。質問できる状況ではなくても、立ち止まって考えてください。誰かに、尋ねてみても良いです。

本に線を引く方法

 大抵の人は、「うんうん、そうだそうだ!」と納得した箇所に線を引きます。けれどもその行為には、あまり意味がありません。だってもう知っている内容なのですから……。

 線を引くのは、読んでもよく理解できなかった箇所です。あるいは、解るような気がするけど、違和感の残る箇所です。その部分にこそ、大きな価値があります。

 

 

 

まとめ

 慢心は、静かに忍び寄ってきます。もしも世の中を知り尽くしている気になっていたなら、間違いなく錯覚です。

 昨今のタピオカブームを、多くの年長者はよく解らないと思います。しかしブームに乗っている若者は、それを感覚的に解っています。その感性でしか、見えない真実もあります。世代によっても、人によっても、見えている世界は最初から違います。

 では僕はどうなのかと言うと……、何が何やらさっぱり解りません。分析は出来るでしょうが、まるっきり魅力を感じている部分を自分に見い出せないので、おそらく外すでしょう。こういう事例が出てくる度に、「世の中は、解らないことだらけだなあ……」と思い知らされます。

 

Youtube、記事動画

 この記事の内容を、動画でもお伝えしています。ただ記事はリライトされる事があるので、若干、内容が異なる場合もございます。

Youtube、雑談講座

 この記事の内容を元に、雑談を交えたフリートークです。台本なしのワンテイクです。

 

 

2022/9/26

自己評価は、自分の言動に対する評価で決まり、その評価が言動をパターン化させる。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。どのような自己評価で生きているかによって、気分は大きく違ってきます。  善良である、悪辣である、優しい、冷たい、品が高い、下品、前向きに頑張れる、後ろ向きで意欲が低い、など、貴方は自分をどう評価していますか?  ポジティブな自己評価をしている人は、それだけで気分よく生きていけます。ネガティブな自己評価であれば、その逆です。  今回の記事は、自己評価を作って気分を上げましょう! という内容です。   自己評価は言動で作られる 自分も、自分の言動を見 ...

詳しく読む

2022/5/11

人はなぜ自殺を選ぶのか? どうすれば自殺を防げるのか?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。人は何故、自殺を選ぶのでしょうか? 自殺するまで追い込まれない為には、どうすれば良いのでしょうか?  個々で様々な事情はありますが、共通するのは精神トーンの問題です。今回の記事は、それら個々の事情に取り組む前に、基本の大枠として知っておくべき内容です。   自殺のリスクが高まる3つの精神状態  人は、どういう時に自殺に至るのか? その精神状態を詳しく知っておくのは、周囲で支える人にとって、決して無駄にはなりません。  一般的に広まっているノウハウ ...

詳しく読む

2022/5/2

『ノストラダムスの大予言』にある人類滅亡は、なぜ信じられ、エンタメ化したのか?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、子供の頃にあった『ノストラダムスの大予言』について、お話しします。  子供の頃、ノストラダムスは日常の一部でした。多くの人が1999年に人類は滅亡すると怖れ、その恐怖と不安が日常に溶け込んでいる、今にして思えば異様な状態でした。  けれどもそこには、人類滅亡シナリオをエンタメとして楽しむ、奇妙な空気も存在していました。   ノストラダムスの大予言は、エンタメとして親しまれた ノストラダムスの大予言、恐怖の大王とは?  ノストラダムスが日本 ...

詳しく読む

2022/4/24

怒りという感情を、精神異常と認識しておくべき理由とは?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、怒りの危険性についてお伝えします。  怒りは、爆発的なエネルギーで危険から逃れるため、精神を屈服させないために、絶対に必要な感情です。しかしその緊急事態に向くという特別性ゆえに、多大な危険性を含んでもいます。   怒りは理性と合理性を損なわせる 何故、怒りは精神異常なのか?  精神異常とはこの場合、理性と合理性の欠如を指します。理性とは、物事を区別する能力です。合理性とは、目的に対する手段の適正さです。ですから精神異常になると、想像と現実 ...

詳しく読む

2022/4/14

感謝をしたくない、ありがとうと言いたくない、という病

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、近頃で目立っている「感謝を否定する」意見について、その根本的な誤りを指摘します。  確かに、感謝は強要されるものではありません。しかし感謝の拒絶は、人間社会の本質への否定になるのです。   「優しさ・親切 ←→ 感謝」というノーコストな交換 社会の本質は、キレイ事ではなく助け合い  人間はなぜ、社会を形成するのでしょうか? 答えは簡単で、助け合うためです。  これはキレイ事ではなく、むしろ社会の本質です。人が一人で生き抜いていくのは、至難 ...

詳しく読む

2021/6/21

更新情報:「頑張るよりも、楽しむ方が優秀に。潜在能力は、楽しんで発揮する。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『頑張るよりも、楽しむ方が優秀に。潜在能力は、楽しんで発揮する。』に、Youtube、雑談講座を加えました。  命の危機に瀕した際の火事場の馬鹿力でさえも、楽しい! が採用されています。 → http://kokoro.click/tanovsgan     ♦更新情報を、メールでお届けします。 Leave Th ...

詳しく読む

2021/6/12

更新情報:「失敗して痛い目に遭った時、思考停止して逃げれば、心の負債になる。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『失敗して痛い目に遭った時、思考停止して逃げれば、心の負債になる。』に、Youtube、雑談講座を加えました。  下手に前向きさが入って正当化されている分、タチが悪い。不合理なルールを見つけ出し、修正しましょう。 → http://kokoro.click/sippaiteisi     ♦更新情報を、メールでお ...

詳しく読む

 

♦更新情報をメールでお知らせします。


 

-成長, 頭を良くする

Copyright© 軽やかに♪ 心クリック , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.