悩み、落ち込み、気分が晴れるヒントや考え方、お伝えします!

軽やかに♪ 心クリック

結婚、夫婦関係 社会問題

家事労働と収入を得る仕事は、対等ではない。男女差別と家事問題。

投稿日:2020年10月3日 更新日:

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。男尊女卑の世界観において、主婦の行う家事労働は、低く見積もられてきました。

 その反動もあって、「専業主婦は、給与換算すれば年収1000万円に相当する」といった見解が広がるなど、その価値を見直す動きも目立ってきています。

 しかしそこには、脱しきれない大きな問題が根底にあります。フェミニストなどは女性差別の絡みを主張しますが、本質はもっと単純なところにあります。

 

家事労働と収入を得る仕事

専業主婦には、年収1000万円の価値があるのか?

 まず年収1000万円ですが、業者に外注した場合にかかる費用を根拠にしています。しかし計算をしてみると、この数字は額を盛っています。一時間あたり3000円で、一日10時間の労働を365日、休みなしでやってもらって、ようやく1000万円という数字です。

 元になった記事では、数字を大きくするために、算出基準が操作されていると考えられます。社会に大きなインパクトを及ぼした結果から見れば、その試みは成功したと言えるでしょう。1000万円は大きく出過ぎであっても、「価値のない雑用ではない」と認識を改める切っ掛けになったのですから。

 別の算出基準で、350万円程度に収まる意見もあります。また自分の生活の為という部分を差し引くなら、その相当金額はさらに低くなるでしょう。 

家事労働の相対的な価値は、どうしても低くなる

 収入を得る仕事に対して、家事労働には、大きく異なる点が二つあります。

・求められる難易度が低い

 健全な生活を維持する為に求められる家事は、高難易度とは言えません。料理一つを取ってみても、レストラン級は求められませんし、クリーニング店のような仕上がりも要求されません。

 普通に健康な人間であれば、慣れれば誰でも無理なく達成できるレベルです。

・精神的な重圧が少ない

 金銭を稼ぐ仕事には、当然のこと、それを支払う人間がいます。お金を払うのですから、成果に対して相応の期待があります。顧客を維持する為にも、クレームを貰わないためにも、その期待に沿わなければなりません。

 また通常、どのような仕事にも、競合するライバルが存在します。ライバルに負ければ、満足な収入は得られません。

 雇用されている個人の立場から見ても、状況は同様です。会社からは給料並の仕事を要求されますし、より優れた人物に立場を奪われるリスクは、常に存在しています。

 精神的な負担を比較すれば、家事労働のそれは軽いものです。さほど高いレベルの成果は期待されませんし、そこそこで文句も言われません。よほど酷く家事放棄でもしない限り、離婚という話にもなりません。

 

 以上の事から、相対的に家事労働が低く見られるのは、避けられない部分があります。労働時間が長くても、肉体的に多少の疲労はしても、金銭を得る仕事ほどに大変で価値があるとは認められないのです。

勿論、家庭によって差はある

 ただ勿論、それぞれの家庭によって違いはあります。あくまでも、標準的な家事労働の一般的なラインでお話をしております。

 家庭に拠っては、非常識なまでに高水準を求められるケースもあります。義両親との相性が悪く、多大な精神的苦痛の中にある人もいます。

 そこに育児を入れたなら、特に産まれたての赤ん坊の時期には、ブラック企業も顔負けの過酷な環境に置かれます。

 

 

 

 

本質は、役割分担にある

 この記事は、家事労働を貶めるものではありません。

 金銭を得る仕事と比較すれば、家事労働が下に見られるのは当たり前。避けられないものである以上、それを前提に考え、整理をすべきです。本質は、役割分担にあります。

両輪が回って、生活が成立する

 収入を得る仕事も、家事労働も、生活する上では必要不可欠です。どちらが欠けても、生活は成立しません。その意味で両者は、平等です。

 難易度と負担の低さはあっても、家事労働の重要度の高さは自明です。その役割は、決して軽んじられるものではないはずです。

収入を得る仕事の価値を、家事労働者に分ける考え方

 こうして整理すると、家事労働の姿が明確に浮かび上がってきます。難易度と負担が軽い反面、重要度は極めて高い。軽視されるのと同時に、重要視もされる奇妙なバランスの上に、家事労働の社会的な位置づけがあります。

 収入を得る仕事と家事労働との関係性は、表舞台と裏方です。映画にしても舞台劇にしても、裏方の仕事がなければ成立しません。金銭という目に見える成果の出る仕事は、派手な表舞台です。日々の生活を維持させる家事は、地味な裏方です。

 表舞台でその人が活躍できるのは、裏方の仕事があってこそです。ですから表舞台の仕事で得られた収入という成果は、家事を行う裏方の手柄でもあります。また逆に、裏方が表舞台の仕事までせずに済んでいるのは、その場で活躍してくれる存在あってこそです。

 このように収入を得る仕事と家事労働とは、ユニットとして生活をしていくという、共有された目的を果たす表裏一体の存在です。どちらが上か下かではなく、適材適所をもって全体として機能させるべきものです。

 つまり収入を得られるのも、家事によって生活が成立するのも、それぞれがバラバラに成し得た成果ではなく、協同によって得られた二人の成果です。

 これは片方が専業で家事を担っていようと、共働きで家事を分担してあっても、話の本質は同じです。どのように配分しようとも、結果として全体で機能している事が重要であって、仕事の内容に優劣は存在しません。

 

 

 

まとめ

 収入を得る仕事に比べて、家事労働が下に見られるのは仕方がない。しかし家事は健全な生活を担う、重要な役割である。

 その本質は役割分担にあり、収入を得る仕事も、家事労働も、全体として『生活をしていく』目的に沿ったもの。

 自分が全てをやらなくて済むのは、役割を分担してくれる人がいる為である。だから収入を得るのも、家事で健全な生活が出来るのも、共に得た成果である。そこに上下はない。

 

Youtube、記事動画

 この記事の内容を、動画でもお伝えしています。ただ記事はリライトされる事があるので、若干、内容が異なる場合もございます。

Youtube、雑談講座

 この記事の内容を元に、雑談を交えたフリートークです。台本なしのワンテイクです。

 

 

2022/9/26

自己評価は、自分の言動に対する評価で決まり、その評価が言動をパターン化させる。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。どのような自己評価で生きているかによって、気分は大きく違ってきます。  善良である、悪辣である、優しい、冷たい、品が高い、下品、前向きに頑張れる、後ろ向きで意欲が低い、など、貴方は自分をどう評価していますか?  ポジティブな自己評価をしている人は、それだけで気分よく生きていけます。ネガティブな自己評価であれば、その逆です。  今回の記事は、自己評価を作って気分を上げましょう! という内容です。   自己評価は言動で作られる 自分も、自分の言動を見 ...

詳しく読む

2022/5/11

人はなぜ自殺を選ぶのか? どうすれば自殺を防げるのか?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。人は何故、自殺を選ぶのでしょうか? 自殺するまで追い込まれない為には、どうすれば良いのでしょうか?  個々で様々な事情はありますが、共通するのは精神トーンの問題です。今回の記事は、それら個々の事情に取り組む前に、基本の大枠として知っておくべき内容です。   自殺のリスクが高まる3つの精神状態  人は、どういう時に自殺に至るのか? その精神状態を詳しく知っておくのは、周囲で支える人にとって、決して無駄にはなりません。  一般的に広まっているノウハウ ...

詳しく読む

2022/5/2

『ノストラダムスの大予言』にある人類滅亡は、なぜ信じられ、エンタメ化したのか?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、子供の頃にあった『ノストラダムスの大予言』について、お話しします。  子供の頃、ノストラダムスは日常の一部でした。多くの人が1999年に人類は滅亡すると怖れ、その恐怖と不安が日常に溶け込んでいる、今にして思えば異様な状態でした。  けれどもそこには、人類滅亡シナリオをエンタメとして楽しむ、奇妙な空気も存在していました。   ノストラダムスの大予言は、エンタメとして親しまれた ノストラダムスの大予言、恐怖の大王とは?  ノストラダムスが日本 ...

詳しく読む

2022/4/24

怒りという感情を、精神異常と認識しておくべき理由とは?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、怒りの危険性についてお伝えします。  怒りは、爆発的なエネルギーで危険から逃れるため、精神を屈服させないために、絶対に必要な感情です。しかしその緊急事態に向くという特別性ゆえに、多大な危険性を含んでもいます。   怒りは理性と合理性を損なわせる 何故、怒りは精神異常なのか?  精神異常とはこの場合、理性と合理性の欠如を指します。理性とは、物事を区別する能力です。合理性とは、目的に対する手段の適正さです。ですから精神異常になると、想像と現実 ...

詳しく読む

2022/4/14

感謝をしたくない、ありがとうと言いたくない、という病

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、近頃で目立っている「感謝を否定する」意見について、その根本的な誤りを指摘します。  確かに、感謝は強要されるものではありません。しかし感謝の拒絶は、人間社会の本質への否定になるのです。   「優しさ・親切 ←→ 感謝」というノーコストな交換 社会の本質は、キレイ事ではなく助け合い  人間はなぜ、社会を形成するのでしょうか? 答えは簡単で、助け合うためです。  これはキレイ事ではなく、むしろ社会の本質です。人が一人で生き抜いていくのは、至難 ...

詳しく読む

2021/6/21

更新情報:「頑張るよりも、楽しむ方が優秀に。潜在能力は、楽しんで発揮する。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『頑張るよりも、楽しむ方が優秀に。潜在能力は、楽しんで発揮する。』に、Youtube、雑談講座を加えました。  命の危機に瀕した際の火事場の馬鹿力でさえも、楽しい! が採用されています。 → http://kokoro.click/tanovsgan     ♦更新情報を、メールでお届けします。 Leave Th ...

詳しく読む

2021/6/12

更新情報:「失敗して痛い目に遭った時、思考停止して逃げれば、心の負債になる。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『失敗して痛い目に遭った時、思考停止して逃げれば、心の負債になる。』に、Youtube、雑談講座を加えました。  下手に前向きさが入って正当化されている分、タチが悪い。不合理なルールを見つけ出し、修正しましょう。 → http://kokoro.click/sippaiteisi     ♦更新情報を、メールでお ...

詳しく読む

 

♦更新情報をメールでお知らせします。


 

-結婚、夫婦関係, 社会問題

Copyright© 軽やかに♪ 心クリック , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.