悩み、落ち込み、気分が晴れるヒントや考え方、お伝えします!

軽やかに♪ 心クリック

落ち込み 怒り 社会問題

自殺願望のある人に、「死ねるもんなら、死んでみろ!」は禁句。

投稿日:2020年5月1日 更新日:

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。大切な存在を、自殺で失いたくない。そう思うなら、「死ねるもんなら、死んでみろ!」、「どうせ、死ぬ勇気もないくせに」といった言葉は、絶対に口にしてはいけません。

 怒りで勢いづいて、死のハードルを超えられてしまいます。今回の記事では、なぜこのような言葉が禁句となるのかを、詳しくご説明します。

 

自殺のリスクが高まる3つの精神状態

 人は、どういう時に自殺に至るのか? その精神状態を詳しく知っておくのは、周囲で支える人にとって、決して無駄にはなりません。

 一般的に広まっているノウハウもありますが、基礎を知っているのといないのとでは、同じノウハウを参考にするでも雲泥の差です。

 自殺リスクが極端に高まる、3つの精神状態があります。その領域を回避する、行ってしまったなら、いち早く抜け出すことです。

辛すぎて、心が感じるのを止める

 思考、感情、意識の全てをぼやかせて、苦痛を軽減させています。ここでは自殺する元気もないので、その意味で危険性は薄いです。むしろ少し状態が上がって、次にご説明する「強い嘆きと悲しみ」の方が危険です。

 ただ積極的に死のうとしない反面、死への恐怖も薄く、家族を悲しませるなどの死なない理由も、よく判らなくなります。

 死のうとする積極的な意志はありませんが、ホームに入ってくる電車、高速で通り過ぎる車などを見ると、スーッと吸い込まれるように飛び込んでしまいます。高所に立てば、やはり吸い込まれるように飛び降りてしまいます。

 強い意欲はなくても、簡単に死ねる状況と居合わせれば、ぼやけている分だけ実行のハードルが下がっています。

 自殺のリスクが高まる精神状態というテーマでお話をする際、以前はこの領域には触れていませんでした。意欲という観点ではなく、現実に実行されるリスクを考えれば、こちらもお伝えすべきと見直されています。

強い嘆きと悲しみ

「辛すぎて、心が感じるのを止める」は、感情エネルギーとしては弱い領域でした。

 こちらは感情エネルギーとして、強い領域です。絶望して激しく嘆き悲しんでいる中、その勢いで自殺へのモチベーションが上がります。死んで、辛さから逃れたいと望むようになります。

 思考も出来ますが、あらゆるものを悲観的に捉えます。考えれば考えるほど、死ぬ理由が増えていきます。

怒り

 怒りも当然、感情エネルギーの強い領域です。ただ「強い嘆きと悲しみ」とは、死のうとする動機が異なります。怒りは、破壊、攻撃の衝動です。攻撃手段として、自殺を選ぶということです。

 遺書に、された事と名前を書いて残し、社会的制裁を意図する。あるいは、罪悪感で苦しませようとする。政治活動の抗議で、公衆の面前での焼身自殺。といったものが、怒りを動機にしたものの典型例です。

「死ねるもんなら、死んでみろ!」が禁句なのは、このパターンがあるからです。

 

 

 

 

「死ねるもんなら、死んでみろ!」は、絶対にダメ!

攻撃の手段として、自殺を選択される

 自分を苦しめた直接的な加害者ではなくても、家族、友人、知人といった立場の人たちが、攻撃対象にされるケースがあります。

 特に、自分の苦痛への無理解や軽視は、憎悪と怒りの対象にされます。

解って欲しい → 解ってくれない → 嫌い、憎い

 という構図の展開に、あなたも自分のことか、他人のことか、覚えがあるでしょう。

 深く落ち込んでいる時、自殺をほのめかしている時、周囲の人間は、説得する形で励ますものです。何とか、自分は不幸ではないと思ってもらおう、ポジティブになってもらおう、と考え方を変えようとします。

 それが当事者からすれば、自分の人格を否定されているのと同じ意味になります。要は、「お前の考え方は間違っている」と、否定されているのですから。必死に説得すればする程、温度差は拡がっていきます。

 温度差が拡がるほど、「自分を解ってくれていない」、「解ろうともしない」、と分離感が強まります。

 有りのままの自分を受け入れてくれない苦痛、それまでの人生の中での不満や恨み、などが重なって、強い怒りへと転じます。

 自分のことを大切に思っていると解り切っているからこそ、自殺が攻撃手段として採用され得ます。「死んで、どれ程、苦しかったか解らせてやる」、「死んで、後悔させてやる」と勢いづき、実行に至ります。

「普段から、死にたいと言っている人ほど、実際には死なない」は間違い

「普段から、死にたいと言っている人ほど、実際には死なない」は、まことしやかに定説化しています。

 確かに、死にたいと言っている人が、何年も生き続けている例は珍しくありません。しかし、では実際に死んでしまった人はどうかと言うと、実は周囲の人に「死にたい」という気持ちを漏らしている場合が多いのです。

 定説化した言葉は、不思議な説得力を帯びます。大切な人を失いたくないという気持ちもあり、信じたい誘惑にも駆られます。安易に受け入れて、「死にたい」という言葉を軽く見ないでください。

「死にたい」、「死ぬ」発言に慣れてしまう

 何度も何度も「死にたい」、「死ぬ」と聞かされている内に、周囲も慣れてきて、動揺も減っていきます。また、結局は死ななかったという結果を繰り返している内に、今度もどうせ死なないだろうと、高を括るようになります。

 以前は怖くて出来なかった喧嘩も、次第に踏み込めるようになります。そこで相手は、「死んでやる!」と、自分の死で脅迫してきます。精神的な余裕が生まれてくるのと、ウンザリさせられるのとが相まって、つい出てくる台詞が、

「死ねるもんなら、死んでみろ!」

 です。この言葉は、自殺のリスクが高まる精神状態の「怒り」を炊き付けます。

 台詞は、「どうせ死ねないくせに!」かもしれないし、「勝手にしろ!」かもしれません。とにかく、怒りのエネルギーが勢いづき、この瞬間から自殺リスクが各段に高まってしまうのです。

 どんなに怒り心頭になっても、この類の言葉を絶対に口にしないと、強く自分を戒めてください。

 こちらに、この展開で妻を亡くされた夫のブログ記事が残されています。気軽に読めるものではないので、ご興味のある方は、覚悟を決めて閲覧ください。

→ http://blog.livedoor.jp/commitsuicide/archives/51596177.html

「死んで欲しくない!」は、死なない理由になる

 自殺を実行できずにいる人には、死なない理由もあります。

自殺の意欲 < 死なない理由

 である限りは、行動には移しません。(但し、100%の確率では死なない、運が向けば死ねる何かを画策されるケースはあります)

 よほど強く勢いづくか、逆に精神活動が停滞するかでない限り、誰でも死は怖いです。自殺を決意して実行に移す段になって、想定をはるかに超える死への恐怖が湧き上がり、断念したという話も、よく聞きます。また死の課程での苦痛も、やはり恐怖です。

 これだけでも、大多数の自殺は防いでいます。通常、最大の死なない理由は、死とそれに伴う苦痛への恐怖です。

 しかしこれを乗り越えてしまうケースもあるので、「死なない理由」を増やしておきます。自殺を思い留まっている人の話を聞くと、やはり家族や友達を苦しませる、悲しませることは、大きな歯止めになっています。

 細かなノウハウ以前に、家族として、友人として、恋人として、「自分にとって、大切な存在だ」、「死んで欲しくない!」という気持ちを、繰り返し、繰り返し、伝えておきましょう。

 そして普段から、きちんと大切な存在として接していましょう。

 

 

 

まとめ

 怒りは、自殺のリスクが高まる感情です。死ねないことを嘲るような言葉は、怒りを炊き付け、勢いづかせてしまいます。どうせ死なないだろう……と、高を括り始めたなら、要注意です。

  少しでも自殺リスクを下げるために、「大切な存在だ」、「死んで欲しくない」という気持ちを、しっかりと伝えておきましょう。 

 

2021/2/13

動画記事「笛美さん:なぜ周りの女性は女性蔑視について行動を起こさないの?」

 心クリック管理人、小池義孝です。  今回の記事は、元の文章はありません。動画発のコンテンツです。  批判する側は一人でも、受け取る側からすれば津波のように押し寄せてくるものです。擁護、庇う人まで攻撃 ...

詳しく読む

2021/2/12

動画記事「森喜朗会長へのバッシングに思う、誰かが味方である大切さ。」

 心クリック管理人、小池義孝です。  今回の記事は、元の文章はありません。動画発のコンテンツです。  批判する側は一人でも、受け取る側からすれば津波のように押し寄せてくるものです。擁護、庇う人まで攻撃 ...

詳しく読む

2021/2/8

動画記事「選択的夫婦別姓に潜む危険性。推進派の欺瞞を放置して良いのか?」

 心クリック管理人、小池義孝です。  今回の記事は、元の文章はありません。動画発のコンテンツです。  欺瞞によって成された法改正では、社会は歪められてしまう。   選択的夫婦別姓に潜む危険性 ...

詳しく読む

2021/2/2

動画記事「ビーガン、菜食主義を攻撃する人達は、罪悪感から逃れたいのでは? という疑問。」

 心クリック管理人、小池義孝です。  今回の記事は、元の文章はありません。動画発のコンテンツです。  ビーガン、肉を食べないというだけで、何故かムキになって攻撃されるケースがあります。その背景には、肉 ...

詳しく読む

2021/1/21

2021/1.21 更新情報:「「裏切られた!」と思ったら、ご都合主義のフィクションが原因かも。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『「裏切られた!」と思ったら、ご都合主 ...

詳しく読む

2021/1/7

人生での大失敗を防ぐ、簡単な方法

 予期せぬアクシデントでない限り、人生で大失敗する理由は限られています。その中でもっともポピュラーなものの一つが、「見落とし」です。   見落としをチェックする習慣をつけよう!  生活をして ...

詳しく読む

2021/1/6

ラジオ、レインボータウンFMにてスタジオ生出演いたしました。

 木場駅近くにある、収録スタジオです。外からガラス張りで、自由に観覧できます。   2021年1月4日 「山本洋之のいつだってマイペース」に生出演いたしました。  今回の収録では、出版企画の ...

詳しく読む

♦更新情報を、メールでお届けします。


 

-落ち込み, 怒り, 社会問題

Copyright© 軽やかに♪ 心クリック , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.