悩み、落ち込み、気分が晴れるヒントや考え方、お伝えします!

軽やかに♪ 心クリック

結婚、夫婦関係

良い結婚、悪い結婚、あなたの夫婦関係はどこにありますか?

投稿日:2019年4月26日 更新日:

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。結婚というミッションは、とんでもない難しさです。誰だって、良い結婚をしたいに決まっています。しかし3組に1組が離婚しているように、現実はそう容易くはありません。

 今回は結婚の意味をまとめて、夫婦関係の段階、そこから良くするための考え方をお伝えします。

 

結婚の意味とは何か?

男と女、時代で結婚の意味は違う

 女性が働いてお金を稼ぐのは、今ではもう当たり前です。しかし女性の社会進出が厳しかった時代には、結婚して家庭に入るしか選択肢がありませんでした。この場合、女性にとって結婚の第一の意味は、「生活」そのものです。

 一方、男性にとっての結婚は、独立して一人前になるを意味していました。所帯を持つ男性を、よく一国一城の主と表現していました。

 女性の社会進出、価値観の多様化、などによって、男女ともに結婚は絶対の選択肢ではなくなっています。晩婚化が進み、未婚で生涯を通す人の割合も明らかに上昇しています。

 このような状況の中での、現在ある結婚の意味をまとめてみます。 

幸せになる

 好きな人と結婚して家族を持って……という生活には、やはり多くの人にとって幸せがあります。

 夫婦関係が上手くいって、愛情で結ばれた深い関係があるなら、結婚には幸せがあります。昔も今も、男女ともに、幸せになるのは結婚の大きな意味です。

子供を作る

 結婚をしなくても、子供は作れますし子育てもできます。けれども子供が育つ環境としては、やはり結婚した両親の元が好ましいでしょう。これは決して、そうでない環境を否定しているわけではありません。一般的な認識として、お話をしています。

 子供を産み育てる環境として、結婚に意味を見い出す人も多くいます。

経済的、社会的に有利

 経済的には、一緒に住むことで家賃、食費、光熱費などの負担が減ります。ただこれは、同棲でも同じです。税制上、社会保障上での利益もありますが、専業主婦(主夫)なのか、共働きなのか、それぞれの稼ぎの金額規模で大きく差が開きます。

 社会的には、既婚者は常識ある落ち着いた人と見なされ、信頼が上がります。ただしこれは、世代が移り変わる中で次第に薄れていくでしょう。

 経済的、社会的に有利だから結婚するという意味はありますが、昔ほど強い要素ではありません。

選び抜いた一人と、関係性を徹底的に深められる

 ただ互いに好意を持ち合っていただけの他人が、家族になります。精神的な距離は、一気に近くなります。同棲と結婚は、表面上では似ているかもしれませんが、当事者の意識はまったくの別物です。

 結婚したからには、よほどでない限りは別れる選択はありません。結婚生活を上手くやっていくには、その関係性を徹底的に深めなければなりません。関係の熟成に成功するか失敗するかで、結婚は天国にも地獄にもなります。

 このミッションは、男女ともに超高難易度です。赤の他人から始まった人との関係性を、家族にまで成熟させていく過程には、多くの気付きと成長があります。逆に言えば、多くの気付きと成長がなければ、結婚生活は成立しません。

 関係の熟成に成功すると、そこには掛け替えのない大切な存在があります。こうした関係性は、円満な老夫婦の姿などに代表されるように憧れの対象です。

次のページへ >

-結婚、夫婦関係

Copyright© 軽やかに♪ 心クリック , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.