悩み、落ち込み、気分が晴れるヒントや考え方、お伝えします!

軽やかに♪ 心クリック

心の不思議 心理法則を検証する

ザイオンス効果は、洗脳と原理は同じ。強烈に作用するが故に、危険。

投稿日:2020年2月13日 更新日:

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。ザイオンス効果は、人の見る目が、如何にいい加減かを示すものです。判断に足る情報もなく、接触回数と頻度によって、信頼と好意を寄せてしまうのですから。

 この法則を意識的に利用して、ビジネスや恋愛に活かそうとする人たちがいます。心理法則を利用したマニュアルとしては、超メジャーな存在です。ザイオンス効果は、悪意ある者たちが使えば危険です。

 今回の記事は、ザイオンス効果を悪意的に利用されない、被害に遭わないために、そのメカニズムと対処法をお伝えします。

※この女性の写真を、ネガティブな印象の題材で利用するのは、心苦しいです。申し訳ないです。この女性は、とても良い人なのだと思います。

 

ザイオンス効果は、洗脳と同じ

ザイオンス効果とは何か? 

 ザイオンス効果とは、同じ人や物に接する回数が増えるほど、その対象に対して好印象を持つようになる効果のことです。1968年に、アメリカの心理学者ロバート・ザイオンスが広めました。日本語では「単純接触効果」と呼ばれています。(erret-plus.com › Webマーケティング用語辞典より)

 この法則を利用して、人から好かれる、信用されるノウハウとして知られています。主に恋愛、ビジネスのジャンルで言及されています。

 但し、接触すれば、誰でも何でも好印象になるわけではありません。そもそも外見、雰囲気、態度などで悪印象があるなら、接触回数が増えたところで好きにはなりません。むしろ嫌悪感の方が積み重なって、逆効果になるのが普通です。

 ザイオンス効果を発揮するには、最低でも、印象としてニュートラルである必要があります。勿論、好印象である方が望ましいです。

接触する度、人の心で起こっていること

 ザイオンス効果は、実際にあるのでしょうか? 僕個人の経験上で言えば、確実に存在します。またこの効果自体を否定する意見も、特には見かけません。接触回数の多い相手には安心感がありますし、好感も持ちやすいです。

 人は人に対峙する時、まったくの無警戒ではいません。治安が良くて平和な社会であれば、さすがに犯罪者レベルで強く疑いはしないでしょうが、半ば無意識に相応の警戒はしています。警戒という言葉でピンと来なければ、緊張に置き換えてみてください。

 一度、接触して悪い印象でなければ、「無害だった」、「嫌な思いはしなかった」というデータが残されます。気持ちの良い挨拶やちょっとした雑談、好ましい外見などで好印象なら、「良い人だった」、「爽やかな人だった」といったポジティブなデータも加えられます。この時点で、好感が生まれます。

 すると二度目の接触では、前回の様子を想定します。そこで同様の結果になれば、次はより濃く同じ想定をします。これを繰り返すうちに、やがて想定は信頼に近づいていきます。ポジティブな人間性を信頼したなら、そのような人物への好感が強くなるのも道理です。

強い印象は事実と同じ

 しかし実際、接触回数を重ねただけでは、人間性について大した情報は得られません。情報量は増えていきますが、その中身は薄っぺらです。これは冷静に考えれば、誰でも解ることです。

 ただそこには、仕方のない部分もあります。無害に接触回数を続けるだけの人に、注意は向けられません。あえて冷静に考えてみようと思う機会もなく、薄い情報が蓄積されていきます。印象がある一定以上の強さになると、その人の中では、事実に近い位置づけとなります。疑われることなく、静かに認識に浸透するのです。

 中には、雰囲気や話しぶりなどの少ない情報で、自分はその人の本質を見抜けると思っている人たちもいます。より少ない接触で確信してくる、このような層は、ザイオンス効果を利用する側からすれば、特にちょろい相手です。

ザイオンス効果は、洗脳と同じ原理

 洗脳と言うと、カルト宗教、ブラック企業、DV家庭、ネットワークビジネス、自己啓発セミナー、などを連想すると思います。僕も過去には、カルト宗教から洗脳プログラムを受けた経験もあり、その手口については、通り一遍の知識の他、生々しい記憶があります。

 間違ったもの、事実という確証のないものを、事実と信じ込ませるのを洗脳と言います。洗脳は、その人の合理性との戦いです。洗脳する側から見れば、合理性を失わせるか否かが、成功の鍵です。合理的な思考の前では、間違ったものは間違ったものに過ぎず、確証のないものは確証のないものに過ぎないからです。

 合理的な思考力を奪うには、いくつか方法があります。感情に揺さぶりをかける、暴力や暴力性に屈服させる、ドラッグ、絶食、眠らせない、などです。そうやって正常な判断力を奪っておいて、都合の良い何かを隙間に入れ込むのです。

 ここでザイオンス効果と、どんな関連性が? と不思議に思われた方も多いでしょう。実は両者の間には、「合理的な思考のフィルターを通さない」という共通性があるのです。そのプロセスに、上述したような洗脳手法で思考力を奪う段階があるのか、そもそも思考をせずに無防備でいるのか、の違いです。

 ボクシングで、無理矢理ガードを下げさせられるのが洗脳。最初から無警戒にノーガードでいるのが、ザイオンス効果です。

 

 

 

 

ザイオンス効果に、騙されない

意図的にザイオンス効果を利用する人たち

 だからと言って、ザイオンス効果を狙う人たちの裏に、必ず悪意が潜んでいる訳ではありません。営業マンが、大した用事もないのに、ちょろっと寄ってすぐに帰るのは、ザイオンス効果を意図しているかもしれません。言い寄ってくる前に、ちょっとした接触が多くあったのは、恋愛マニュアルでザイオンス効果を知ったからかもしれません。

 営業マンが売ろうとしている物が粗悪品であったり、詐欺であるなら、言い寄ってくる相手が遊び目的であったなら、そこには悪意があります。しかし真面目な会社の営業マンも、真剣に付き合いたい人も、成功するためのノウハウがあるなら、利用したいのは同じです。

 だからザイオンス効果の意図を感じ取ったとしても、それだけで必要以上に警戒することはありません。意識するのは、リスクのあるケースが訪れた時だけで足ります。

 ザイオンス効果によって信頼している営業マンであっても、その商品やサービスを無暗に信じず、サンプルを取る、小ロットで試す、評判を確かめる、など慎重になるべきです。恋愛であれば、どういう人なのかを知るのに、もう少し慎重になれます。

 ザイオンス効果は、完全には避けられません。感覚を含めて完全に合理的な人間などいませんから、合理性から外れた信頼、好感は持って当たり前です。ただそれを盲信すると、悪意ある者が仕掛けた時に、ちょろく騙される側になります。いざリスクのある決断を迫られたなら、心象は外れるものだと自覚し、改めて通常の疑念を持ち直せば良いのです。

 そうすれば少なくとも、あまり深く話したことのない近所の感じの良い人に騙される。みたいな目には遭いません。

 

 

 

まとめ

 人は何となく受け取った情報には、疑いのフィルターを通しません。一回一回は薄くても、繰り返されれば、やがてその印象は事実と同じ扱いになります。それが、ザイオンス効果です。

 意図的に、悪意をもってザイオンス効果を利用された時、その知識がなければ、ノーガードのところで被害に遭います。薄い情報を積み重ねたに過ぎないなら、本来は信頼に値する材料はありません。

 物を買う、お金を貸す、交際するなど、リスクのある、重大な決断をする際には、改めて疑念のフィルターを通しましょう。

 

 

2022/9/26

自己評価は、自分の言動に対する評価で決まり、その評価が言動をパターン化させる。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。どのような自己評価で生きているかによって、気分は大きく違ってきます。  善良である、悪辣である、優しい、冷たい、品が高い、下品、前向きに頑張れる、後ろ向きで意欲が低い、など、貴方は自分をどう評価していますか?  ポジティブな自己評価をしている人は、それだけで気分よく生きていけます。ネガティブな自己評価であれば、その逆です。  今回の記事は、自己評価を作って気分を上げましょう! という内容です。   自己評価は言動で作られる 自分も、自分の言動を見 ...

詳しく読む

2022/5/11

人はなぜ自殺を選ぶのか? どうすれば自殺を防げるのか?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。人は何故、自殺を選ぶのでしょうか? 自殺するまで追い込まれない為には、どうすれば良いのでしょうか?  個々で様々な事情はありますが、共通するのは精神トーンの問題です。今回の記事は、それら個々の事情に取り組む前に、基本の大枠として知っておくべき内容です。   自殺のリスクが高まる3つの精神状態  人は、どういう時に自殺に至るのか? その精神状態を詳しく知っておくのは、周囲で支える人にとって、決して無駄にはなりません。  一般的に広まっているノウハウ ...

詳しく読む

2022/5/2

『ノストラダムスの大予言』にある人類滅亡は、なぜ信じられ、エンタメ化したのか?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、子供の頃にあった『ノストラダムスの大予言』について、お話しします。  子供の頃、ノストラダムスは日常の一部でした。多くの人が1999年に人類は滅亡すると怖れ、その恐怖と不安が日常に溶け込んでいる、今にして思えば異様な状態でした。  けれどもそこには、人類滅亡シナリオをエンタメとして楽しむ、奇妙な空気も存在していました。   ノストラダムスの大予言は、エンタメとして親しまれた ノストラダムスの大予言、恐怖の大王とは?  ノストラダムスが日本 ...

詳しく読む

2022/4/24

怒りという感情を、精神異常と認識しておくべき理由とは?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、怒りの危険性についてお伝えします。  怒りは、爆発的なエネルギーで危険から逃れるため、精神を屈服させないために、絶対に必要な感情です。しかしその緊急事態に向くという特別性ゆえに、多大な危険性を含んでもいます。   怒りは理性と合理性を損なわせる 何故、怒りは精神異常なのか?  精神異常とはこの場合、理性と合理性の欠如を指します。理性とは、物事を区別する能力です。合理性とは、目的に対する手段の適正さです。ですから精神異常になると、想像と現実 ...

詳しく読む

2022/4/14

感謝をしたくない、ありがとうと言いたくない、という病

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、近頃で目立っている「感謝を否定する」意見について、その根本的な誤りを指摘します。  確かに、感謝は強要されるものではありません。しかし感謝の拒絶は、人間社会の本質への否定になるのです。   「優しさ・親切 ←→ 感謝」というノーコストな交換 社会の本質は、キレイ事ではなく助け合い  人間はなぜ、社会を形成するのでしょうか? 答えは簡単で、助け合うためです。  これはキレイ事ではなく、むしろ社会の本質です。人が一人で生き抜いていくのは、至難 ...

詳しく読む

2021/6/21

更新情報:「頑張るよりも、楽しむ方が優秀に。潜在能力は、楽しんで発揮する。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『頑張るよりも、楽しむ方が優秀に。潜在能力は、楽しんで発揮する。』に、Youtube、雑談講座を加えました。  命の危機に瀕した際の火事場の馬鹿力でさえも、楽しい! が採用されています。 → http://kokoro.click/tanovsgan     ♦更新情報を、メールでお届けします。 Leave Th ...

詳しく読む

2021/6/12

更新情報:「失敗して痛い目に遭った時、思考停止して逃げれば、心の負債になる。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『失敗して痛い目に遭った時、思考停止して逃げれば、心の負債になる。』に、Youtube、雑談講座を加えました。  下手に前向きさが入って正当化されている分、タチが悪い。不合理なルールを見つけ出し、修正しましょう。 → http://kokoro.click/sippaiteisi     ♦更新情報を、メールでお ...

詳しく読む

♦更新情報を、メールでお届けします。


 

-心の不思議, 心理法則を検証する

Copyright© 軽やかに♪ 心クリック , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.