悩み、落ち込み、気分が晴れるヒントや考え方、お伝えします!

軽やかに♪ 心クリック

心の不思議 社会問題

加害者はなぜ、加害者になるのか? 被害者意識がもたらす加害権利とは。

投稿日:2019年10月18日 更新日:

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。他人を害する者は、なぜ他人を害せるのでしょうか? サイコパスのような感情の欠落した合理主義者でなければ、その大元には「自分は被害者である」という認識があります。

 被害者意識の大元には苦痛(心の毒)があり、それによって理性が狂わされれば、無関係の人間をも対象にして加害の正当性を与えます。

 今回の記事は、そのメカニズムを解明します。

 

被害者意識がもたらす、加害する権利意識

他人に害を及ぼす権利

 復讐や仇討であれば、他人に害を及ぼしても良いように思えます。法律上は許されませんが、心情的には、賛同できるケースも多いのではないでしょうか。

 被害という事実は、心情的に、加害しても良い権利を与えるものです。 

当事者でなくても構わない

 Aという人物から被害を受けた。 or 他人から被害を受けた。

  どちらで認識されているかによって、状況は大きく異なります。前者であれば、復讐しても良い相手はAだけです。後者であれば、困ったことに、誰にでも無差別になります。無差別に攻撃して良いと考える心境とは、どんなものでしょうか?

・今まで自分は、ずっと損ばかりしてきた。だから少しくらいの万引きは、許されて当然。

・自分が受けてきた苦しみは凄まじかった。だから私には、他人に暴力や詐欺などで加害をしてでも、得をする権利がある。

・通り魔のような行為が許されないとは知っているが、苦しんできた私なのだから、罪や過ちのようには感じられない。

 例えば、こんな形です。

 イジメの連鎖があります。学校でいじめられて、自分よりも弱い弟や妹をいじめる。姑にいびられて、自分がその立場になった時に嫁をいびる。虐待を受けた子供が親になり、わが子を虐待する。こうした行為も、心情的には、「自分には権利がある」と思っている側面があるのです。

 あなたも、自分が何かの加害者になった時の心境を思い出してみてください。思い当たる経験が、どこかにあるのではないでしょうか?

属性に対しての権利意識

 個人と他人全体の間に、属性があります。日本人、男性、関西人、高学歴者、金持ち、といったものですね。

 例えばフェミニストの中には、男性への憎悪を剥き出しにして活動している人も目立ちます。男女差別、性被害などを受けて、男性という属性で権利意識を持っているからです。ですからその言動は、女性差別や性犯罪者とは縁遠い一般男性にも、攻撃性を向けがちになります。

 国と国とで険悪な時にも、こうした属性への攻撃性が目立ちます。災害被害や経済悪化を露骨に喜んでしまう人達の存在は、外側から見れば辟易とさせるものです。

 

 

 

 

 

狂気をもたらす、心の毒を減らす

狂気のある場所

 気分が落とされてしまえば、人は誰しも、狂気を心に抱きます。心に毒が溜まれば、気分は落ちます。心の毒とは、マイナス方面への動揺そのものです。「嫌」と乱れれば、そこには毒が発生していると思ってください。

 大きな理不尽から、冷蔵庫を開けたら楽しみにしていたプリンが無かったという些細なものまで、大なり小なりで動揺は起こります。それが処理されずに蓄積されると、慢性的に気分を落とします。

 激しい動揺で大きく乱れたとしても、突発的なものであれば、気分の落ち込みは慢性化しません。立ち直ります。逆にどんな小さなものでも、蓄積されていけば、落ち込んで立ち直れなくなります。

 そうして落とされた気分のある領域に、「誰でも良いから傷つけたい。自分にはその権利がある」と考える、狂気の部分があるのです。

 鋭い方はお気づきでしょうが、心の毒が発生した事実そのものが、その人にとって「被害」を意味するのです。

 低い気分の領域で、性格が悪いという訳ではありません。似たようなものですが、少し違います。欠如するのは、直接的に正しさではなく、理性です。何が何やら判断がつかない状況の中、自分を加害した者とまったく無関係な人間との区別がつかなくなります。

 それが「誰でも良いから傷つけたい」という無差別な衝動になり、意識の表面上で働く理性によって加工された結果が、先ほど例示した

・今まで自分は、ずっと損ばかりしてきた。だから少しくらいの万引きは、許されて当然。

・自分が受けてきた苦しみは凄まじかった。だから私には、他人に暴力や詐欺などで加害をしてでも、得をする権利がある。

・通り魔のような行為が許されないとは知っているが、苦しんできた私なのだから、罪や過ちのようには感じられない。

・とにかく男が憎い、〇〇人が憎い。

 これらのような様子です。

心の毒を減らす

 この問題を解決するには、2つの方向性があります。

・理性を強化する
・心の毒を減らす

 理性を強化すれば、区別がつくようになります。区別がつけば、無関係の存在に権利意識は持ちません。しかし理性を狂わせているのは心の毒で、大量にそれを抱えたまま理性を強化するのは困難です。

 従ってここでは、「心の毒を減らす」方向性が、より現実的でしょう。心の毒が減れば、狂わされていた理性も正常化されます。

 具体的な心の毒の減らし方については、次回のブログ記事にてお伝えします。

「精神的苦痛(心の毒)は、増えたり減ったりする物質である。」
 → http://kokoro.click/kokorodoku

 

 

 

まとめ

 人は誰しも、理性によって攻撃性をコントロールしています。自分が被害者という立場になると、理性はその度合いに応じて、加害する権利を与えます。この時、心の毒によって理性が狂わされると、無関係の存在にまで権利が拡大します。

 この問題を解決するには、心の毒を減らし、理性を正常化させることです。

 

 

2022/9/26

自己評価は、自分の言動に対する評価で決まり、その評価が言動をパターン化させる。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。どのような自己評価で生きているかによって、気分は大きく違ってきます。  善良である、悪辣である、優しい、冷たい、品が高い、下品、前向きに頑張れる、後ろ向きで意欲が低い、など、貴方は自分をどう評価していますか?  ポジティブな自己評価をしている人は、それだけで気分よく生きていけます。ネガティブな自己評価であれば、その逆です。  今回の記事は、自己評価を作って気分を上げましょう! という内容です。   自己評価は言動で作られる 自分も、自分の言動を見 ...

詳しく読む

2022/5/11

人はなぜ自殺を選ぶのか? どうすれば自殺を防げるのか?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。人は何故、自殺を選ぶのでしょうか? 自殺するまで追い込まれない為には、どうすれば良いのでしょうか?  個々で様々な事情はありますが、共通するのは精神トーンの問題です。今回の記事は、それら個々の事情に取り組む前に、基本の大枠として知っておくべき内容です。   自殺のリスクが高まる3つの精神状態  人は、どういう時に自殺に至るのか? その精神状態を詳しく知っておくのは、周囲で支える人にとって、決して無駄にはなりません。  一般的に広まっているノウハウ ...

詳しく読む

2022/5/2

『ノストラダムスの大予言』にある人類滅亡は、なぜ信じられ、エンタメ化したのか?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、子供の頃にあった『ノストラダムスの大予言』について、お話しします。  子供の頃、ノストラダムスは日常の一部でした。多くの人が1999年に人類は滅亡すると怖れ、その恐怖と不安が日常に溶け込んでいる、今にして思えば異様な状態でした。  けれどもそこには、人類滅亡シナリオをエンタメとして楽しむ、奇妙な空気も存在していました。   ノストラダムスの大予言は、エンタメとして親しまれた ノストラダムスの大予言、恐怖の大王とは?  ノストラダムスが日本 ...

詳しく読む

2022/4/24

怒りという感情を、精神異常と認識しておくべき理由とは?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、怒りの危険性についてお伝えします。  怒りは、爆発的なエネルギーで危険から逃れるため、精神を屈服させないために、絶対に必要な感情です。しかしその緊急事態に向くという特別性ゆえに、多大な危険性を含んでもいます。   怒りは理性と合理性を損なわせる 何故、怒りは精神異常なのか?  精神異常とはこの場合、理性と合理性の欠如を指します。理性とは、物事を区別する能力です。合理性とは、目的に対する手段の適正さです。ですから精神異常になると、想像と現実 ...

詳しく読む

2022/4/14

感謝をしたくない、ありがとうと言いたくない、という病

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、近頃で目立っている「感謝を否定する」意見について、その根本的な誤りを指摘します。  確かに、感謝は強要されるものではありません。しかし感謝の拒絶は、人間社会の本質への否定になるのです。   「優しさ・親切 ←→ 感謝」というノーコストな交換 社会の本質は、キレイ事ではなく助け合い  人間はなぜ、社会を形成するのでしょうか? 答えは簡単で、助け合うためです。  これはキレイ事ではなく、むしろ社会の本質です。人が一人で生き抜いていくのは、至難 ...

詳しく読む

2021/6/21

更新情報:「頑張るよりも、楽しむ方が優秀に。潜在能力は、楽しんで発揮する。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『頑張るよりも、楽しむ方が優秀に。潜在能力は、楽しんで発揮する。』に、Youtube、雑談講座を加えました。  命の危機に瀕した際の火事場の馬鹿力でさえも、楽しい! が採用されています。 → http://kokoro.click/tanovsgan     ♦更新情報を、メールでお届けします。 Leave Th ...

詳しく読む

2021/6/12

更新情報:「失敗して痛い目に遭った時、思考停止して逃げれば、心の負債になる。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『失敗して痛い目に遭った時、思考停止して逃げれば、心の負債になる。』に、Youtube、雑談講座を加えました。  下手に前向きさが入って正当化されている分、タチが悪い。不合理なルールを見つけ出し、修正しましょう。 → http://kokoro.click/sippaiteisi     ♦更新情報を、メールでお ...

詳しく読む

♦更新情報を、メールでお届けします。


 

-心の不思議, 社会問題

Copyright© 軽やかに♪ 心クリック , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.