悩み、落ち込み、気分が晴れるヒントや考え方、お伝えします!

軽やかに♪ 心クリック

怒り 社会問題

暴動事件に思う、社会から悪を無くすには、正当化の芽を摘み取れ!

投稿日:2020年6月22日 更新日:

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今(2020年6月)、アメリカが大変です。黒人差別に抗議するデモが過熱し、暴徒化に発展。何の脈絡もなく、白人が黒人から襲撃される事件も頻発しています。

 彼らを犯罪者として批判するのは容易いですが、それだけでは問題は収まりません。今回の記事は、社会から悪を無くす方向性について、お伝えします。

 

悪行は、どのように正当化されるのか?

 人は、自分が悪であるという事実に耐えられません。ですから、どのような悪人であっても、必ず自分を正当化します。

 これは正義だ! という真正面からの正当化もあれば、仕方がない、これくらいは許される、といった消極的なものもあります。

「仕返しは無罪」の心理

 子供の頃、「一発ぶたれたなら、一発はぶち返して良い」といったルール、ありましたよね? やられた分だけをやり返すなら、悪くない、罪にはならない、という考え方です。

 ハンムラビ法典の、あの有名な「目には目を、歯には歯を」も、同じような精神です。これは一般的には、復讐を煽る好戦的なフレーズとして広まっていますが、実はその意味は逆です。過剰に罰してはいけないという、制限の意味合いが強いそうです。

 こうしたバランス感覚は、世界共通です。暴徒化した集団も、襲撃をする個人にも、この感覚はあります。自分が受けてきた差別や屈辱の範囲内で、仕返しをしているのです。

無関係の人間に対する加害でも、正当化され得る

 それでは何故、暴徒は無関係の人間を襲うのでしょうか。ただそこにある店が略奪され、普通に歩いているだけで暴力を奮われる。断じて、これらの行為は仕返しではありません。

 確かに、加害者への報復でなければ、仕返しとしては成立しません。しかし彼らには、「自分は理不尽に被害を受けた」という認識があります。自分は理不尽な目に遭ったのだから、自分にも他人を理不尽に加害する権利がある! という、捻じ曲がった仕返しです。

 正義だという正当化ではなく、許容される悪として位置づけられているのです。

 

 

 

 

正当化の芽を摘み取る

 それでは、彼らの悪行を止めるには、どうすれば良いのでしょうか? 一つには、圧倒的な力によって抑えつける方向性があります。明確な犯罪行為は、厳しく取り締まり、罰しなければなりません。

 もう一つには、正当化の理由を無くす方向性です。正当化の芽を摘み取り、悪行へのモチベーションを上げさせません。

一切の差別をなくす

 アメリカでの黒人差別は、未だ根深いと聞きます。黒人が政治や経済、スポーツなどの分野で成功し、重要な地位にあるのも珍しくはありません。公的に制度での差別はありませんが、日常では当たり前のように差別が残されています。

 また拉致や人身売買によって連れて来られ、奴隷として働かされてきたルーツによって、生まれながら不利な境遇にある黒人は、少なくありません。彼らはよく「黒人を特別に優遇しろ」と要求しますが、心情としては理解できます。

 彼らに、そのような「差別をされている」という意識が消えたなら、正当化の根拠も失われます。

 これは人種差別問題だけに、留まる話ではありません。日本においても、人は性別、年齢、外見、居住地、経済状況などによって、大なり小なりの差別があります。

 差別によって被ってきた不利益、心の傷みは、そのまま「加害して良い権利」に変換され得るのだと、知っておいてください。

 ですから社会は、一人一人の個人は、差別による理不尽を起こしてはなりません。競争の結果、必ず優劣はつきます。受験にしても雇用にしても、魅力的な枠である程、入るのは難しくなります。

 その敗北の理由を、「自分は、差別されているからだ」と思わせてはいけません。あくまでも公平な社会で、純粋に実力で及ばなかったのだと思うなら、強い破壊的な恨みには繋がりません。

もう一歩だけ、優しくなる

 そして重要なのは、人の優しさです。

 人として尊重されず、蔑ろにされれば、自尊心を傷つけられます。心が屈服すれば卑屈になり、抵抗すれば怒りになります。怒りが蓄積されれば、憎悪として濃度を増し、破壊の衝動を強くします。あまりに強い衝動は、理性を著しく損ねます。

 強い攻撃性と理性の欠如によってもたらされるのは、悲劇以外には有り得ません。

 ここで、考えてみてください。

・自分にとって、どうでも良い人
・何となくでも、見下している人

 に対して、どのように接しているでしょうか? あからさまに差別的な言動で貶めないまでも、心を持たない物のように扱ったり、横柄と取られる態度であったり、していないでしょうか? その積み重ねが、自尊心を傷つけていきます。

 例えば、あるコンビニのアルバイトの方は、客が「どうも」と言うだけで、嬉しいそうです。逆に金を投げて渡すような人間には、殺意を覚えるそうです。

 相手の人格を尊重する気持ちがあれば、自然と態度が変わります。どんな人にも、無意味に嫌な思いをさせません。多くの人達が、もう一歩だけ優しくなれば、環境は大きく変わります。

 他人を蔑ろにする気持ちが、言動の端々から滲み出て、人を傷つけます。逆に他人を尊重する気持ちから滲み出るそれは、人の心を救うのです。その見えない積み重ねが、社会を安全にも危険にもするのです。

 

 

 

まとめ

 悪行に手を染める者の多くは、それを正当化しています。差別によって虐げられたという思いは、怒りを超えて憎悪となり、爆発すれば悲劇を引き起こします。

 その悲劇を防ぐには、正当化の芽を摘んでしまう事です。差別によって理不尽に虐げられる人たちを無くし、多くの人達が、もう一歩だけ優しくなる。他人を蔑ろにせず、尊重する。

 その積み重ねによって、社会は安全にも危険にもなります。

 

 

2021/2/13

動画記事「笛美さん:なぜ周りの女性は女性蔑視について行動を起こさないの?」

 心クリック管理人、小池義孝です。  今回の記事は、元の文章はありません。動画発のコンテンツです。  批判する側は一人でも、受け取る側からすれば津波のように押し寄せてくるものです。擁護、庇う人まで攻撃 ...

詳しく読む

2021/2/12

動画記事「森喜朗会長へのバッシングに思う、誰かが味方である大切さ。」

 心クリック管理人、小池義孝です。  今回の記事は、元の文章はありません。動画発のコンテンツです。  批判する側は一人でも、受け取る側からすれば津波のように押し寄せてくるものです。擁護、庇う人まで攻撃 ...

詳しく読む

2021/2/8

動画記事「選択的夫婦別姓に潜む危険性。推進派の欺瞞を放置して良いのか?」

 心クリック管理人、小池義孝です。  今回の記事は、元の文章はありません。動画発のコンテンツです。  欺瞞によって成された法改正では、社会は歪められてしまう。   選択的夫婦別姓に潜む危険性 ...

詳しく読む

2021/2/2

動画記事「ビーガン、菜食主義を攻撃する人達は、罪悪感から逃れたいのでは? という疑問。」

 心クリック管理人、小池義孝です。  今回の記事は、元の文章はありません。動画発のコンテンツです。  ビーガン、肉を食べないというだけで、何故かムキになって攻撃されるケースがあります。その背景には、肉 ...

詳しく読む

2021/1/21

2021/1.21 更新情報:「「裏切られた!」と思ったら、ご都合主義のフィクションが原因かも。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『「裏切られた!」と思ったら、ご都合主 ...

詳しく読む

2021/1/7

人生での大失敗を防ぐ、簡単な方法

 予期せぬアクシデントでない限り、人生で大失敗する理由は限られています。その中でもっともポピュラーなものの一つが、「見落とし」です。   見落としをチェックする習慣をつけよう!  生活をして ...

詳しく読む

2021/1/6

ラジオ、レインボータウンFMにてスタジオ生出演いたしました。

 木場駅近くにある、収録スタジオです。外からガラス張りで、自由に観覧できます。   2021年1月4日 「山本洋之のいつだってマイペース」に生出演いたしました。  今回の収録では、出版企画の ...

詳しく読む

♦更新情報を、メールでお届けします。


 

-怒り, 社会問題

Copyright© 軽やかに♪ 心クリック , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.