悩み、落ち込み、気分が晴れるヒントや考え方、お伝えします!

軽やかに♪ 心クリック

心の不思議 社会問題

痴漢、犯罪者の謎の弁明「ストレスが溜まっていた」とは、何か?

投稿日:2019年9月25日 更新日:

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。痴漢の「ストレスが溜まって、やってしまった」という弁明、謎だと思いませんか? 特に女性からは、意味がわからないと思います。ストレスがかかると、真面目な男が、ハレンチ野郎に堕落するとでも言うのでしょうか。

 今回は、男性の性欲から、痴漢とストレスの関係性についてお伝えします。

 

ストレスの溜まった男性が、性犯罪のラインを踏み越える心理

痴漢の謎弁明、「ストレスが溜まっていた」

 痴漢容疑で男性が逮捕されたニュースで、容疑者が判を押したように言う台詞があります。「仕事などで、ストレスが溜まっていた」、この弁明に、怒りや疑問を覚えた経験はないでしょうか?

 ストレスが溜まっていたら、痴漢をしても良いのか? なぜストレスが溜まったからといって、痴漢行為に及ぶのか? など、弁明として成立しているとも思えず、今一つ釈然としません。

 普通の真面目なサラリーマン、円満な家庭の夫、良いお父さんといった属性の善良な男性が、ストレスが溜まると、自分勝手で不埒なハレンチ野郎に堕落するというのでしょうか。

 もしかしたら男性であれば、感覚的に理解できる部分はあるかもしれません。しかし女性にしてみたら、たかだかストレスごときで痴漢に変貌されるなら、男性全体に信頼を置けなくなります。

男の性欲と理性

 男の性欲は、常にスクランブル状態にあります。いざとなれば、いつでも緊急出撃が可能です。ちょっとした性的刺激が加わるだけで、簡単に発情モードに移行できます。実は他の哺乳類、犬や猫でもこれは同じで、明確な発情期があるのは雌の方だけです。雄は、発情期になった雌に呼応する形です。

 それでは、男性が発情するスイッチは、どこにあるのでしょうか。好みやフェチズムなどによって分かれるところではありますが、最終的には、性の対象にし得る女性がそこに存在するだけでも発情します。露出がある、姿勢や声などがセクシーだ、といった要素は、そのブースターのようなものです。

 しかしこれでは、男性は常に発情しっ放しです。さすがに日常生活に支障が出ますし、欲求を満たせない場面でムラムラしても意味がありません。そこで普段、性欲が必要ない、性欲を出してはいけない時には、理性で性欲自体を抑え込んでいます。好みの女性が、ただそこにいる程度の性的刺激では、発情しません。

性欲は、理性を壊しに来る

 言うまでもなく、性欲は種の繁栄と保存を目的にした本能です。現在、地球上でホモサピエンスは、80憶人を超えようとする勢いです。もしも性欲が、理性で完全にコントロールできるレベルであったなら、この種の繁栄はなかったでしょう。

 極限まで飢えた人間がテーブルマナーを守るはずもないように、強い性欲は社会規範や道徳を打ち破ります。

 男性が健全な社会の一員として成立するためには、「理性 > 性欲」を保ち続けなければなりません。強い性欲は理性を壊してしまうわけですから、日常生活で強い性的刺激はあってはならないし、普通の日常生活上にある軽微な性的刺激で、理性を壊すほど強い性欲を解放してはいけません。

ストレスと満員電車

 ストレスは、精神的苦痛に圧迫されている状態を指します。ストレス状況下では、ストレスから解放されたい! とする欲求が高まります。この時、他の欲求を満たす喜びをもって、苦痛を緩和させる選択があります。

 痴漢行為は、その一種です。性欲の発散には、多幸感を伴います。しかし現実に痴漢を働くには、理性との兼ね合いがあります。

・女性に不快な思いはさせてはいけない
・犯罪をしてはならない

 といった、人として真っ当な理性があります。また他方では、

・痴漢で逮捕されたくない
・痴漢現場を盗撮されて、ネットで晒されたら人生が終わる

 といった、損得勘定を行う理性もあります。

 満員電車という環境は、痴漢をしても逮捕され難く、他人の目からも犯行を隠しやすい。また女性と密着すれば、性的刺激も強く受けます。

 性欲が勝つか、理性が勝つか、というせめぎ合いは、こうしたものの合計で決まります。ストレスがかかっている状況は、性欲解放の欲求を強め、理性の勢力を弱めます。

 また一度、痴漢によるストレス軽減の味を覚えてしまうと、やがては痴漢行為に依存するようにもなります。迷惑なこと極まりない話ですが、痴漢行為によって精神バランスを取る習慣が作られてしまいます。

 

 

 

 

痴漢を防ぐには?

損得勘定の理性に働きかける

 痴漢をしてはいけないのは、当たり前の話です。しかし痴漢をやる側も、それは百も承知です。判っていて、自身の欲求を満たす方を優先しているのですから、そこを強く言っても意味はありません。

 働きかけるべきは、損得勘定の理性です。防犯カメラ、被害者女性の抗議や抵抗、容疑がかかれば周囲の乗客達に取り押さえられる、といったリスクが上がれば、

性欲 > 理性  →  理性 > 性欲

 へと変えられます。

 安全ピンで痴漢の手を刺すというのが盛り上がりましたが、こうした「抵抗してやる」という意志を示すだけでも、痴漢からすればやり難い環境になります。(ただし安全ピンは危険ですから、個人的には反対です)

 男性は男性で、痴漢野郎がいたなら、力づくで取り押さえる! と多くの人が意志表明をすれば、やはり同様に、やり難い環境になります。

 

 

 

まとめ

 男の性欲は、いつでもスクランブル状態です。普段は性欲のスイッチが入ってしまわないように抑えていても、ストレスがかかれば、理性が弱まります。そこで痴漢を実行するラインを超える人達がいます。

 痴漢を防ぐには、様々な方向性で、出来るだけ損得勘定で損と認識させることです。

 

 

2022/9/26

自己評価は、自分の言動に対する評価で決まり、その評価が言動をパターン化させる。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。どのような自己評価で生きているかによって、気分は大きく違ってきます。  善良である、悪辣である、優しい、冷たい、品が高い、下品、前向きに頑張れる、後ろ向きで意欲が低い、など、貴方は自分をどう評価していますか?  ポジティブな自己評価をしている人は、それだけで気分よく生きていけます。ネガティブな自己評価であれば、その逆です。  今回の記事は、自己評価を作って気分を上げましょう! という内容です。   自己評価は言動で作られる 自分も、自分の言動を見 ...

詳しく読む

2022/5/11

人はなぜ自殺を選ぶのか? どうすれば自殺を防げるのか?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。人は何故、自殺を選ぶのでしょうか? 自殺するまで追い込まれない為には、どうすれば良いのでしょうか?  個々で様々な事情はありますが、共通するのは精神トーンの問題です。今回の記事は、それら個々の事情に取り組む前に、基本の大枠として知っておくべき内容です。   自殺のリスクが高まる3つの精神状態  人は、どういう時に自殺に至るのか? その精神状態を詳しく知っておくのは、周囲で支える人にとって、決して無駄にはなりません。  一般的に広まっているノウハウ ...

詳しく読む

2022/5/2

『ノストラダムスの大予言』にある人類滅亡は、なぜ信じられ、エンタメ化したのか?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、子供の頃にあった『ノストラダムスの大予言』について、お話しします。  子供の頃、ノストラダムスは日常の一部でした。多くの人が1999年に人類は滅亡すると怖れ、その恐怖と不安が日常に溶け込んでいる、今にして思えば異様な状態でした。  けれどもそこには、人類滅亡シナリオをエンタメとして楽しむ、奇妙な空気も存在していました。   ノストラダムスの大予言は、エンタメとして親しまれた ノストラダムスの大予言、恐怖の大王とは?  ノストラダムスが日本 ...

詳しく読む

2022/4/24

怒りという感情を、精神異常と認識しておくべき理由とは?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、怒りの危険性についてお伝えします。  怒りは、爆発的なエネルギーで危険から逃れるため、精神を屈服させないために、絶対に必要な感情です。しかしその緊急事態に向くという特別性ゆえに、多大な危険性を含んでもいます。   怒りは理性と合理性を損なわせる 何故、怒りは精神異常なのか?  精神異常とはこの場合、理性と合理性の欠如を指します。理性とは、物事を区別する能力です。合理性とは、目的に対する手段の適正さです。ですから精神異常になると、想像と現実 ...

詳しく読む

2022/4/14

感謝をしたくない、ありがとうと言いたくない、という病

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、近頃で目立っている「感謝を否定する」意見について、その根本的な誤りを指摘します。  確かに、感謝は強要されるものではありません。しかし感謝の拒絶は、人間社会の本質への否定になるのです。   「優しさ・親切 ←→ 感謝」というノーコストな交換 社会の本質は、キレイ事ではなく助け合い  人間はなぜ、社会を形成するのでしょうか? 答えは簡単で、助け合うためです。  これはキレイ事ではなく、むしろ社会の本質です。人が一人で生き抜いていくのは、至難 ...

詳しく読む

2021/6/21

更新情報:「頑張るよりも、楽しむ方が優秀に。潜在能力は、楽しんで発揮する。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『頑張るよりも、楽しむ方が優秀に。潜在能力は、楽しんで発揮する。』に、Youtube、雑談講座を加えました。  命の危機に瀕した際の火事場の馬鹿力でさえも、楽しい! が採用されています。 → http://kokoro.click/tanovsgan     ♦更新情報を、メールでお届けします。 Leave Th ...

詳しく読む

2021/6/12

更新情報:「失敗して痛い目に遭った時、思考停止して逃げれば、心の負債になる。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『失敗して痛い目に遭った時、思考停止して逃げれば、心の負債になる。』に、Youtube、雑談講座を加えました。  下手に前向きさが入って正当化されている分、タチが悪い。不合理なルールを見つけ出し、修正しましょう。 → http://kokoro.click/sippaiteisi     ♦更新情報を、メールでお ...

詳しく読む

♦更新情報を、メールでお届けします。


 

-心の不思議, 社会問題

Copyright© 軽やかに♪ 心クリック , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.