悩み、落ち込み、気分が晴れるヒントや考え方、お伝えします!

軽やかに♪ 心クリック

人間関係 心の不思議

ごめんなさい、謝罪の本質と意味。正しい謝り方を知りましょう。

投稿日:2019年11月3日 更新日:

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。「ごめんなさい」、謝罪の意味を考えてみた経験はありますか? おそらく殆どの人が、何となく謝罪を行い、何となく謝罪を受け止めていると思います。

 謝罪は、良好な人間関係、社会の平和のために、とても重要な要素です。謝罪の本質と意味、正しい謝り方を知りましょう。 

 

謝罪の本質とは

借金を無料で返せるようなもの

「ごめんなさい」、「申し訳ありません」と謝罪し、相手から許してもらえた。怒りが強く、許してもらえなかった。形だけは許してもらえたけれど、関係は壊れてしまった。など、あなたにも多くの経験があると思います。

 傾向として結果が悪い場合には、謝る姿勢に問題があります。逆に、謝罪を受ける側の立場ではどうでしょうか。場合によって違いますが、受け入れずに拒絶するのか、寛容に許すのか、どのような傾向にあるでしょうか。少し、記憶をめぐらせてみてください。 

 謝罪をされるからには、相手には非があり、自分はその被害者の立場にあります。貸し借りの「貸し」があるような状態です。

 貸しがあるままでは、心が落ち着きません。何かの形で返してもらわないと、気が済まない。その方法としては、

・埋め合わせてもらう(奢ってもらう、お願いを聞いてもらう、など)
・復讐する

 などがあります。これらがあると、「貸し」が無くなった感覚になって、満足します。ここまでは、何となくでも、まあそうだなと納得できると思います。

 けれども、もっと単純で、良い返済方法があります。それが「ごめんなさい」です。実はこの「ごめんなさい」には、驚くべき心理的な効果があります。殆どの人が、それに気付いていません。謝罪を受けた人は、自分の正当性を認められ、自尊心が満たされます。すると謝ってきた相手の位置づけが、「自分を認めてくれた恩人」に変わってしまいます。

 場合によっては、貸し以上の返済となり、むしろプラスマイナスでは、プラスに転ずるケースすら珍しくありません。ごめんなさい、謝罪の威力は凄まじいのです。

自分の正当性を主張するのは、大馬鹿のすること

 裁判や交渉の場では、それは重要です。けれども自分に非があり、謝って相手に許してもらおうとする時、相手との良い関係を崩したくない時に、それをしたら大馬鹿です。

 謝罪の本質は、「相手の尊厳を認める」です。自分の正当性を主張する行為は、その本質に逆行してしまいます。アクセルとブレーキを同時に踏むようなものです。

 しかし非があるとは言っても、10:0で自分が悪いわけではなく、7:3、6:4といった感覚的な割合のケースも多いです。比較すれば自分の非が大きいとは言っても、完全に自分が悪いわけではない。そのような状況では、3や4についての主張もしたくなるのは当然です。

 けれども謝罪を受ける側の多くは、自分は完全に正しく、相手が完全に間違っていると思っているものです。もしも自分にも正当性があると考え、それを認めて欲しいと思うのであれば、相手に受け入れる姿勢が出来るまで待つべきです。受け入れられない状態でそれを行えば、火に油を注ぐ結果になりかねません。

 謝罪を行うには、まずは誠実に、しっかりと10:0で自分に非があるのを前提にして行います。自尊心が満たされた相手の心には、寛容さが芽生えてきます。このタイミングであれば、言い分を受け入れてもらえる見込みがあります。

 ただその時も、「自分は悪くない」と主張していると受け取られてはなりません。自分を正当化したい気持ちは解りますが、そうと思われれば、途端にまた心を閉ざされてしまいます。

 客観的に事実のみ、状況や事情を伝えるようにしましょう。そこにあなたの正当性を見出すか否かは、相手の自由です。結果にこだわってはいけません。相手に寛容さが生まれているのであれば、好意的に見てくれるでしょう。

 また、あなたから謝罪を受け取り過ぎていると感じていたなら、相手の方から積極的にあなたを弁護してくれる展開もあります。

 

 

 

 

謝罪の社会的な意義

謝罪を許せないと……

 素直に「ごめんなさい」と言われてしまうと、相手にはプレッシャーがかかります。それは「許せない自分は器が小さい、間違っている」です。

 貸しを作っていたはずが、許さないことで、相手に借りがある感覚になります。ですから心情的に許したくない時に、こんな言葉が出てきます。

「本当に悪いと思っているのか!?」
「謝れば済むと思ってんじゃねーよ!」

 本当に悪いと思っていない、謝れば済むと思っている、どちらも謝罪の正当性を否定する発言です。正当な謝罪ではないので、そのプレッシャーを感じずに済むという訳です。

悪いと思ったら謝る、素直に謝られたら許す

 今回の記事は、人の精神と心の中でも、分析してはいけない部分かもしれません。人の誠意や真心を分析して解明すれば、素晴らしいそれらへの冒涜に値するのでは? という感覚もあります。我ながら、何だか読み返してみると感じが悪いです。

 だから最後、社会的にも真っ当なことを書きます。人と人との付き合いは、心と心です。相手を尊重する気持ちと素直さ、寛容さをもって接すれば、人間関係はそうそう悪くはなりません。自分も周囲の人達も、気持ち良く生きていけます。

 悪いと思ったら素直に謝り、相手が素直に謝っているなら、寛容に受け止めましょう。埋め合わせ、復讐という形ではなく、謝罪と許しで人と人の溝が埋まっていくなら、社会はより良いものになります。

 

 

 

まとめ

 ごめんなさい、謝罪の本質は、「相手の尊厳を認める」です。それ自体に大きな価値があるために、謝罪は借りの返済として機能します。また謝罪を受けた相手は、寛容さを試されるプレッシャーがかかります。

 言い分はあっても、謝罪時には10:0を前提に行いましょう。寛容さを備えた一定の人格者であるなら、相手の正当性を受け入れます。

 悪いと思ったなら素直に謝り、誠実な謝罪を受けたなら許す意識を持ちましょう。

 

2022/9/26

自己評価は、自分の言動に対する評価で決まり、その評価が言動をパターン化させる。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。どのような自己評価で生きているかによって、気分は大きく違ってきます。  善良である、悪辣である、優しい、冷たい、品が高い、下品、前向きに頑張れる、後ろ向きで意欲が低い、など、貴方は自分をどう評価していますか?  ポジティブな自己評価をしている人は、それだけで気分よく生きていけます。ネガティブな自己評価であれば、その逆です。  今回の記事は、自己評価を作って気分を上げましょう! という内容です。   自己評価は言動で作られる 自分も、自分の言動を見 ...

詳しく読む

2022/5/11

人はなぜ自殺を選ぶのか? どうすれば自殺を防げるのか?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。人は何故、自殺を選ぶのでしょうか? 自殺するまで追い込まれない為には、どうすれば良いのでしょうか?  個々で様々な事情はありますが、共通するのは精神トーンの問題です。今回の記事は、それら個々の事情に取り組む前に、基本の大枠として知っておくべき内容です。   自殺のリスクが高まる3つの精神状態  人は、どういう時に自殺に至るのか? その精神状態を詳しく知っておくのは、周囲で支える人にとって、決して無駄にはなりません。  一般的に広まっているノウハウ ...

詳しく読む

2022/5/2

『ノストラダムスの大予言』にある人類滅亡は、なぜ信じられ、エンタメ化したのか?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、子供の頃にあった『ノストラダムスの大予言』について、お話しします。  子供の頃、ノストラダムスは日常の一部でした。多くの人が1999年に人類は滅亡すると怖れ、その恐怖と不安が日常に溶け込んでいる、今にして思えば異様な状態でした。  けれどもそこには、人類滅亡シナリオをエンタメとして楽しむ、奇妙な空気も存在していました。   ノストラダムスの大予言は、エンタメとして親しまれた ノストラダムスの大予言、恐怖の大王とは?  ノストラダムスが日本 ...

詳しく読む

2022/4/24

怒りという感情を、精神異常と認識しておくべき理由とは?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、怒りの危険性についてお伝えします。  怒りは、爆発的なエネルギーで危険から逃れるため、精神を屈服させないために、絶対に必要な感情です。しかしその緊急事態に向くという特別性ゆえに、多大な危険性を含んでもいます。   怒りは理性と合理性を損なわせる 何故、怒りは精神異常なのか?  精神異常とはこの場合、理性と合理性の欠如を指します。理性とは、物事を区別する能力です。合理性とは、目的に対する手段の適正さです。ですから精神異常になると、想像と現実 ...

詳しく読む

2022/4/14

感謝をしたくない、ありがとうと言いたくない、という病

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、近頃で目立っている「感謝を否定する」意見について、その根本的な誤りを指摘します。  確かに、感謝は強要されるものではありません。しかし感謝の拒絶は、人間社会の本質への否定になるのです。   「優しさ・親切 ←→ 感謝」というノーコストな交換 社会の本質は、キレイ事ではなく助け合い  人間はなぜ、社会を形成するのでしょうか? 答えは簡単で、助け合うためです。  これはキレイ事ではなく、むしろ社会の本質です。人が一人で生き抜いていくのは、至難 ...

詳しく読む

2021/6/21

更新情報:「頑張るよりも、楽しむ方が優秀に。潜在能力は、楽しんで発揮する。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『頑張るよりも、楽しむ方が優秀に。潜在能力は、楽しんで発揮する。』に、Youtube、雑談講座を加えました。  命の危機に瀕した際の火事場の馬鹿力でさえも、楽しい! が採用されています。 → http://kokoro.click/tanovsgan     ♦更新情報を、メールでお届けします。 Leave Th ...

詳しく読む

2021/6/12

更新情報:「失敗して痛い目に遭った時、思考停止して逃げれば、心の負債になる。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『失敗して痛い目に遭った時、思考停止して逃げれば、心の負債になる。』に、Youtube、雑談講座を加えました。  下手に前向きさが入って正当化されている分、タチが悪い。不合理なルールを見つけ出し、修正しましょう。 → http://kokoro.click/sippaiteisi     ♦更新情報を、メールでお ...

詳しく読む

♦更新情報を、メールでお届けします。


 

-人間関係, 心の不思議

Copyright© 軽やかに♪ 心クリック , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.