悩み、落ち込み、気分が晴れるヒントや考え方、お伝えします!

軽やかに♪ 心クリック

成長

子育て、教育方針の誤り。大切な我が子だからこそ、間違える。

投稿日:2019年6月25日 更新日:

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。大切な我が子に、自分が経験した財産を伝える。当たり前に行われる、素晴らしい行為です。しかしその人が得た人生に役立つ教訓は、その人だからこそ通用するものです。言い方を変えれば、後出しジャンケンの要素があります。

 愛するが故に、陥りがちな盲点の話です。

 

愛しい我が子だからこそ、確実なものを伝えたい

勉強 < 挨拶と礼儀

「勉強なんか出来なくても良い。挨拶と礼儀の方が大事」

 こういった方向性の子育て、教育方針を何度かは耳にした経験があると思います。

 そこで知人が、面白いことに気付きました。こういう発言をする親は、勉強をしてきていないタイプが多いそうです。僕も記憶を振り返ると、確かにそんな気がします。

「学校は勉強よりも、友達を作る方が大事。学校で作った友達は、一生の財産になる」

 同じ方向性で、このような発言も散見されます。共通点は、勉強への過小評価です。

自分の成功体験に頼る

 少し考え、ある傾向に焦点が当たりました。親はカワイイ我が子を教え導く時、自分の成功体験に頼るのです。

 勉強をして来なかった親は、勉強を積み重ねて得られるものを知りません。高学歴なり、資格なり、を常識的な知識としては持っていますが、経験上のものがありません。

 しかし挨拶をきちんとする、礼儀を正しくする方は、それによって学校やグループの先輩と良好な関係になったり、職場で上手くいったりといった経験があります。

 友達を作るのも、同様です。友達と過ごした楽しい日々、精神的に支え合い、困った時には助け合う。そういった世界を知っています。

 知識としてある一般論としての良いものと、人生経験から言える確証のある良いものとでは、後者の方が重いのです。経験して素晴らしさを知っているものの方を、より強く確信するのは当然の心理でしょう。

自尊心と価値観

 また自分が持っていないものの価値を下げ、持っているものの価値を上げ、自尊心の材料としている側面もあるでしょう。

 いえ、誤解がないように言っておきますが、その行為が悪いのではありません。高得点になるように自己採点の基準を操作するのは、当たり前です。よほど自嘲や自己否定が強い人でない限り、多かれ少なかれ、誰もが行っています。

 しかしその採点基準は、自身に最適なようにカスタマイズされたものです。長所、短所、過去の歴史、現状の在り方、想定される未来、などを考えて、より高く自分を評価するために調整されています。イメージの悪い言い方をするなら、後出しじゃんけんで勝っているようなものです。

 これを我が子に適用すれば、違う個性を持った人間なのですから、自分と同じようにはフィットしません。

僕も決して、例外ではない

 またある知人は、自分がそろばんを習って、簿記の資格を取り、経理の仕事に就いた成功体験を持っています。それで子供にも、そろばんを習わせるそうです。

 この道が悪いとは言いませんが、子供の内から経理の仕事をイメージするのは、選択肢を狭め過ぎではないかと思います。

 僕の場合には、小さな頃から、テーマを持って考え続けてきた歴史があります。ですから子供たちにも、「勉強なんてほどほどで良いから、とにかくよく考えなさい」と言ってしまいそうです。

 両親が東大出の子供は、「自分も将来、東大に入る」と言っています。両親は東大を卒業する利益を熟知しているので、子供にもその利益を得て欲しいと考えます。

 僕は東大は東大でも、東海大学ですし、今の仕事は学歴なんて関係ありません。ブランド大学を卒業する利益について、常識的な知識は持ち合わせていますが、自身の経験ではないのでピンと来ない部分もあります。

 ですから僕の価値観は、「とにかく実力をつけろ」です。実力さえあれば、ブランドなんていらない。実力でこじ開ければ、ブランドなんて後から付いてくる。という意識で、子供に接しています。

 つまり僕も決して、例外ではありません。自分の成功体験から、自信を持ってお勧めできる道を、推してしまうのです。

 父が僕に接していた姿も、同様でした。カリスマ的な不良で元自衛官の父は、僕にただひたすら、気合と根性を叩き込もうとしました。僕には合わないなあと思っていたのですが、「とにかく実力をつけろ」に、かなり反映されている気もしますね。

 

 

 

 

自分が通っていない道

 子供を教育する際、人生経験から得られた良い情報、成功体験を伝えようとするのは当然です。ただ気を付けないと、自分が持っていない他の可能性は、軽視してしまいます。

 自分が通っていない道を、どう正当に評価するのか? 教育方針において、ここは重要なテーマになります。

 しかし親の価値観は、その家庭文化のカラーです。無色でいるよりは、濃厚な色の中で特色を持っていた方が、子が育つ環境としては望ましいとも考えられます。自信を持って伝えられるものを、しっかりと伝えるのは、親としての責任です。

 全ての価値に平等に接するのは、一人の人間には不可能です。多様な大勢の人間が集まって、何とかその体裁を整えるのが精一杯なのですから。

 自分が通っていない道にも、大きな価値がある。しかし自分が自信を持って伝えられるのは、この道である。と、自信を持って伝達していく。このバランスを意識すれば、可能性を狭めるリスクを抑えながら、自身の経験知も伝えられます。

 各々が、一度、真剣に考えてみるべきテーマです。

 

 

 

まとめ

 命よりも大切な我が子に、よく知らないものを教育できないのは仕方ありません。自身の経験を持って、確証のあるものを伝えるのは真っ当な行為です。

 けれども自分が通らなかった道にも、他の価値があります。その道を閉ざさないように配慮をしながら、経験知を伝えていきましょう。

 

Youtube、記事動画

 この記事の内容を、動画でもお伝えしています。ただ記事はリライトされる事があるので、若干、内容が異なる場合もございます。

Youtube、雑談講座

 この記事の内容を元に、雑談を交えたフリートークです。台本なしのワンテイクです。

 

 

2022/9/26

自己評価は、自分の言動に対する評価で決まり、その評価が言動をパターン化させる。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。どのような自己評価で生きているかによって、気分は大きく違ってきます。  善良である、悪辣である、優しい、冷たい、品が高い、下品、前向きに頑張れる、後ろ向きで意欲が低い、など、貴方は自分をどう評価していますか?  ポジティブな自己評価をしている人は、それだけで気分よく生きていけます。ネガティブな自己評価であれば、その逆です。  今回の記事は、自己評価を作って気分を上げましょう! という内容です。   自己評価は言動で作られる 自分も、自分の言動を見 ...

詳しく読む

2022/5/11

人はなぜ自殺を選ぶのか? どうすれば自殺を防げるのか?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。人は何故、自殺を選ぶのでしょうか? 自殺するまで追い込まれない為には、どうすれば良いのでしょうか?  個々で様々な事情はありますが、共通するのは精神トーンの問題です。今回の記事は、それら個々の事情に取り組む前に、基本の大枠として知っておくべき内容です。   自殺のリスクが高まる3つの精神状態  人は、どういう時に自殺に至るのか? その精神状態を詳しく知っておくのは、周囲で支える人にとって、決して無駄にはなりません。  一般的に広まっているノウハウ ...

詳しく読む

2022/5/2

『ノストラダムスの大予言』にある人類滅亡は、なぜ信じられ、エンタメ化したのか?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、子供の頃にあった『ノストラダムスの大予言』について、お話しします。  子供の頃、ノストラダムスは日常の一部でした。多くの人が1999年に人類は滅亡すると怖れ、その恐怖と不安が日常に溶け込んでいる、今にして思えば異様な状態でした。  けれどもそこには、人類滅亡シナリオをエンタメとして楽しむ、奇妙な空気も存在していました。   ノストラダムスの大予言は、エンタメとして親しまれた ノストラダムスの大予言、恐怖の大王とは?  ノストラダムスが日本 ...

詳しく読む

2022/4/24

怒りという感情を、精神異常と認識しておくべき理由とは?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、怒りの危険性についてお伝えします。  怒りは、爆発的なエネルギーで危険から逃れるため、精神を屈服させないために、絶対に必要な感情です。しかしその緊急事態に向くという特別性ゆえに、多大な危険性を含んでもいます。   怒りは理性と合理性を損なわせる 何故、怒りは精神異常なのか?  精神異常とはこの場合、理性と合理性の欠如を指します。理性とは、物事を区別する能力です。合理性とは、目的に対する手段の適正さです。ですから精神異常になると、想像と現実 ...

詳しく読む

2022/4/14

感謝をしたくない、ありがとうと言いたくない、という病

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、近頃で目立っている「感謝を否定する」意見について、その根本的な誤りを指摘します。  確かに、感謝は強要されるものではありません。しかし感謝の拒絶は、人間社会の本質への否定になるのです。   「優しさ・親切 ←→ 感謝」というノーコストな交換 社会の本質は、キレイ事ではなく助け合い  人間はなぜ、社会を形成するのでしょうか? 答えは簡単で、助け合うためです。  これはキレイ事ではなく、むしろ社会の本質です。人が一人で生き抜いていくのは、至難 ...

詳しく読む

2021/6/21

更新情報:「頑張るよりも、楽しむ方が優秀に。潜在能力は、楽しんで発揮する。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『頑張るよりも、楽しむ方が優秀に。潜在能力は、楽しんで発揮する。』に、Youtube、雑談講座を加えました。  命の危機に瀕した際の火事場の馬鹿力でさえも、楽しい! が採用されています。 → http://kokoro.click/tanovsgan     ♦更新情報を、メールでお届けします。 Leave Th ...

詳しく読む

2021/6/12

更新情報:「失敗して痛い目に遭った時、思考停止して逃げれば、心の負債になる。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『失敗して痛い目に遭った時、思考停止して逃げれば、心の負債になる。』に、Youtube、雑談講座を加えました。  下手に前向きさが入って正当化されている分、タチが悪い。不合理なルールを見つけ出し、修正しましょう。 → http://kokoro.click/sippaiteisi     ♦更新情報を、メールでお ...

詳しく読む

 

♦更新情報をメールでお知らせします。


 

-成長

Copyright© 軽やかに♪ 心クリック , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.