悩み、落ち込み、気分が晴れるヒントや考え方、お伝えします!

軽やかに♪ 心クリック

幸せ 嫉妬 成長

他人と比べるのをやめたい。比較の檻で、自分を傷つけてしまう。

投稿日:2020年8月6日 更新日:

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。他人と比べて、劣っている自分に傷つく。優れた人間が妬ましい。こうした思いは、昔も今も変わらない、多くの人にとっての悩みです。自分で考えて作った比較の檻で、自分を傷つけてしまいます。

 今回の記事は、そもそも人は何故、自分と他人とを比べるのか? の真相を紐解き、その苦痛から解放される道筋を示します。

 

人はなぜ、自分と他人とを比べるのか?

他人と比べることから、人は逃れられない

「自分と他人とを、比べてはいけない」といった趣旨のフレーズは、あまりに有り触れています。自己啓発セミナーに参加するでもなく、誰かに人生相談をするでもなく、普通に生きているだけで、何度も遭遇する程のボリュームです。

 それだけ人間は、自分と他人とを比べて、わざわざ苦しみを選択しているのだと伺い知れます。

 SMAPの『世界に一つだけの花』は2003年にリリース。大ヒットして、社会現象になりました。大勢の人が、比較からの解放を願っていたからです。

 しかし大ヒットから5年、10年、15年と経過して現在、社会は何も変わっていないように思えます。一時的に解放された気分はもたらしたものの、社会の価値観が、大きく変化した様子はありません。他人と比べることから、人は逃れられないのです。

他人と比べれば、多くの敗者を生み出す

 優劣は、比較によって生み出されます。優れているものの数だけ、劣っているものがあります。

 何事においても、大多数の人は凡庸です。一部の極端に優れている者、劣っている者を除いた大勢が、普通の人として存在しています。見上げれば、一部の極端に優れた者が君臨し、自分は劣っていると認識させられます。極論を言えば、頂点はたった一人、二番目以降は全員が敗者です。

 つまり見上げて他人と比べたなら、多くの敗者を生み出してしまうのです。

人はなぜ、自分と他人とを比べるのか?

 それでは、そもそも人は何故、自分と他人とを比べるのでしょうか? 理由は、大きく分けて二つです。

・人が物事を捉えるには、座標が要る
・自分の序列は、死活問題

 人が物事を捉えるには、基準が必要です。例えば、「Aさんは優しい」と評価する時には、多くの人の優しさを知っておかなければなりません。他の多くの人に比べて、優しさが強いと判断するからこそ、「Aさんは優しい」と結論づけられます。

 比較して、どこに位置するのか? 座標の位置をもって、その対象を把握しているという訳です。自分という存在を判断するのに、他人と比べるのは当たり前です。

 また、自分の序列への強い関心があります。群れの中でどの序列にあるのかは、生き物にとって死活問題です。その感覚を生まれ持っているからこそ、自分の立ち位置が気になります。

比較して、相対的に捉える + 自分の序列が気になる

 が人間の普遍的な性質なのですから、自分と他人とを比べるなというのは無理難題です。

 

 

 

 

他人と比べる苦しみから、どう逃れるのか?

 他人と比べるのが人の避けられない性であるなら、抗うだけ無駄なのでしょうか。その苦しみから解放される日は、永遠に訪れないのでしょうか。

 いえ、だからと言って、必ずしも苦痛はセットではありません。

他人と比べないのは、無理

 よく「他人と比べてはいけない」と言われますが、これが出来たなら、誰も苦労はしません。自分の序列が気になる以上、比べるなは無理です。

 あの『世界に一つだけの花』も、実は比較の檻から完全には抜け出していません。「一つ一つ違う種を持つ その花を咲かせることだけに 一生懸命になればいい」の部分が解決策ですが、その花を咲かせている人、咲かせていない人との間で、優劣が生じています。

 この道に進んだら進んだで、「他の人と比べて、自分は自分だけの花を咲かせているのだろうか?」と気になります。そして咲かせた花同士でも、必ず優劣を認識します。

他の重要な項目で、生存に有利になる

 より本質に掘り下げていきます。序列が気になるのは、感覚的な生存の有利・不利があるからです。劣等と敗北が苦痛になるのは、感覚的に死に近づくからです。

 能力、ステータス、外見、資産、学歴などは、確かに使い様によって、生存をより有利にします。これらの項目は、自身の優位を誇示するマウンティングにも、頻繁に利用されています。

 このような序列で上位になれないのであれば、無理に競う必要はありません。他の項目で生存に有利な状況が整うなら、劣等と敗北の苦痛は薄まります。苦痛は苦痛ですが、死活問題から遠ざかる分、ゆとりが生まれます。

 例えば貴方は、優しく、真面目で、責任感の強い人をどう思いますか? 特別に秀でた部分はない、能力的にはごく普通の人です。劣ったダメな人間と、見下すでしょうか? それとも、ちゃんとした人間だと好感を持つでしょうか? おそらく殆どの方の評価は、後者になるはずです。

 このような人物であれば、安心して仕事を任せられます。結婚相手としても、十分に評価できます。つまり、社会に多くの居場所が用意されています。これは相当、生存に有利な状況ですよね?

 一部の特別に優れた人間になろうとせず、そうなれないと肩を落とさず、普通にちゃんとした人間にさえなれば、社会はその人を歓迎します。特別ではないけれど、社会から必要とされる自分、頼られる自分、信頼される自分というポジションが確立したなら、生存の危機感も薄れます。

 で、それって結局、「自分の花を咲かせれば良い」という事になります。その上で、他人を羨ましがったり、妬んでみたり、人間らしく生きて行けば良いのです。

 

 

 

まとめ

 自分と他人とを比較するのは、人の普遍的な性なので変えられない。他人と比べた優劣で苦しむのは、そこに感覚的な生存の有利不利があるから。

 しかし優しい、真面目、責任感があるという人物像であれば、心掛け一つで近づける。このような人物は、当然、社会から歓迎される。必要とされる人間というポジションになれば、優劣の差は、さほど苦しみを生み出さなくなる。

 

 

2022/9/26

自己評価は、自分の言動に対する評価で決まり、その評価が言動をパターン化させる。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。どのような自己評価で生きているかによって、気分は大きく違ってきます。  善良である、悪辣である、優しい、冷たい、品が高い、下品、前向きに頑張れる、後ろ向きで意欲が低い、など、貴方は自分をどう評価していますか?  ポジティブな自己評価をしている人は、それだけで気分よく生きていけます。ネガティブな自己評価であれば、その逆です。  今回の記事は、自己評価を作って気分を上げましょう! という内容です。   自己評価は言動で作られる 自分も、自分の言動を見 ...

詳しく読む

2022/5/11

人はなぜ自殺を選ぶのか? どうすれば自殺を防げるのか?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。人は何故、自殺を選ぶのでしょうか? 自殺するまで追い込まれない為には、どうすれば良いのでしょうか?  個々で様々な事情はありますが、共通するのは精神トーンの問題です。今回の記事は、それら個々の事情に取り組む前に、基本の大枠として知っておくべき内容です。   自殺のリスクが高まる3つの精神状態  人は、どういう時に自殺に至るのか? その精神状態を詳しく知っておくのは、周囲で支える人にとって、決して無駄にはなりません。  一般的に広まっているノウハウ ...

詳しく読む

2022/5/2

『ノストラダムスの大予言』にある人類滅亡は、なぜ信じられ、エンタメ化したのか?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、子供の頃にあった『ノストラダムスの大予言』について、お話しします。  子供の頃、ノストラダムスは日常の一部でした。多くの人が1999年に人類は滅亡すると怖れ、その恐怖と不安が日常に溶け込んでいる、今にして思えば異様な状態でした。  けれどもそこには、人類滅亡シナリオをエンタメとして楽しむ、奇妙な空気も存在していました。   ノストラダムスの大予言は、エンタメとして親しまれた ノストラダムスの大予言、恐怖の大王とは?  ノストラダムスが日本 ...

詳しく読む

2022/4/24

怒りという感情を、精神異常と認識しておくべき理由とは?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、怒りの危険性についてお伝えします。  怒りは、爆発的なエネルギーで危険から逃れるため、精神を屈服させないために、絶対に必要な感情です。しかしその緊急事態に向くという特別性ゆえに、多大な危険性を含んでもいます。   怒りは理性と合理性を損なわせる 何故、怒りは精神異常なのか?  精神異常とはこの場合、理性と合理性の欠如を指します。理性とは、物事を区別する能力です。合理性とは、目的に対する手段の適正さです。ですから精神異常になると、想像と現実 ...

詳しく読む

2022/4/14

感謝をしたくない、ありがとうと言いたくない、という病

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、近頃で目立っている「感謝を否定する」意見について、その根本的な誤りを指摘します。  確かに、感謝は強要されるものではありません。しかし感謝の拒絶は、人間社会の本質への否定になるのです。   「優しさ・親切 ←→ 感謝」というノーコストな交換 社会の本質は、キレイ事ではなく助け合い  人間はなぜ、社会を形成するのでしょうか? 答えは簡単で、助け合うためです。  これはキレイ事ではなく、むしろ社会の本質です。人が一人で生き抜いていくのは、至難 ...

詳しく読む

2021/6/21

更新情報:「頑張るよりも、楽しむ方が優秀に。潜在能力は、楽しんで発揮する。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『頑張るよりも、楽しむ方が優秀に。潜在能力は、楽しんで発揮する。』に、Youtube、雑談講座を加えました。  命の危機に瀕した際の火事場の馬鹿力でさえも、楽しい! が採用されています。 → http://kokoro.click/tanovsgan     ♦更新情報を、メールでお届けします。 Leave Th ...

詳しく読む

2021/6/12

更新情報:「失敗して痛い目に遭った時、思考停止して逃げれば、心の負債になる。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『失敗して痛い目に遭った時、思考停止して逃げれば、心の負債になる。』に、Youtube、雑談講座を加えました。  下手に前向きさが入って正当化されている分、タチが悪い。不合理なルールを見つけ出し、修正しましょう。 → http://kokoro.click/sippaiteisi     ♦更新情報を、メールでお ...

詳しく読む

♦更新情報を、メールでお届けします。


 

-幸せ, 嫉妬, 成長

Copyright© 軽やかに♪ 心クリック , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.