悩み、落ち込み、気分が晴れるヒントや考え方、お伝えします!

軽やかに♪ 心クリック

成長

苦労には、意味がない。苦労教に入信されている方は、すぐに脱退を。

投稿日:2019年6月16日 更新日:

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。苦労は人を育てますが、歪ませもします。しかし歪みを含めて称賛、肯定してしまう「苦労教」が根付いています。

 苦労教に入信されている方は、すぐに脱退してください。

 

苦労とは何か?

困難と努力

 苦労という言葉を用いる時、そこには困難に立ち向かう努力のニュアンスがあります。

 シングルマザーで女手一つで懸命に働いて、子供を育てあげる。

 信頼していた部下に金を持ち逃げされる、取引先が倒産して売掛金が入らない、などの困難を乗り越えて会社を大きくした。

 といった、ものです。

 ただ困難な目に遭っただけでは苦労とは言わず、乗り越えようと懸命にあがいた姿をそう評価しています。

肉体的、精神的に追い込まれる

 また苦労と言うからには、相応に追い詰められていなければなりません。常識的には苦労しているように見えても、本人に余裕があれば苦労にはなりません。

 僕にも、誰もが苦労と判定しそうな経験があります。しかし肉体的にも精神的にも追い込まれていなかったので、苦労したという認識はありません。危機を乗り越えるために高揚をしていたので、むしろ楽しかったという感覚です。ただ勿論、同じ目に遭うのは、二度と御免ですが……。

 逆に、常識的に見て大したことがなくても、本人が懸命に頑張って追い込まれていたなら、それは間違いなく苦労です。

 

 

 

 

良い人生に、苦労は必要か?

苦労の良い点: 自信がつく

 ギリギリまで追い込まれたけれど、懸命に頑張って乗り越えた! という経験は、間違いなく財産になります。

 人生は、良い時ばかりではありません。何かが裏目に出てしまえば、たやすく窮地に追い込まれます。そんな不安を少しでも軽減できるなら、苦労をした経験は有意義になります。

 また現実に新しく困難に直面した時にも、自信をもって挑めるでしょう。

苦労の悪い点: 痛がりになる

 苦労という自覚のない僕でさえ、「同じ目に遭うのは、二度と御免だ」と思っています。苦労をした人であれば、その苦痛は骨まで染み込んでいます。

 もうあんな辛い思いはしたくない、という思いが、人を痛みに弱くさせます。すると危険がない方、無難な方に意識と決定が偏ります。

 実は危険の回避も、ここから先は確率が変わらないという飽和点があります。防犯のために玄関の鍵を2つにしたとします。確かにピッキングの手間が2倍になるので、防犯効果はあるでしょう。これが10、20、30と増えていったら、どうでしょうか? もはやコストだけがかかって、防犯効果の上積みは期待できません。

 こんな風に、「これくらい、やっておけば大丈夫」というラインがあって、金銭、手間、時間などのコストを見合ったところが、適切な落しどころです。

 痛がりの人は、そのラインを合理的に取り難くなります。

 

苦労教から脱退しよう

苦労教の恐ろしさ

 コストをかけたなら、その分の見返りが欲しくなるのは当然です。苦労の場合には、労力、時間、苦痛といったコストをかけています。

 見返りとして、「自分は苦労をしてきたから、特別に優れている人間である」を求めるのは、人情というものです。

 苦労というイニシエーションを経た自分を特別視してしまう、危険な考え方、信仰です。

 ただ現実を見る限り、必ずしも苦労が人を大きくはしません。苦労によって痛がりにされれば、それは歪まされているだけです。

 また苦労教は、苦労という経験そのものを賛美するに至ります。例に挙げたシングルマザーの子育てにしても、会社経営にしても、最善なのは逆風など吹かない順風満帆です。苦労自体に、価値はありません。

 例えば僕の治療家人生には、逆風らしい逆風はありません。開業 → 軌道に乗る → 処女作がベストセラー、と何も苦労をしていません。あまりに苦労がなさ過ぎて、僕のプロフィールが没にされた程です。面白くない、共感を呼ばない、という理由で。

 確かに苦労を乗り越えた先には、経験と自信という財産が残ります。しかし順風満帆な成功体験でも、経験と自信は得られます。慢心してしまうリスクはありますが、苦労には痛がりにされるリスクがあります。成功しても、失敗しても、どのみち歪む人は歪みます。

 自惚れてリスクを軽んじるか、脅えてリスクを過大評価するか、の違いですが、思考が狂わされるのは同じです。自惚れは少しの気付きで修正されるのに対して、脅えは思考停止を含むので修正が難しくなります。

 苦労教は、そのような歪まされた姿をも肯定して、固定させてしまいます。

苦労教から抜け出すには?

 苦労教から抜け出すには、

・苦労自体に、価値はない
・苦労したからといって、偉くはない
・脅えて痛がりにされている

 という3点を直視します。この3点の直視の後に残されたものだけが、有益な経験知になると知りましょう。

 苦労教は愚かですが、苦労をしたという財産は確かにそこにあるのです。

 

 

 

まとめ

 苦労した人間の言葉には、確かに重みを感じます。苦労を乗り越えてきたサクセスストーリーは、人の心を動かします。

 苦労というものが、過剰に持ち上げられている現状があります。苦労教は、苦労を負債にします。脱退をして、苦労を資産に変えましょう。

 

 

2020/9/25

政治家の演説、点字ブロック付近に立つのは、許されない悪なのか?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。先日、立憲民主党の逢坂誠二さんが、あるツイートで炎上しました。  点字ブロックの付近に立っていた為に、「視覚障害者を軽視している」、「弱者の味方という ...

詳しく読む

2020/9/24

2020/9.24 更新情報:「強烈な罪悪感は、気が済むまで自分を責めるべき。苦しいのは当然。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『強烈な罪悪感は、気が済むまで自分を責 ...

詳しく読む

2020/9/23

動画記事「強烈な罪悪感は、気が済むまで自分を責めるべき。苦しいのは当然。」

 心クリック管理人、小池義孝です。  過去に掲載した記事を編集して、動画コンテンツにいたしました。上手くソフトが喋ってくれるように、表現を少し変えています。  既に読まれている方も、改めて、新しい発見 ...

詳しく読む

2020/9/22

強烈な罪悪感は、気が済むまで自分を責めるべき。苦しいのは当然。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。常に冷静で、合理的であり続けられる人はいません。肉体も精神も、その時々の状況で左右されます。  長い人生を、何の失敗もせずに全うするのは至難です。何回 ...

詳しく読む

2020/9/21

2020/9.21 更新情報:「落ち込む前向きな2つの意味、悪いことばかりではない。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『落ち込む前向きな2つの意味、悪いこと ...

詳しく読む

2020/9/20

2020/9.20 更新情報:「悪いうわさ話、陰口を言われたら……最高の切り返し方!」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『悪いうわさ話、陰口を言われたら……最 ...

詳しく読む

2020/9/19

2020/9.19 更新情報:「怒られた人の心理、人はなぜ逆恨みしてしまうのか?」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『怒られた人の心理、人はなぜ逆恨みして ...

詳しく読む

♦更新情報を、メールでお届けします。


 

-成長

Copyright© 軽やかに♪ 心クリック , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.