悩み、落ち込み、気分が晴れるヒントや考え方、お伝えします!

軽やかに♪ 心クリック

ちょっとしたネタ

大勢の人の前で話す、スピーチで緊張する。緊張を和らげる対処法。

投稿日:2020年1月26日 更新日:

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。プレゼン、セミナー、講演、集団での自己紹介や意見の発表など、大勢の人を相手にして話すのは、緊張して当たり前です。僕も緊張が限界を突破して、震えが止まらなくなった経験があります。

 ではなぜ、一人を相手にしている分にはさほどでもないのに、多数を相手にすると、緊張してしまうのでしょうか? その違い、理由が判明すれば、緊張しない方法も見えてきます。

 

大勢の人を前にして、緊張する理由

多数を相手にすると、何が違うのか?

 1対1で話している分には何でもないのに、大勢を相手に話すとなると緊張する。この違いは、どこにあるのでしょうか? このポイントさえ掴めれば、自動的に対処法も見えてきます。

 誰かと話している時、人は半ば無意識に、相手の言外の情報を観察しています。表情、目の輝き、姿勢、動作などから、

・話をどれくらい理解しているのか?
・内容にどれくらいの興味があるのか?
・喜び、怒り、悲しみなど、今の感情は?

 といった情報を感じ取り、合わせて調整をします。理解できていないと思えば、説明を丁寧にしていきますし、理解が十分なら先に進みます。内容に興味がなさそうなら、他の話題に移したり、興味を持たれるように工夫したりします。表現や内容で怒らせたと思ったら、怒りを解くために釈明したり、話題を逸らしたりします。

 どんなに近く親しい人であっても、知識、感覚、価値観などが異なる別の人格です。人間と人間とが、言葉によって必要な情報を正確に伝達し、且つ感情的な対立やわだかまりを起こさせないのは、なかなかに厳しい高度なミッションです。増してやよく知らない相手であるなら、多大な精神的な負荷がかかります。

 ただでさえ精神的な負荷がかかっているのに、その人数が増えたなら、どうでしょうか? 全員に対して同等のサーチを行おうとしたなら、一気にキャパシティを超えてしまいます。これが、大元にある緊張の背景です。

全員を相手にしてはいけない

 たった一人を相手にするだけでも大変な作業を、多数を相手にするのは無理です。しかし大勢を前にして話す経験が浅いと、無意識にそれをやろうとしてしまいます。入ってくる莫大な情報に、意識を向ける先の多さに処理が追い付かず、圧倒されます。

 ですから話し手も、状況に合わせて意識を変える必要があります。主な方向性は、以下の二通りです。

・入ってくる(気にする)情報量を減らす
・意識を向ける先を減らす

 多人数を相手にする緊張を和らげる本筋は、負荷を減らすことだと心得てください。

 

 

 

 

大勢の人を前にしても、潰されない方法

一人だけ作戦

 多くの人を一気に相手にするのが無理なら、その数を減らせば良い。極端に一人だけに絞るのであれば、慣れ親しんだ普通の会話です。他の大勢は、ただ近くにいて、話を聞いているだけです。解ろうと解るまいと、どんな感情になろうと、知ったことではありません。気にしてはいけません。

 では、その一人を誰にすれば良いのでしょうか? 会社のプレゼンであるなら、決定権を持った、もっとも偉い人です。そうした優先順位がなければ、下記の何れかを選んでください。

・肯定的で、リアクションの大きな人
・もっとも理解力の低い人

 肯定的でリアクションの大きな人とは、前のめりの姿勢で興味津々な様子で、首を縦に頷きながら、聞いているようなタイプです。

 一人でもこのような人物がいると、話し手のやりやすさは各段に違います。1対1の会話でも、こういった相手とは、コミュニケーションを取りやすいですよね。こちらは話し手にとって、もっとも負荷のかからない楽な相手です。

 もっとも理解力の低い人は、表情やリアクションで探します。よく理解している人は、眼光がしっかりとして、一つ一つの話が腑に落ちている様子が伝わってきます。逆に理解できていない人は、ポカンとして表情にしまりがなくなります。

 標的を一人に絞ったなら、その人が理解できるように意識をします。理解していないと感じたら、他の表現にしてみる、例え話を使ってみる、と工夫をします。そこは1対1での会話と、同じ要領です。この人が理解できたなら、他の全員が理解している理屈です。

全体の空気を相手にする

 こちらは、出来る人が限られると思います。参考までに、ご覧ください。

 人の精神状態、感情などは、場の空気感を変えます。多数の一人一人に意識を向けられませんが、集合された空気感であれば、話は別です。

 楽しい! 難しくて解らない……、興味津々、飽きてきた、など空気感は多くの情報を伝えてくれます。これに合わせて、話の内容を調整します。

ネガティブな態度の人に潰される

 話し手は、多くの人が臆病です。聞き手の中にネガティブな態度の人がいると、どうしても気になって、話に集中できなくなります。僕も、そうです。

 ネガティブな態度とは、腕や足を組む、しかめっ面、首を振る、首をかしげる、といったものです。話し手としては、退屈なのかな? 納得できないのかな? 否定しているのかな? と、気になります。酷くすれば、しどろもどろになり、その一人に潰されます。

 しかしネガティブな態度とは言っても、何にどうネガティブなのかまでは、話し手には解りません。講演を終えた後に、ネガティブな態度だった人がやって来て、素晴らしかった! と大絶賛してきたという例もあります。

 しかめっ面で首をかしげて、感じ悪いなと思っていたら、実は話の内容を飲み込んで、真剣に考えていただけだったのです。うちの部署でこの理論を使うには、どうすれば良いか? う~ん、田中のモチベーションの低さがネックになるな…… といった思考を巡らせていたなら、そんな態度にもなります。

 いくらネガティブな態度であっても、頭の中までは解りません。自分が否定されているとは限らないのだから、気にし過ぎてはいけません。僕はそういう時には、肯定的でリアクションの大きな人を心の支えにして、乗り切ります。

 

 

 

まとめ

 人は言外の情報をキャッチしながら、話をしています。これには大きな負荷がかかり、大勢の人数を相手には無理です。しかし慣れていないと、1対1と同じ感覚で多数を相手にしようとします。キャパシティを超えて圧倒され、緊張に至ります。

 これを防ぐには、一人だけ作戦が有効です。負荷を減らして、キャパシティ内に収めれば良いのです。

 

 

2022/9/26

自己評価は、自分の言動に対する評価で決まり、その評価が言動をパターン化させる。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。どのような自己評価で生きているかによって、気分は大きく違ってきます。  善良である、悪辣である、優しい、冷たい、品が高い、下品、前向きに頑張れる、後ろ向きで意欲が低い、など、貴方は自分をどう評価していますか?  ポジティブな自己評価をしている人は、それだけで気分よく生きていけます。ネガティブな自己評価であれば、その逆です。  今回の記事は、自己評価を作って気分を上げましょう! という内容です。   自己評価は言動で作られる 自分も、自分の言動を見 ...

詳しく読む

2022/5/11

人はなぜ自殺を選ぶのか? どうすれば自殺を防げるのか?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。人は何故、自殺を選ぶのでしょうか? 自殺するまで追い込まれない為には、どうすれば良いのでしょうか?  個々で様々な事情はありますが、共通するのは精神トーンの問題です。今回の記事は、それら個々の事情に取り組む前に、基本の大枠として知っておくべき内容です。   自殺のリスクが高まる3つの精神状態  人は、どういう時に自殺に至るのか? その精神状態を詳しく知っておくのは、周囲で支える人にとって、決して無駄にはなりません。  一般的に広まっているノウハウ ...

詳しく読む

2022/5/2

『ノストラダムスの大予言』にある人類滅亡は、なぜ信じられ、エンタメ化したのか?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、子供の頃にあった『ノストラダムスの大予言』について、お話しします。  子供の頃、ノストラダムスは日常の一部でした。多くの人が1999年に人類は滅亡すると怖れ、その恐怖と不安が日常に溶け込んでいる、今にして思えば異様な状態でした。  けれどもそこには、人類滅亡シナリオをエンタメとして楽しむ、奇妙な空気も存在していました。   ノストラダムスの大予言は、エンタメとして親しまれた ノストラダムスの大予言、恐怖の大王とは?  ノストラダムスが日本 ...

詳しく読む

2022/4/24

怒りという感情を、精神異常と認識しておくべき理由とは?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、怒りの危険性についてお伝えします。  怒りは、爆発的なエネルギーで危険から逃れるため、精神を屈服させないために、絶対に必要な感情です。しかしその緊急事態に向くという特別性ゆえに、多大な危険性を含んでもいます。   怒りは理性と合理性を損なわせる 何故、怒りは精神異常なのか?  精神異常とはこの場合、理性と合理性の欠如を指します。理性とは、物事を区別する能力です。合理性とは、目的に対する手段の適正さです。ですから精神異常になると、想像と現実 ...

詳しく読む

2022/4/14

感謝をしたくない、ありがとうと言いたくない、という病

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、近頃で目立っている「感謝を否定する」意見について、その根本的な誤りを指摘します。  確かに、感謝は強要されるものではありません。しかし感謝の拒絶は、人間社会の本質への否定になるのです。   「優しさ・親切 ←→ 感謝」というノーコストな交換 社会の本質は、キレイ事ではなく助け合い  人間はなぜ、社会を形成するのでしょうか? 答えは簡単で、助け合うためです。  これはキレイ事ではなく、むしろ社会の本質です。人が一人で生き抜いていくのは、至難 ...

詳しく読む

2021/6/21

更新情報:「頑張るよりも、楽しむ方が優秀に。潜在能力は、楽しんで発揮する。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『頑張るよりも、楽しむ方が優秀に。潜在能力は、楽しんで発揮する。』に、Youtube、雑談講座を加えました。  命の危機に瀕した際の火事場の馬鹿力でさえも、楽しい! が採用されています。 → http://kokoro.click/tanovsgan     ♦更新情報を、メールでお届けします。 Leave Th ...

詳しく読む

2021/6/12

更新情報:「失敗して痛い目に遭った時、思考停止して逃げれば、心の負債になる。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『失敗して痛い目に遭った時、思考停止して逃げれば、心の負債になる。』に、Youtube、雑談講座を加えました。  下手に前向きさが入って正当化されている分、タチが悪い。不合理なルールを見つけ出し、修正しましょう。 → http://kokoro.click/sippaiteisi     ♦更新情報を、メールでお ...

詳しく読む

♦更新情報を、メールでお届けします。


 

-ちょっとしたネタ

Copyright© 軽やかに♪ 心クリック , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.