悩み、落ち込み、気分が晴れるヒントや考え方、お伝えします!

軽やかに♪ 心クリック

怒り ちょっとしたネタ

イライラする時、抑えるにはスピードとリズムを落とせば良い。

投稿日:2019年6月28日 更新日:

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。イライラの正体は、スピードとリズムの遅さに焦れる反応です。怒りとイライラは似ていますが、イライラと表現した時には、必ず遅さへの焦れがあります。

 イライラを抑えるには、二つの方向性があります。僕の妻の買い物に付き合った経験談は、参考になると思います。

 

スピードが遅いから、イライラする

イライラの正体は、遅さへの不満

「イライラ」という表現を選択した時、そこには必ずスピードの遅さへの不満があります。この場合の遅さには、停止の意味も含めてください。

 動作がゆっくりと遅い人を見て、イライラした経験があると思います。逆に機敏で速い人を見ても、イライラとはしませんよね?

 想定する、期待する速度を満たさなかった時、人はイライラするのです。

怒りとイライラとの違い

 怒りとイライラとは、とてもよく似ています。怒りは苦痛への反発ですから、イライラの延長線上での怒りもあります。想定する、期待する速度が満たされない不満という苦痛が強くなり、怒りとして爆発するケースです。

 せっかちで怒りっぽい人は、遅さに耐えきれず、頻繁に爆発します。

欲求不満のイライラ

 欲求不満は、欲求が満たされずに止められている状態です。ですからこれも、遅さへの不満の一種です。

 思い通りにならない、という全般もこの仲間です。他人に過度に期待する人は、イライラしっ放しになりますよね。

誤りへのイライラ

 間違ったものを見ると、正したくなるものです。明らかに間違った話、意見などを聞き続けていると、正したくなる衝動に停止をかけ続けられます。

早口でまくし立てられるイライラ

 まったく真逆に思えるものに、この早口でまくし立てられるイライラがあります。早口で次から次へと意見をされて、その口うるささにイラついた経験は誰でもあると思います。

 実はこれは、自分の意見、反論を止められることへの反応なのです。相手が早口でまくし立てていると、こちらのターンになりません。何か言おうとした機先を制されるので、その度に止められてしまいます。

 

 

 

 

スピード、リズムを落とすとは?

 イライラを抑えるには、二通りの方向性が考えられます。スピードを速めるか、遅くするか、です。

 ダラダラと動いている人、グズグズと言い訳ばかりで要領を得ない人などに、急がせて満足のいくスピード感になれば、イライラは収まる理屈です。自分のことでイライラしたなら、自分でスピードアップすれば済む話です。

 しかし自分がコントロールできない対象については、スピードを上げられません。この場合には、自分の方を遅くしてギャップを無くします。

 以下、実例からご説明していきます。

妻の買い物に、超スローモードで対応

 妻には、他人がどう思うかを、過剰なまでに気にしてしまう癖があります。ですからLINEやメール、学校の先生への一言メッセージなどでも、表現の言い回しを考えるのに多くの時間を使います。

 そんな妻にとって、他人に渡すお土産やプレゼントを選ぶミッションは、場合によってはかなりの難関になります。つい先日は、子供の習い事の先生に渡すプレゼントを考え、有力候補に美味しいジュースの詰め合わせが挙がったものの、「重くなるから、持ち帰るのが大変で迷惑になるかも……」と頓挫して悩んでいました。

 デパートの地下食品売場で、お土産のケーキを選ぼうとした時です。デパ地下では、洋菓子ブランドが群雄割拠で競い合っています。この多大な選択肢を前に、僕は悟ります。「これは、絶対に長く時間がかかる……」と。

 この覚悟を決めた時点で、想定されるスピードを落としています。この覚悟があるかないかだけでも、イライラの度合いは段違いです。

 まずは一通り、全てのショップを見て回ります。その中で良さそうな物に目星をつけて、僕と二人で会議です。見た目、大きさ、ケーキの種類で好みが分かれないもの、など複数の項目をクリアして、その商品が相応しいという結論に至ります。

 しかし僕は、まだこれで決まらないと知っています。ここで決まって購入までの段取りと時間を想定すると、違う行動に出られた時にイラっと来ます。

 すると妻は案の定、もう一度、他の店も見て回りたいと言い始めました。でも、大丈夫です。重々、承知の上です。想定内です。

 一通り回って改めて他のショップと比較してみて、やはり目を付けた有力候補の物が良いだろうと結論に至りました。しかしまだ、油断は出来ません。近所には、他のデパートがいくつかあります。他のデパートも見てみたいと言い始める可能性は、まだ残されています。

 幸運にもその分岐には行かず、何とかお土産のケーキを選んで購入できました。

 

 

 この時の僕の思考は、こんな感じです。「そうだねー、全部、回って見てみたいよねー。わかるよー」、「これが良さそうだけど、じっくりと考えたいよねー、うん、わかるよー、じっくりと考えようねー」、「そっかー、やっぱり他のお店も気になるよねー、うん、わかった、もう一度、見てみようねー」

 誤解のないように言っておきますが、これは決して、馬鹿にしているわけではありません。これくらいリズムをゆっくりにして、丁度良いということです。妻はこんな思考スピードではなく、ああだこうだと超高速で考えを巡らし続けています。

 僕はこの手の買い物は、即断即決の方です。なぜなら最終的な評価は、実際に食べてみなければ解りません。それが出来ない状況で、考え続けるのは無駄だと思うからです。またデパートに出店しているくらいですから、ある程度以上のレベルであるのは保証されています。あとは食べた本人の好み次第となれば、良さそうな物をパッと買う方が良いだろうと思います。

 この自分の感覚で、妻に付き合っていたら大変なことになります。僕はイライラしっ放しで、早々に「もう、さっさと決めようよ!」という気分になるでしょう。(妻との力関係があるので、強くは出ませんが……)

 相手に合わせて、こちらのリズムとスピードを落とす。イライラする機会の多い人は、これにチャレンジしてみてください。

 

 

 

まとめ

 イライラの正体は、スピード感のズレです。スピードを速めるか、想定するスピードを落とすか、対処法はこの二通りです。

 お子さんに対して、思うようにいかないとイライラするのも、やはりこれです。お子さんは知識もまだ蓄えていないので、簡単なことでも、多くのことを考えなければならないのです。その機会が重要なので、ゆったりと待ってあげましょう。

 スピードを落とすコツは、個人的には「そうだねー、うん、わかるよー」といった、ゆったり言葉です。お試しください。

 

Youtube、記事動画

 この記事の内容を、動画でもお伝えしています。ただ記事はリライトされる事があるので、若干、内容が異なる場合もございます。

Youtube、雑談講座

 この記事の内容を元に、雑談を交えたフリートークです。台本なしのワンテイクです。

 

 

2022/9/26

自己評価は、自分の言動に対する評価で決まり、その評価が言動をパターン化させる。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。どのような自己評価で生きているかによって、気分は大きく違ってきます。  善良である、悪辣である、優しい、冷たい、品が高い、下品、前向きに頑張れる、後ろ向きで意欲が低い、など、貴方は自分をどう評価していますか?  ポジティブな自己評価をしている人は、それだけで気分よく生きていけます。ネガティブな自己評価であれば、その逆です。  今回の記事は、自己評価を作って気分を上げましょう! という内容です。   自己評価は言動で作られる 自分も、自分の言動を見 ...

詳しく読む

2022/5/11

人はなぜ自殺を選ぶのか? どうすれば自殺を防げるのか?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。人は何故、自殺を選ぶのでしょうか? 自殺するまで追い込まれない為には、どうすれば良いのでしょうか?  個々で様々な事情はありますが、共通するのは精神トーンの問題です。今回の記事は、それら個々の事情に取り組む前に、基本の大枠として知っておくべき内容です。   自殺のリスクが高まる3つの精神状態  人は、どういう時に自殺に至るのか? その精神状態を詳しく知っておくのは、周囲で支える人にとって、決して無駄にはなりません。  一般的に広まっているノウハウ ...

詳しく読む

2022/5/2

『ノストラダムスの大予言』にある人類滅亡は、なぜ信じられ、エンタメ化したのか?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、子供の頃にあった『ノストラダムスの大予言』について、お話しします。  子供の頃、ノストラダムスは日常の一部でした。多くの人が1999年に人類は滅亡すると怖れ、その恐怖と不安が日常に溶け込んでいる、今にして思えば異様な状態でした。  けれどもそこには、人類滅亡シナリオをエンタメとして楽しむ、奇妙な空気も存在していました。   ノストラダムスの大予言は、エンタメとして親しまれた ノストラダムスの大予言、恐怖の大王とは?  ノストラダムスが日本 ...

詳しく読む

2022/4/24

怒りという感情を、精神異常と認識しておくべき理由とは?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、怒りの危険性についてお伝えします。  怒りは、爆発的なエネルギーで危険から逃れるため、精神を屈服させないために、絶対に必要な感情です。しかしその緊急事態に向くという特別性ゆえに、多大な危険性を含んでもいます。   怒りは理性と合理性を損なわせる 何故、怒りは精神異常なのか?  精神異常とはこの場合、理性と合理性の欠如を指します。理性とは、物事を区別する能力です。合理性とは、目的に対する手段の適正さです。ですから精神異常になると、想像と現実 ...

詳しく読む

2022/4/14

感謝をしたくない、ありがとうと言いたくない、という病

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、近頃で目立っている「感謝を否定する」意見について、その根本的な誤りを指摘します。  確かに、感謝は強要されるものではありません。しかし感謝の拒絶は、人間社会の本質への否定になるのです。   「優しさ・親切 ←→ 感謝」というノーコストな交換 社会の本質は、キレイ事ではなく助け合い  人間はなぜ、社会を形成するのでしょうか? 答えは簡単で、助け合うためです。  これはキレイ事ではなく、むしろ社会の本質です。人が一人で生き抜いていくのは、至難 ...

詳しく読む

2021/6/21

更新情報:「頑張るよりも、楽しむ方が優秀に。潜在能力は、楽しんで発揮する。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『頑張るよりも、楽しむ方が優秀に。潜在能力は、楽しんで発揮する。』に、Youtube、雑談講座を加えました。  命の危機に瀕した際の火事場の馬鹿力でさえも、楽しい! が採用されています。 → http://kokoro.click/tanovsgan     ♦更新情報を、メールでお届けします。 Leave Th ...

詳しく読む

2021/6/12

更新情報:「失敗して痛い目に遭った時、思考停止して逃げれば、心の負債になる。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『失敗して痛い目に遭った時、思考停止して逃げれば、心の負債になる。』に、Youtube、雑談講座を加えました。  下手に前向きさが入って正当化されている分、タチが悪い。不合理なルールを見つけ出し、修正しましょう。 → http://kokoro.click/sippaiteisi     ♦更新情報を、メールでお ...

詳しく読む

 

♦更新情報をメールでお知らせします。


 

-怒り, ちょっとしたネタ

Copyright© 軽やかに♪ 心クリック , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.