悩み、落ち込み、気分が晴れるヒントや考え方、お伝えします!

軽やかに♪ 心クリック

人間関係

訳も解らず他人を怒らせてしまいがちな人の特徴と、解決の仕方。

投稿日:2019年11月13日 更新日:

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。訳も解らずに他人を怒らせてしまう、あなたにそんな傾向はないでしょうか? 特定の個人であるなら、おそらくはその人の反応に問題があります。しかし多数の傾向であるなら、怒らせてしまう人に、何らかの原因があります。

 今回の記事は、訳も解らずに他人を怒らせてしまう人の原因、解決の仕方をお伝えします。

 

人はどのような時に怒るのか? その解決の仕方

怒りは、心の防衛反応

 このテーマを扱うには、怒りを整理しておく必要性があります。人はなぜ、どのような時に怒るのでしょうか?

 怒りは、攻撃性、破壊の衝動です。何かしらの危機を感じた時、身を守るために怒りが生じます。現実的な危機でなくとも、嫌だと感じれば、この怒りの防衛は発動します。

 次に、何に嫌悪するのか? が問題になります。一般的なものを列挙しますので、ご自身の経験と照らし合わせ、考えてみてください。

侮辱、笑い者にする

 訳も解らず、無自覚に他人を侮辱してしまうケースは、あまり考えられません。しかし冗談としてなら、あまりに多くを見聞きします。

 例えば、肥満体型、薄くなった頭髪、収入の低さ、胸のサイズの小ささ、短足、体臭、厚化粧、居住地・出身地、学歴など、どれもその場面が記憶にあると思います。

 ちょっとしたイジリのつもりが、想定外に相手のダメージとなり、怒りを呼ぶケースです。

解決の仕方

 他人を下げなくても、笑いは取れます。あえてリスクを犯して、他人イジリをする必要はありません。この種類の笑いを、完全に封印してください。

 中には、傷つける、怒らせるラインを踏み越えずに笑いを取れる達人もいるでしょう。しかしそのような芸当を、誰もが真似できはしません。感覚に優れたごく一部の例外に過ぎず、あなたは大多数の凡人か、それ以下のかなり鈍い側であると自認しましょう。

自慢、見下す

 承認欲求が強いと、ついつい自慢話を披露したくなります。この欲求自体は自然なものですが、他人の自慢話を嫌うのもまた、自然なものです。愚痴や相談などに偽装した自慢も、見破られると思ってください。

 また直接的に自慢はしていなくても、自らを驕(おご)って高慢になっている者は、鼻につきます。

解決の仕方

 自慢、武勇伝の類は禁止です。自分にとって当たり前でも、相手からすれば自慢と取られるケースも多くあります。相手の現状、立場などをよく考えて、羨ましいと思われそうなものは話題から外します。

 高慢な精神状態にあるなら、それは人間としての小ささを示しています。何に優れていようとも、それだけで台無しです。

否定、貶す

 他人の言動の中に間違いを見つけると、正したくなります。間違いには、大きく分けて3種類があります。善悪、美醜、事実関係、です。

 例えば、子供の前でタバコを吸うのは、善悪です。食事のマナー違反は、美醜です。事実関係は、単純に事実の誤認です。

 他人の間違いに厳しい人は、ちょっとした間違いであっても正そうとします。それでは、嫌がられて、煙たがられて当然です。

解決の仕方

 あらゆる間違いをスルーするのは、社会の在り方として、また違います。特に善悪については、大きな間違いはスルーすべきではありません。

 ただしその物申す機会があまりに多いなら、自分の感覚のズレを疑いましょう。誰もあなたの考えに教えを請い、従おうとは思っていません。

 ちょっとした事でぶつかり合っていては、関係は成立しません。例えば「これは許せない」という上位20%はさすがに言うようにして、あとはスルーする。といったルールを作ってみてください。

不真面目な態度

 ニヤニヤとした顔、軽い言葉使い、髪をいじる、タバコを吸う、ガムを噛む、スマホをいじる、テレビを観る、などは、真剣に話をしている人からすれば、馬鹿にされているように感じます。

 ただ聞く側からすれば、必ずしもその意図はありません。話は話でちゃんと聞いているので、それで良いだろうと考えています。

解決の仕方

 自分の基準でどうか、は捨ててください。世間一般的に失礼に当たるというなら、その基準に合わせましょう。

 いつかどこかで、他人と争わなければならない時は来ます。このような重要とは言えない場面で、無駄にエネルギーを消費する必要はありません。 

無責任、自己正当化

 責任感の薄さ、自分への甘さは、古今東西で嫌悪の的にされています。子供が産まれたのに、自分の遊びや楽しみが優先。怠けて、仕事の質が低い。このような人物は、嫌悪されて当たり前です。

 もしも通用しているなら、人当たりの良さなどでカバーされているだけです。それ自体は肯定されていません。

解決の仕方

「これくらいは許される」という基準、感覚のズレが根底にあります。一般的な他人様は、より厳しいラインに設定があります。

 自分の基準よりも、思い切って厳しめにラインを設定してください。そこを基準に、言動を整えます。

悪口

 他人の悪口は、大いに盛り上がる人気コンテンツです。しかし悪口が過ぎれば、言った者への評価を下げる結果になります。

 真面目に問題について話し合うことに偽装しても、同じです。多少は誤魔化せるでしょうが、過ぎれば見破られます。

 言い方、表現ではなく、他人をマイナス評価したら悪口だと考えてください。

解決の仕方

 他人のマイナス評価は、一切しない。というくらいに、振り切って改めてください。

 もしも悪口を言わなければ気が済まないなら、それは自分自身の精神状態の方に問題を抱えています。

解り切った正論

 冗談が通じないタイプです。解り切った正論を言って、場を白けさせます。例えば、テレビのクイズ番組を観て、「自分が出場したら、トップになれた」と言ったとします。それに対して、「出場するのと、テレビで気楽に観るのとではプレッシャーが違うから、それは解らないよ」などと言うのは無粋です。

 気軽に会話を楽しみたい時に、解り切った正論は邪魔です。

解決の仕方

 明らかに間違っていても、スルーします。冗談が通じないタイプなので、それを見分けるべきとは言いません。ですから間違っていても、突っ込まずにスルーです。

遅い

 話が要領を得ずに遅い、モタモタしていると、イラつかせてしまいます。内容云々ではなく、スピードの遅さだけで嫌がられます。

解決の仕方

 アガッてしまう、頭の回転速度などの問題で、スピード感には個人差があります。無理に速度を上げようとせず、その分は誠実な態度、相手への尊重などの要素でカバーするようにしましょう。 

地雷

 人には、多かれ少なかれ、心に傷があります。特定の何かがトリガーになり、怒りを買ってしまうのは避けようがありません。

解決の仕方

 予期せぬ地雷を踏んでしまうのは、事故と同じです。相手が過剰反応して怒ってしまったなら、自分は悪くなくても、謝りましょう。相手が正しいから謝るのではなく、優しさや思いやりで謝るのです。

 それで関係が壊れるようなら、もう相手にしなくても良いです。仕方ありません。

 

 

 

無自覚に怒らせる人は、基準が違っている

自分は普通ではないと自覚する

 ここまで読まれてきて、ある共通点に気付かれたでしょうか? 無自覚に怒らせてしまう人は、基準が違うのです。しかしその事実に気付かず、「自分は普通だ」と信じて疑いなく、ありのままで振る舞って溝を作ってしまいます。

 そのせいで、訳も解らずに他人を怒らせてしまう事もしばしば……。このような人物は、自分の感覚や基準を頼りには出来ないと知ってください。それだけで、大きな前進になります。

 

 

 

まとめ

 訳も解らず他人を怒らせてしまう人は、どこかで基準が違います。こうした項目を気を付けていて尚、上手く行かない場合もあります。

 感覚で判断できないのなら、余裕をもって安全圏から出ない。他人が気分を害している、怒っている様子から、情報を集めて傾向をつかんでおく。といった対応でカバーすれば良いのです。

 

 

2022/9/26

自己評価は、自分の言動に対する評価で決まり、その評価が言動をパターン化させる。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。どのような自己評価で生きているかによって、気分は大きく違ってきます。  善良である、悪辣である、優しい、冷たい、品が高い、下品、前向きに頑張れる、後ろ向きで意欲が低い、など、貴方は自分をどう評価していますか?  ポジティブな自己評価をしている人は、それだけで気分よく生きていけます。ネガティブな自己評価であれば、その逆です。  今回の記事は、自己評価を作って気分を上げましょう! という内容です。   自己評価は言動で作られる 自分も、自分の言動を見 ...

詳しく読む

2022/5/11

人はなぜ自殺を選ぶのか? どうすれば自殺を防げるのか?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。人は何故、自殺を選ぶのでしょうか? 自殺するまで追い込まれない為には、どうすれば良いのでしょうか?  個々で様々な事情はありますが、共通するのは精神トーンの問題です。今回の記事は、それら個々の事情に取り組む前に、基本の大枠として知っておくべき内容です。   自殺のリスクが高まる3つの精神状態  人は、どういう時に自殺に至るのか? その精神状態を詳しく知っておくのは、周囲で支える人にとって、決して無駄にはなりません。  一般的に広まっているノウハウ ...

詳しく読む

2022/5/2

『ノストラダムスの大予言』にある人類滅亡は、なぜ信じられ、エンタメ化したのか?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、子供の頃にあった『ノストラダムスの大予言』について、お話しします。  子供の頃、ノストラダムスは日常の一部でした。多くの人が1999年に人類は滅亡すると怖れ、その恐怖と不安が日常に溶け込んでいる、今にして思えば異様な状態でした。  けれどもそこには、人類滅亡シナリオをエンタメとして楽しむ、奇妙な空気も存在していました。   ノストラダムスの大予言は、エンタメとして親しまれた ノストラダムスの大予言、恐怖の大王とは?  ノストラダムスが日本 ...

詳しく読む

2022/4/24

怒りという感情を、精神異常と認識しておくべき理由とは?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、怒りの危険性についてお伝えします。  怒りは、爆発的なエネルギーで危険から逃れるため、精神を屈服させないために、絶対に必要な感情です。しかしその緊急事態に向くという特別性ゆえに、多大な危険性を含んでもいます。   怒りは理性と合理性を損なわせる 何故、怒りは精神異常なのか?  精神異常とはこの場合、理性と合理性の欠如を指します。理性とは、物事を区別する能力です。合理性とは、目的に対する手段の適正さです。ですから精神異常になると、想像と現実 ...

詳しく読む

2022/4/14

感謝をしたくない、ありがとうと言いたくない、という病

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、近頃で目立っている「感謝を否定する」意見について、その根本的な誤りを指摘します。  確かに、感謝は強要されるものではありません。しかし感謝の拒絶は、人間社会の本質への否定になるのです。   「優しさ・親切 ←→ 感謝」というノーコストな交換 社会の本質は、キレイ事ではなく助け合い  人間はなぜ、社会を形成するのでしょうか? 答えは簡単で、助け合うためです。  これはキレイ事ではなく、むしろ社会の本質です。人が一人で生き抜いていくのは、至難 ...

詳しく読む

2021/6/21

更新情報:「頑張るよりも、楽しむ方が優秀に。潜在能力は、楽しんで発揮する。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『頑張るよりも、楽しむ方が優秀に。潜在能力は、楽しんで発揮する。』に、Youtube、雑談講座を加えました。  命の危機に瀕した際の火事場の馬鹿力でさえも、楽しい! が採用されています。 → http://kokoro.click/tanovsgan     ♦更新情報を、メールでお届けします。 Leave Th ...

詳しく読む

2021/6/12

更新情報:「失敗して痛い目に遭った時、思考停止して逃げれば、心の負債になる。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『失敗して痛い目に遭った時、思考停止して逃げれば、心の負債になる。』に、Youtube、雑談講座を加えました。  下手に前向きさが入って正当化されている分、タチが悪い。不合理なルールを見つけ出し、修正しましょう。 → http://kokoro.click/sippaiteisi     ♦更新情報を、メールでお ...

詳しく読む

♦更新情報を、メールでお届けします。


 

-人間関係

Copyright© 軽やかに♪ 心クリック , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.