悩み、落ち込み、気分が晴れるヒントや考え方、お伝えします!

軽やかに♪ 心クリック

人間関係 頭を良くする

善悪の「悪」と、「落ち度がある」との区別をつけられない理由。

投稿日:2019年12月27日 更新日:

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。人と人とのコミュニケーションの難しさは、皆さんも重々に、承知しているでしょう。意図していない解釈をされ、批判される、悪く思われる、などのトラブルは避けたいものです。

 そうした中に、この「悪」と「落ち度がある」があります。落ち度は、それ自体は善悪の悪を意味しません。しかし、落ち度=悪と言ったと反射的に誤解する人達がいます。

 なぜ、そのような事態が起こっているのか? どうすればこの状況を解消できるのかをお伝えします。

 

善悪と、因果関係とを混同する

悪い、という言葉の罪深さ

 悪いを辞書で引くと、善悪の意味の他に、質や程度が低いという意味があります。

『人の行動・性質や事物の状態などが水準より劣っているさま。』(デジタル大辞泉)

 例えば、「体調が悪い」、「機械の調子が悪い」、「モニターの画質が悪い」などと表現した時に、誰も善悪での悪を意味しているとは解釈しません。

 改めて確認してみると、「悪い」という表現は、ネガティブな評価全般を意味しており、その中に善悪での悪も含まれています。

 しかし状況も何もなく、ただ「悪い」とだけ表現した時、体調や機械の調子などに使われる意味を思い浮かべる人は、稀ではないでしょうか。大多数の人が、まずは善悪の悪の方を意識すると思います。

 このように「悪い」という表現は、善悪の評価に、より強く意味を置いていると理解できます。体調や機械などで使う分には、質や程度の話をしているのだなと迷いなく察せられます。しかし少しでも善悪の意味が有り得るなら、そちらに解釈が寄せられる傾向があります。

 これが悪いという表現が持つ不具合であり、日本語表現の中にある欠陥とも言えます。

いじめ問題に見る、いじめられる側も悪い

 批判され、近年では封じられつつある印象がありますが、「いじめられる方も悪い」という発言があります。

 善悪で言うなら、いじめられる側は悪くありません。勿論、嘘を吐く、悪口を言う、何かを盗む、などの原因があるなら、それは悪いと位置づけるのが自然です。しかし多くのいじめられる側は、大人しい、外見や動作で嗜虐心を刺激する、コミュニケーションが下手、といった善悪とは無関係の理由でターゲットにされています。

 こうした要素は、いじめられる原因ではありますが、決して善悪での悪ではありません。しかし「いじめられる方も悪い」と言った時に、明確な判別は難しくなります。ただ単に原因や理由というだけの意味かもしれないし、善悪での悪を含んでいる場合も考えられます。

 世の中には、いじめを自然災害のようなイメージで語る人たちがいます。人間が集まれば、必ずいじめは起こる。対策を怠って被害を受けたなら、その人物が悪い。善悪の悪という意味を含んで、被害者自身が悪いと位置づけます。弱さは、もはや悪という感覚です。

 ただ「原因がある」という意味を表現する時に、必ずしも「悪い」を使う必要はありません。そのまま「原因がある」と言えば済む話です。こうした選択肢からあえて「悪い」を取るのであれば、そこには、多少なりとも善悪の悪のニュアンスが含まれているものです。

善悪で判断する他を、教えられなかった

 自分が子供の頃を思い返してみると、実に気軽に「悪い」が使われていました。授業中に眠いのは、早く寝ないのが悪い。先生に誤解させたのは、説明が足りなかったのが悪い。といった具合に、意識の低さやちょっとした不注意、怠けなど、広範囲に善悪の悪が適用されていました。

 子供社会に限らず、現状の日本を見ると、この状況にほとんど変化は見られません。善悪の悪と位置付けるのは大袈裟なものまで、悪と位置付けられて表現されています。

 小さな子供に、複雑な判断はできません。早い段階で、善と悪の概念が伝えられます。悪いことをすれば叱られ、修正を求められます。その繰り返しで、善悪を判定するパターン、社会性を身に付けていきます。その中に、善悪の悪と位置付けるには大袈裟な、違和感のある、見当ちがいのものも含まれています。

 すると、あらゆる過失や落ち度は、悪と位置付けられます。このような概念の枠組みの不明瞭さから脱する機会は、社会側からは用意されていません。複雑な思考ができる年齢になったら、学校の授業で習うというカリキュラムもなく、放ったらかしです。

 どこかで気付いてその区別をつけるのか、それとも曖昧さの中に居続けるのか、完全に個人に任せています。気付いた個人にとって、それは当たり前です。特に勉強したわけでもなく、自然とそこに立っていたからです。まさか気付かずに曖昧さの中で暮らす人たちがいるとは、思いも寄りません。 

中野区議、吉田康一郎氏の落ち度発言

 この現象が顕著になった、解りやすい出来事があります。中野区議である吉田氏が、このような発言をしたのです。先日、このブログでも取り上げた伊藤詩織さんの事件についてのツイートです。

 落ち度という表現がされており、事態は紛糾しました。なぜ、伊藤詩織さんが悪いのか!? 性犯罪者は悪くないと庇うのか!? と、吉田氏への激しい批判が吹き荒れました。

 例えば、こちらは名前を伏せますが、このようなものです。善悪の悪と、落ち度とを、ごっちゃにしている様子が伝わると思います。

 しかし吉田氏の発言内容を見れば、落ち度とは言っていますが、悪いとは言っていません。落ち度とは、不注意や失敗を意味する言葉で、必ずしも悪のニュアンスは含みません。悪のニュアンスを含む場合も有り得ますが、あえて落ち度と表現した時には、含まれない方が多いように思えます。

 少々、余談ですし、細かい話になりますが、悪を対象に落ち度と使った場合には、悪の印象を和らげる意識があるのが通常です。

 こうして考えてみても、伊藤さんを悪と位置付けていると捉えるのには、かなり無理があります。

 

 

 

 

「悪」と「落ち度がある」を整理する

善悪と因果律とを、区別しよう

 悪、過失、落ち度、原因、これらの概念の曖昧さから脱すれば、物事を適確に判定できるようになります。

 焦点を当ててしまえば、さほど難しい話でもありません。善悪と因果律(原因と結果)とを、区別すれば良いのです。

 鍵をかけ忘れたから、空き巣に入られた。といった時に、鍵をかけ忘れたのは原因ですが、悪ではありません。悪は、空き巣です。運転中にスマホをいじって、交通事故を起こした。のなら、運転中のスマホは原因であり、悪とも判定できます。

 悪の判定は、悪意があるなら問答無用に悪。悪意はなくても、過失が重大であるなら、その程度に応じて悪。ただし被害者が自分であれば、重過失であっても悪ではない。このように、改めて整理をして、一つ一つのケースで検証してみてください。

 

 

 

まとめ

 単純な善か悪かの基準で教育されているため、悪と過失、落ち度、原因との区別をつけられない人達がいます。彼らは、原因や落ち度に言及しただけで、悪と言ったと解釈します。

 善悪と因果律との違いに焦点を当てて、整理しましょう。

 

 

2022/9/26

自己評価は、自分の言動に対する評価で決まり、その評価が言動をパターン化させる。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。どのような自己評価で生きているかによって、気分は大きく違ってきます。  善良である、悪辣である、優しい、冷たい、品が高い、下品、前向きに頑張れる、後ろ向きで意欲が低い、など、貴方は自分をどう評価していますか?  ポジティブな自己評価をしている人は、それだけで気分よく生きていけます。ネガティブな自己評価であれば、その逆です。  今回の記事は、自己評価を作って気分を上げましょう! という内容です。   自己評価は言動で作られる 自分も、自分の言動を見 ...

詳しく読む

2022/5/11

人はなぜ自殺を選ぶのか? どうすれば自殺を防げるのか?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。人は何故、自殺を選ぶのでしょうか? 自殺するまで追い込まれない為には、どうすれば良いのでしょうか?  個々で様々な事情はありますが、共通するのは精神トーンの問題です。今回の記事は、それら個々の事情に取り組む前に、基本の大枠として知っておくべき内容です。   自殺のリスクが高まる3つの精神状態  人は、どういう時に自殺に至るのか? その精神状態を詳しく知っておくのは、周囲で支える人にとって、決して無駄にはなりません。  一般的に広まっているノウハウ ...

詳しく読む

2022/5/2

『ノストラダムスの大予言』にある人類滅亡は、なぜ信じられ、エンタメ化したのか?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、子供の頃にあった『ノストラダムスの大予言』について、お話しします。  子供の頃、ノストラダムスは日常の一部でした。多くの人が1999年に人類は滅亡すると怖れ、その恐怖と不安が日常に溶け込んでいる、今にして思えば異様な状態でした。  けれどもそこには、人類滅亡シナリオをエンタメとして楽しむ、奇妙な空気も存在していました。   ノストラダムスの大予言は、エンタメとして親しまれた ノストラダムスの大予言、恐怖の大王とは?  ノストラダムスが日本 ...

詳しく読む

2022/4/24

怒りという感情を、精神異常と認識しておくべき理由とは?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、怒りの危険性についてお伝えします。  怒りは、爆発的なエネルギーで危険から逃れるため、精神を屈服させないために、絶対に必要な感情です。しかしその緊急事態に向くという特別性ゆえに、多大な危険性を含んでもいます。   怒りは理性と合理性を損なわせる 何故、怒りは精神異常なのか?  精神異常とはこの場合、理性と合理性の欠如を指します。理性とは、物事を区別する能力です。合理性とは、目的に対する手段の適正さです。ですから精神異常になると、想像と現実 ...

詳しく読む

2022/4/14

感謝をしたくない、ありがとうと言いたくない、という病

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、近頃で目立っている「感謝を否定する」意見について、その根本的な誤りを指摘します。  確かに、感謝は強要されるものではありません。しかし感謝の拒絶は、人間社会の本質への否定になるのです。   「優しさ・親切 ←→ 感謝」というノーコストな交換 社会の本質は、キレイ事ではなく助け合い  人間はなぜ、社会を形成するのでしょうか? 答えは簡単で、助け合うためです。  これはキレイ事ではなく、むしろ社会の本質です。人が一人で生き抜いていくのは、至難 ...

詳しく読む

2021/6/21

更新情報:「頑張るよりも、楽しむ方が優秀に。潜在能力は、楽しんで発揮する。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『頑張るよりも、楽しむ方が優秀に。潜在能力は、楽しんで発揮する。』に、Youtube、雑談講座を加えました。  命の危機に瀕した際の火事場の馬鹿力でさえも、楽しい! が採用されています。 → http://kokoro.click/tanovsgan     ♦更新情報を、メールでお届けします。 Leave Th ...

詳しく読む

2021/6/12

更新情報:「失敗して痛い目に遭った時、思考停止して逃げれば、心の負債になる。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『失敗して痛い目に遭った時、思考停止して逃げれば、心の負債になる。』に、Youtube、雑談講座を加えました。  下手に前向きさが入って正当化されている分、タチが悪い。不合理なルールを見つけ出し、修正しましょう。 → http://kokoro.click/sippaiteisi     ♦更新情報を、メールでお ...

詳しく読む

♦更新情報を、メールでお届けします。


 

-人間関係, 頭を良くする

Copyright© 軽やかに♪ 心クリック , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.