悩み、落ち込み、気分が晴れるヒントや考え方、お伝えします!

軽やかに♪ 心クリック

人間関係 成長

自慢しないと死ぬ病気なの? 自慢せずにはいられない人の心理。

投稿日:2019年6月19日 更新日:

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。自慢をしたくなるのは、人の避けられない性です。しかし自慢ばかりでは、間違いなく疎まれます。そこで自慢ではないものに見せかける、偽装自慢も横行していますが、ほとんど通用しません。

 自慢せずにはいられない人の心理を理解して、コントロール下に置きましょう。

 

人はなぜ、自慢をするのか?

凄い! と思われたい

 多くの人には、凄いと思われたい欲求があります。優越感に浸るのも、自尊心が満たされるのも良い気分です。また称賛そのものが、人の精神にとって大好物です。

 他人に優位に立てれば、生存の可能性が高まります。いえ高度に文明化された秩序のある社会であれば、優位だろうか劣位であろうが、生き死にの話にはなりません。しかし生き物として刻み込まれている本能が、そうジャッジするのです。

 優位に立った時、精神は高揚と安定を見せます。逆に劣位になれば、焦りと恐怖が襲ってきます。

 他人から凄い! と思われたいのは、人として普通にある習性です。これ自体を否定しても意味はありません。

自慢が嫌われるのも、当然

 優位も劣位も人と比べて、相対的なものです。ですから優位に立つ人がいれば、劣位に立たされる人もいます。

 自慢される側は、基本的に劣位に立たされるわけですから、良い気はしません。自慢が嫌われるのは当然です。

劣等感の裏返し……とは限らない

 よく「自慢をしたがる人は、劣等感の裏返しだ」と言う人がいます。勿論、劣等感の裏返しという解りやすいケースも多いですが、意外にもそうとは限りません。

 劣等感など関係なく、世の中には人の上に立っていないと気が済まない人達がいます。自慢の本質は、生存の可能性を引き上げようとする衝動です。ゆとりを持って優位に立っていないと、不安で耐えられないタイプです。劣等感が云々ではなく、ただ上にいないと気が済まないのです。

ホラ吹き

 自慢話は、その場で優位に立っている状況そのものが目的です。ですからその根拠が、事実である必要はありません。

 嘘であろうと、過剰に盛っていようと、その場で凄いと思われれば良いのです。

余計に嫌われる、偽装自慢の数々

 直接的な自慢は嫌われるということで、悪知恵の働く人は自慢を偽装しにかかります。

・愚痴 → 実は自慢
・本題ではない周辺情報に自慢
・凄い人の話 → そんな凄い人と知り合いの自分って、凄いでしょ?

 といった辺りは、皆さんにとっても、あるあるではないでしょうか。「本題ではない周辺情報に自慢」で、インスタの写り込みが話題になりました。「今、カフェでお茶にしてまーす!(高級ブランド品がチラリ)」みたいなものですね。

 こうした偽装は、必ず見透かされていると思ってください。自慢したい人のメンタリティは、言動の端々にそのサインを出しています。同類はその行為を、決して見逃してはくれません。なぜなら、同類だからです。

 勿論、偽装が通用する層もあります。ただそういう人たちの多くは、そもそも隠された要素を凄いと思ってくれないので、自慢部分も伝わっていないのですが……。

偉い人にモテた自慢を延々と聞かされた経験

 このテーマで思い出されるのは、酒の席で延々とモテ自慢を聞かされ続けた経験です。その女性は、大企業の偉い人にモテた、芸能界の凄い人にモテた、という話を延々と続けます。しかも全部、迷惑だからフッたという安定のオチです。

 酒の席でそういう話もしたいでしょうから、少しくらいなら微笑ましい気持ちで付き合います。しかし1時間以上も、何の笑いもなしに、聞き続けるのは苦痛でした。

 僕はその会の主催者でしたので、まったく喋っていない人に話を振って、全員が参加できるように気を配ります。その女性も最初は大人しく聞いているのですが、隙を見て話の主導権を奪い、また自分がモテた話に戻してしまいます。

 これを2度、繰り返された時点で、すっかり参ってしまいました。「まったくモテないとは思わないけれど、だからといって、そこまでの女性かな……?」という微妙な空気の中、独壇場は続きました。

 よほど自慢をしなければならない事情が、心の中にあったのでしょう。

 

 

 

 

自慢したい欲求を、どうすれば良いのか?

正しい自慢の作法

 嬉しくて、どうしても伝えずにはいられない! そんな出来事もあるでしょう。そういった時には変に偽装せず、正々堂々と短時間でスパッと自慢をしましょう。

「聞いて! 聞いて! 英検1級に合格したの!」

 気心の知れた仲で、こんな風に屈託なく自慢されたら、普通は嫌な気分にはなりません。ほとんどの人が、素直に祝福してくれるでしょう。

 喜びを表現するのと、人の上に立とうとするのとでは、意識が違います。自慢が嫌がられるのは、内容に対してというよりも、その意識に反応するからです。

自慢している暇があるなら頑張れば良い

 それでも自慢して優越したい誘惑を抑えきれないという人は、エネルギーを頑張る方に向けてください。

 本当に何かで凄くなってしまえば、自慢などしなくても、周囲から「凄い!」と言ってもらえる機会が自ずと増えます。

凄い人が謙虚な理由

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」という言葉があります。凄い人ほど、謙虚さを持っているという事です。

 凄い人は自分から自慢しなくても、周囲が称賛してくれます。謙遜するのに忙しくて、自慢するどころではありません。また凄い人は、向上心を持って頑張っているから、そのポジションにいます。常に向上心を持って上を見ていれば、やはり自慢する気にはなれません。

その場で優越しても損をするだけ

 最後に、これは覚えておいてください。自慢話で優越しても、ただそれだけです。

 自慢話で嫌われはしても、好かれはしません。その場で優越して良い気分を味わえた代償として、自分の立場を悪くします。

 損をするだけなので、欲求は抑えましょう。未練がましく偽装自慢をするのは、さらにご法度です。バレて、余計に疎まれます。そのエネルギーを、向上心に変えて頑張りましょう。

 

 

 

まとめ

 優越したくなるのは人の性ですが、人間社会は理性で成り立っています。生き物としての性を全て解放したなら、社会は成り立ちません。

 自慢話も、そういったものの一つとして捉えておくと良いでしょう。

 

Youtube、記事動画

 この記事の内容を、動画でもお伝えしています。ただ記事はリライトされる事があるので、若干、内容が異なる場合もございます。

Youtube、雑談講座

 この記事の内容を元に、雑談を交えたフリートークです。台本なしのワンテイクです。

 

 

2022/9/26

自己評価は、自分の言動に対する評価で決まり、その評価が言動をパターン化させる。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。どのような自己評価で生きているかによって、気分は大きく違ってきます。  善良である、悪辣である、優しい、冷たい、品が高い、下品、前向きに頑張れる、後ろ向きで意欲が低い、など、貴方は自分をどう評価していますか?  ポジティブな自己評価をしている人は、それだけで気分よく生きていけます。ネガティブな自己評価であれば、その逆です。  今回の記事は、自己評価を作って気分を上げましょう! という内容です。   自己評価は言動で作られる 自分も、自分の言動を見 ...

詳しく読む

2022/5/11

人はなぜ自殺を選ぶのか? どうすれば自殺を防げるのか?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。人は何故、自殺を選ぶのでしょうか? 自殺するまで追い込まれない為には、どうすれば良いのでしょうか?  個々で様々な事情はありますが、共通するのは精神トーンの問題です。今回の記事は、それら個々の事情に取り組む前に、基本の大枠として知っておくべき内容です。   自殺のリスクが高まる3つの精神状態  人は、どういう時に自殺に至るのか? その精神状態を詳しく知っておくのは、周囲で支える人にとって、決して無駄にはなりません。  一般的に広まっているノウハウ ...

詳しく読む

2022/5/2

『ノストラダムスの大予言』にある人類滅亡は、なぜ信じられ、エンタメ化したのか?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、子供の頃にあった『ノストラダムスの大予言』について、お話しします。  子供の頃、ノストラダムスは日常の一部でした。多くの人が1999年に人類は滅亡すると怖れ、その恐怖と不安が日常に溶け込んでいる、今にして思えば異様な状態でした。  けれどもそこには、人類滅亡シナリオをエンタメとして楽しむ、奇妙な空気も存在していました。   ノストラダムスの大予言は、エンタメとして親しまれた ノストラダムスの大予言、恐怖の大王とは?  ノストラダムスが日本 ...

詳しく読む

2022/4/24

怒りという感情を、精神異常と認識しておくべき理由とは?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、怒りの危険性についてお伝えします。  怒りは、爆発的なエネルギーで危険から逃れるため、精神を屈服させないために、絶対に必要な感情です。しかしその緊急事態に向くという特別性ゆえに、多大な危険性を含んでもいます。   怒りは理性と合理性を損なわせる 何故、怒りは精神異常なのか?  精神異常とはこの場合、理性と合理性の欠如を指します。理性とは、物事を区別する能力です。合理性とは、目的に対する手段の適正さです。ですから精神異常になると、想像と現実 ...

詳しく読む

2022/4/14

感謝をしたくない、ありがとうと言いたくない、という病

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、近頃で目立っている「感謝を否定する」意見について、その根本的な誤りを指摘します。  確かに、感謝は強要されるものではありません。しかし感謝の拒絶は、人間社会の本質への否定になるのです。   「優しさ・親切 ←→ 感謝」というノーコストな交換 社会の本質は、キレイ事ではなく助け合い  人間はなぜ、社会を形成するのでしょうか? 答えは簡単で、助け合うためです。  これはキレイ事ではなく、むしろ社会の本質です。人が一人で生き抜いていくのは、至難 ...

詳しく読む

2021/6/21

更新情報:「頑張るよりも、楽しむ方が優秀に。潜在能力は、楽しんで発揮する。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『頑張るよりも、楽しむ方が優秀に。潜在能力は、楽しんで発揮する。』に、Youtube、雑談講座を加えました。  命の危機に瀕した際の火事場の馬鹿力でさえも、楽しい! が採用されています。 → http://kokoro.click/tanovsgan     ♦更新情報を、メールでお届けします。 Leave Th ...

詳しく読む

2021/6/12

更新情報:「失敗して痛い目に遭った時、思考停止して逃げれば、心の負債になる。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『失敗して痛い目に遭った時、思考停止して逃げれば、心の負債になる。』に、Youtube、雑談講座を加えました。  下手に前向きさが入って正当化されている分、タチが悪い。不合理なルールを見つけ出し、修正しましょう。 → http://kokoro.click/sippaiteisi     ♦更新情報を、メールでお ...

詳しく読む

 

♦更新情報をメールでお知らせします。


 

-人間関係, 成長

Copyright© 軽やかに♪ 心クリック , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.