悩み、落ち込み、気分が晴れるヒントや考え方、お伝えします!

軽やかに♪ 心クリック

宇宙刑事ギャバンの歌詞に見る、若さと愛の定義が、意外に深い。

投稿日:2020年3月2日 更新日:

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。宇宙刑事ギャバンは、僕が子供の頃、大好きだった特撮ヒーローものです。

 子供の頃、その主題歌の歌詞がとても印象的でした。特に、「愛ってなんだ ためらわないことさ」が意味不明なのだけれど、何か引っ掛かる。真実を伝えている気がするが、よく解らない。

 自分が成長して、ようやくその意味が理解できたと思います。意外に、その意味は深かったです。

 

宇宙刑事ギャバンとは

少し対象年齢を上げた、特撮ヒーローもの

 宇宙刑事ギャバンとは、1982~1983年に放送された特撮ヒーローものです。ゴレンジャー、サンバルカンなどの今も続く戦隊ヒーローものよりも、少しだけ対象年齢を上げた作品で、当時の小学生男子には大人気でした。

 主人公の一条寺 烈は、男らしさ溢れる熱血漢。悪者と戦う時にはロボットをイメージさせる戦闘スーツを身にまといます。必殺技は、前方宙返りの勢いを利用して敵を一刀両断するギャバンダイナミックでした。

 以降、宇宙刑事シリーズは、シャリバン、シャイダーと続きます。全て観ていましたが、初代のギャバンがもっとも硬派な印象です。

主題歌を作詞した、山川啓介さん

 山川啓介さんは、多くの作品を残している著名な作詞家です。

 太陽がくれた季節(青い三角定規、飛び出せ!青春の主題歌)、聖母たちのララバイ(岩崎宏美、火曜サスペンス劇場のエンディング)、銀河鉄道999(ゴダイゴ)、時間よ止まれ(矢沢永吉)などの作品を残しています。

 2017年に、72歳で病没しています。

 

 

 

 

意外に深い、若さと愛の定義

ギャバン主題歌にみる、「若さ」の定義

 歌詞の一部を引用します。

若さ 若さってなんだ 振り向かないことさ
若さ 若さってなんだ あきらめないことさ

 こちらは、後ほどご紹介する「愛」に比べると、解りやすいです。視聴していた当時の子供心にも、何の違和感もありません。

 若さには、感情の強さ、勢いがあります。1982年は、高度経済成長を遂げ、オイルショックを乗り切り、バブル景気に差し掛かる直前です。団塊世代が30代中盤にあり、生産者として、消費者として日本経済を牽引していました。

 1982年当時は、普通に頑張れば豊かになれると思われており、「振り向かない」「あきらめない」というフレーズは、何の違和感もなく受け入れられていました。

 現代社会でも、若さには、前向きな勢いがイメージされます。これらのフレーズは若者を表すものとして、今でも通用するでしょう。しかし当たり前のものとは言い切れず、どこか努力目標のように聞こえてきます。

振り向かない、あきらめない、に込められた意味

 1982年は、終戦から約40年ほどです。無条件降伏で全てを失ったような状態から、経済大国にのし上がった成功体験を持っています。

 振り向かない、あきらめない、というフレーズが、若さを象徴するものとして選ばれたのは、こうした時代背景と無縁ではないでしょう。

 道は険しくても、諦めずに前向きに頑張りさえすれば、絶対に成功できる。という空気が、当時にはありました。

ギャバン主題歌にみる、「愛」の定義

 こちらも、歌詞の一部を引用します。

愛ってなんだ ためらわないことさ
愛ってなんだ 悔やまないことさ

 一般的に愛と言えば、優しさ、温もり、光、大切にする、守る、といった辺りが、イメージされると思います。それに対して、「ためらわない」、「悔やまない」というのは、何だかしっくり来ない気がします。

 小学生の頃、僕は「愛とは、ためらわないこと」に引っ掛かっていました。咄嗟に、それは違うと思うのですが、だからと言って、違うと言い切れもしないのです。だから違和感は覚えつつも、きっと何かが隠されているのだろうと保留していました。

ためらわない、悔やまない、に込められた意味

 愛を突き詰めた時、その定義は、

一体感 + 尊重

 になります。一体感とは、自分と同じ存在のように感じること、その境界線がないこと。尊重とは、価値ある大切なものという評価です。

 一般的には、愛情と言えば、温かい優しさをイメージします。一体感があれば、その人の喜びは自分の喜び、苦痛は自分の苦痛です。加えて、価値ある大切なものと評価しているなら、その対象には優しくて当たり前です。ですからここでは、定義に優しさを入れていません。

 災害や事故などで自分自身が危険に晒されている時、逃げるのに躊躇するでしょうか? 自分が自分自身のために最善を尽くした時、後悔があるでしょうか?

 ギャバンの主題歌が言う、

愛ってなんだ ためらわないことさ
愛ってなんだ 悔やまないことさ

 これらのフレーズは、そうした相手への態度と思いを告げていたのです。

 優しくするのは、愛がなくても出来ます。しかし自分の危険も厭わずに助けに行く、相手のために最善を尽くした結果、自分は損をする。というのは、愛があってこそです。

 最善を尽くして自分が損をするとは、我が子を、懸命に働いて育て上げるような行為です。そこで遊べなくても、自分自身の夢を諦めたとしても、我が子がちゃんと育ったなら、後悔はしませんよね。

 

 

 

まとめ

 宇宙刑事ギャバンは、熱血ヒーローです。正義感と男気に溢れた主人公にとって、若さとは何か? 愛とは何か? と問うた時に、

若さ → 振り向かない、あきらめない
愛 → ためらわない、悔やまない

 が導き出されたのでしょう。愛は、このような心境にあった時に、その存在を逆算で確認できます。ためらわない、悔やまない心境を持って、自身にある愛の存在を知り得ます。

 

 

2022/9/26

自己評価は、自分の言動に対する評価で決まり、その評価が言動をパターン化させる。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。どのような自己評価で生きているかによって、気分は大きく違ってきます。  善良である、悪辣である、優しい、冷たい、品が高い、下品、前向きに頑張れる、後ろ向きで意欲が低い、など、貴方は自分をどう評価していますか?  ポジティブな自己評価をしている人は、それだけで気分よく生きていけます。ネガティブな自己評価であれば、その逆です。  今回の記事は、自己評価を作って気分を上げましょう! という内容です。   自己評価は言動で作られる 自分も、自分の言動を見 ...

詳しく読む

2022/5/11

人はなぜ自殺を選ぶのか? どうすれば自殺を防げるのか?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。人は何故、自殺を選ぶのでしょうか? 自殺するまで追い込まれない為には、どうすれば良いのでしょうか?  個々で様々な事情はありますが、共通するのは精神トーンの問題です。今回の記事は、それら個々の事情に取り組む前に、基本の大枠として知っておくべき内容です。   自殺のリスクが高まる3つの精神状態  人は、どういう時に自殺に至るのか? その精神状態を詳しく知っておくのは、周囲で支える人にとって、決して無駄にはなりません。  一般的に広まっているノウハウ ...

詳しく読む

2022/5/2

『ノストラダムスの大予言』にある人類滅亡は、なぜ信じられ、エンタメ化したのか?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、子供の頃にあった『ノストラダムスの大予言』について、お話しします。  子供の頃、ノストラダムスは日常の一部でした。多くの人が1999年に人類は滅亡すると怖れ、その恐怖と不安が日常に溶け込んでいる、今にして思えば異様な状態でした。  けれどもそこには、人類滅亡シナリオをエンタメとして楽しむ、奇妙な空気も存在していました。   ノストラダムスの大予言は、エンタメとして親しまれた ノストラダムスの大予言、恐怖の大王とは?  ノストラダムスが日本 ...

詳しく読む

2022/4/24

怒りという感情を、精神異常と認識しておくべき理由とは?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、怒りの危険性についてお伝えします。  怒りは、爆発的なエネルギーで危険から逃れるため、精神を屈服させないために、絶対に必要な感情です。しかしその緊急事態に向くという特別性ゆえに、多大な危険性を含んでもいます。   怒りは理性と合理性を損なわせる 何故、怒りは精神異常なのか?  精神異常とはこの場合、理性と合理性の欠如を指します。理性とは、物事を区別する能力です。合理性とは、目的に対する手段の適正さです。ですから精神異常になると、想像と現実 ...

詳しく読む

2022/4/14

感謝をしたくない、ありがとうと言いたくない、という病

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、近頃で目立っている「感謝を否定する」意見について、その根本的な誤りを指摘します。  確かに、感謝は強要されるものではありません。しかし感謝の拒絶は、人間社会の本質への否定になるのです。   「優しさ・親切 ←→ 感謝」というノーコストな交換 社会の本質は、キレイ事ではなく助け合い  人間はなぜ、社会を形成するのでしょうか? 答えは簡単で、助け合うためです。  これはキレイ事ではなく、むしろ社会の本質です。人が一人で生き抜いていくのは、至難 ...

詳しく読む

2021/6/21

更新情報:「頑張るよりも、楽しむ方が優秀に。潜在能力は、楽しんで発揮する。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『頑張るよりも、楽しむ方が優秀に。潜在能力は、楽しんで発揮する。』に、Youtube、雑談講座を加えました。  命の危機に瀕した際の火事場の馬鹿力でさえも、楽しい! が採用されています。 → http://kokoro.click/tanovsgan     ♦更新情報を、メールでお届けします。 Leave Th ...

詳しく読む

2021/6/12

更新情報:「失敗して痛い目に遭った時、思考停止して逃げれば、心の負債になる。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『失敗して痛い目に遭った時、思考停止して逃げれば、心の負債になる。』に、Youtube、雑談講座を加えました。  下手に前向きさが入って正当化されている分、タチが悪い。不合理なルールを見つけ出し、修正しましょう。 → http://kokoro.click/sippaiteisi     ♦更新情報を、メールでお ...

詳しく読む

♦更新情報を、メールでお届けします。


 

-

Copyright© 軽やかに♪ 心クリック , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.