悩み、落ち込み、気分が晴れるヒントや考え方、お伝えします!

軽やかに♪ 心クリック

幸せ 人間関係

求める愛は、関係を悪化させる。与える愛は、二人をより親密にする。

投稿日:2019年7月13日 更新日:

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。愛は感情ではなく、一体感をもった関係性を表す言葉です。求める愛は、中身を抜きにして、愛の表面上の形だけを模倣する虚しいものです。

 愛とは何か、愛で結ばれた関係はどのようなものか、をお伝えします。

 

求める愛、与える愛

愛とは何か? 恋と愛との違い

 愛とは、厳密に言えば関係性を示す言葉です。コミュニケーションを取っている内に、一体感を覚えるようになり、価値ある大切なものになっている。この関係性を、僕たちは“愛”と呼んでいます。

 よく恋と愛との違いが話題になりますが、両者はまったく異なります。恋は、恋愛対象として惹かれている状態です。一切のコミュニケーションもなく、一目見ただけでも成立し得ます。そうやって惹かれ合って、コミュニケーションを取っている内に芽生えてくるのが、愛情です。

 恋は、永遠には続きません。他人同士をカップリングするために、脳内ホルモンを分泌して酔わされているのが恋です。僕も妻と出会った当初、恋焦がれて本も読めない程にさせられました。こんな状態が長く続いたら、人生に関わります。用が済んだなら、引っ込んでもらわなければ困ります。

 恋愛にしても、結婚にしても、脳内ホルモンの分泌が止まった時、愛情が芽生えていなければ関係は終わります。そこにいるのは、好きでも何でもない、ただの他人です。

求める愛に走る心理

 こうして欲しい、ああして欲しい、という欲求を過剰に求めるのが、「求める愛」です。この心理に至る事情は各々ですが、共通点は、愛されている実感が欲しい、大切にされている実感が欲しい、という飢えです。

 自己重要感を満たしたい、愛されている自信がない、などの背景が、そこにはあります。飢えからくる言動ですから、冷静さに欠けるのは避けられません。過剰な束縛、常識を逸脱したマイルールの強制を始め、実はモラハラやDVもこれに該当するケースがあります。

求める愛は、愛ではない

 しかし愛の本質は、相手との同一性です。一体感をもって、精神的な部分も含めて利害が一致した姿です。

 求める愛は、ただその形を部分的に模倣しているに過ぎません。言葉や行動を強制して、愛を演じさせているのです。逆に言えば、愛で結ばれた関係性がないから、演じさせてまで執着しなければなりません。

 例えば、深夜に電話をかけて愚痴を聞かせて、徹夜をさせる。それに付き合わなければ、自分を愛していないと見做す。といった行動です。激しく動転している状況であれば、仕方ない場合もあります。しかしこのような行動が頻繁に続けば、明らかに話は違います。

 愛しているなら、自分のために無理もしてくれる。それを、当然の権利のように行使しています。確かに愛は同一性ですから、辛い時には助けるものです。無理をするのも、当たり前です。

 しかし本来の愛は、互いに大切にし合う関係です。一方的に相手に負担を強いるのであれば、大切にしているのは自分だけです。求める愛が、真実の愛である道理がありません。

 

 

 

 

与える愛こそが、本物である理由

 相手を喜ばせたい、役に立ちたい、真実の愛は、貰うよりも与える方に関心が強くなります。それに対して、見返りは求めません。感情を含めた利害が一致しているので、そこに貸し借りは発生しないからです。

 よく「無償の愛」という表現がありますが、愛はそもそも無償です。自分が自分のために何かをして、見返りが発生しないのと同じです。

 しかし見返りを求めないとは言っても、不公平に対しては不満も出ます。困った時に助けたからと言って、愛は見返りを求めません。これが誕生日を片側しか祝わないとなれば、不公平感が出ます。この違いは、解っておいてください。

求めてはいけないのか?

 ここで当然、「相手に求めてはいけないのか?」という疑問があります。勿論、公平な役割分担は求めて良いものです。飢えによって求めるのではなく、関係性に甘えるのも構いません。

 同一に思える感覚が深まっていけば、良くも悪くも遠慮が無くなっていきます。自分の手足に近い感覚で、互いに相手を使い合うようになります。ただそれは、相手の過度な負担と引き換えにはしません。あまりに大変であれば、その大変さも自分のことのように感じて気が引けるからです。

 遠慮はなくなるけれど、無理をさせようとは思わない。これが、純粋な愛情で結ばれた先の心境です。ただ何をどれくらい苦痛に感じるのかは、人それぞれです。その推定を見誤ると、相手に過度な負担をかける結果にもなります。

 良かれと思っていることでも、同じです。相手からすれば、有難迷惑になっているかもしれません。

 こうしたすれ違いが続き、もしも「自分は大切にされていない、愛されてない」と感じるようになれば、関係性にもヒビが入ります。何を喜び、何を嫌がるのか、それを互いに細かく把握し合っておくのは、愛を深めるには必須です。

 重要なのは、求めるのではなく、素直な気持ちを伝えることです。大切に思い合うなら、互いの形にフィットさせた生活習慣、家庭文化などが構築されていきます。

現実にはノイズが入る

 愛の要素だけを抽出して、ここまでお話をしてきました。しかし現実の人間、生活には、ノイズが入ります。

 ジェンダーの固定観念、心に傷を負って正気を失うポイント、その時々の精神状態、などで愛とは逆行するような言動はあって当然です。どんな人でも、どこかに歪みがあります。その歪みを、歪みのまま許容する懐の深さも、実は愛の役割です。

 

 

 

まとめ

 利己的な愛は、存在しません。愛があるなら、一方的に相手に負担を強いるはずはないからです。

 遠慮なく使い合いながら、与え合おうとする。これが、愛で結ばれた関係性の姿です。ただそこには、ノイズも入ります。コミュニケーションを取って理解を深め合いながら、ある程度の歪みは許容する姿勢も重要です。

 

 

2022/9/26

自己評価は、自分の言動に対する評価で決まり、その評価が言動をパターン化させる。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。どのような自己評価で生きているかによって、気分は大きく違ってきます。  善良である、悪辣である、優しい、冷たい、品が高い、下品、前向きに頑張れる、後ろ向きで意欲が低い、など、貴方は自分をどう評価していますか?  ポジティブな自己評価をしている人は、それだけで気分よく生きていけます。ネガティブな自己評価であれば、その逆です。  今回の記事は、自己評価を作って気分を上げましょう! という内容です。   自己評価は言動で作られる 自分も、自分の言動を見 ...

詳しく読む

2022/5/11

人はなぜ自殺を選ぶのか? どうすれば自殺を防げるのか?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。人は何故、自殺を選ぶのでしょうか? 自殺するまで追い込まれない為には、どうすれば良いのでしょうか?  個々で様々な事情はありますが、共通するのは精神トーンの問題です。今回の記事は、それら個々の事情に取り組む前に、基本の大枠として知っておくべき内容です。   自殺のリスクが高まる3つの精神状態  人は、どういう時に自殺に至るのか? その精神状態を詳しく知っておくのは、周囲で支える人にとって、決して無駄にはなりません。  一般的に広まっているノウハウ ...

詳しく読む

2022/5/2

『ノストラダムスの大予言』にある人類滅亡は、なぜ信じられ、エンタメ化したのか?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、子供の頃にあった『ノストラダムスの大予言』について、お話しします。  子供の頃、ノストラダムスは日常の一部でした。多くの人が1999年に人類は滅亡すると怖れ、その恐怖と不安が日常に溶け込んでいる、今にして思えば異様な状態でした。  けれどもそこには、人類滅亡シナリオをエンタメとして楽しむ、奇妙な空気も存在していました。   ノストラダムスの大予言は、エンタメとして親しまれた ノストラダムスの大予言、恐怖の大王とは?  ノストラダムスが日本 ...

詳しく読む

2022/4/24

怒りという感情を、精神異常と認識しておくべき理由とは?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、怒りの危険性についてお伝えします。  怒りは、爆発的なエネルギーで危険から逃れるため、精神を屈服させないために、絶対に必要な感情です。しかしその緊急事態に向くという特別性ゆえに、多大な危険性を含んでもいます。   怒りは理性と合理性を損なわせる 何故、怒りは精神異常なのか?  精神異常とはこの場合、理性と合理性の欠如を指します。理性とは、物事を区別する能力です。合理性とは、目的に対する手段の適正さです。ですから精神異常になると、想像と現実 ...

詳しく読む

2022/4/14

感謝をしたくない、ありがとうと言いたくない、という病

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、近頃で目立っている「感謝を否定する」意見について、その根本的な誤りを指摘します。  確かに、感謝は強要されるものではありません。しかし感謝の拒絶は、人間社会の本質への否定になるのです。   「優しさ・親切 ←→ 感謝」というノーコストな交換 社会の本質は、キレイ事ではなく助け合い  人間はなぜ、社会を形成するのでしょうか? 答えは簡単で、助け合うためです。  これはキレイ事ではなく、むしろ社会の本質です。人が一人で生き抜いていくのは、至難 ...

詳しく読む

2021/6/21

更新情報:「頑張るよりも、楽しむ方が優秀に。潜在能力は、楽しんで発揮する。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『頑張るよりも、楽しむ方が優秀に。潜在能力は、楽しんで発揮する。』に、Youtube、雑談講座を加えました。  命の危機に瀕した際の火事場の馬鹿力でさえも、楽しい! が採用されています。 → http://kokoro.click/tanovsgan     ♦更新情報を、メールでお届けします。 Leave Th ...

詳しく読む

2021/6/12

更新情報:「失敗して痛い目に遭った時、思考停止して逃げれば、心の負債になる。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『失敗して痛い目に遭った時、思考停止して逃げれば、心の負債になる。』に、Youtube、雑談講座を加えました。  下手に前向きさが入って正当化されている分、タチが悪い。不合理なルールを見つけ出し、修正しましょう。 → http://kokoro.click/sippaiteisi     ♦更新情報を、メールでお ...

詳しく読む

♦更新情報を、メールでお届けします。


 

-幸せ, , 人間関係

Copyright© 軽やかに♪ 心クリック , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.