悩み、落ち込み、気分が晴れるヒントや考え方、お伝えします!

軽やかに♪ 心クリック

成長 社会問題

命の教育、命の授業に意味はない。薄っぺらな正義は、闇の養分になる。

投稿日:2019年6月28日 更新日:

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。「人を殺してみたかった」、あの長崎県佐世保市の事件で、「命の教育」への失望感が出ました。あの10年の教育は、無意味で無価値だったのかと。

 命の教育が、なぜ人の心に届かないのか? どうすれば命を大切に思えるのか、をお伝えします。

 

命の教育は、なぜ心に響かないのか?

佐世保市で行われていた命の教育

 長崎県佐世保市では、命の大切さを伝える教育に力を入れてきました。具体的には、命の大切さをテーマにした校長先生の講演、戦争経験者から話を聞く、命をテーマにした本の朗読などです。

 このような取り組みは、僕も学生時代に経験しています。しかし決まりきった結論が先にあり、熱を込めて「命は尊い!」と刷り込もうとしている印象で、あまり心に響いて来なかった記憶があります。

 おそらく佐世保市で行われていた命の教育も、同じような方向性だったのだろうと思われます。

 正しい内容ですから、よほど変わった子供でなければ、反対意見も出ないでしょう。反対しようものなら、とんでもないバッシングが起こるのも目に見えています。おそらくは殆どの生徒が神妙な面持ちで、その授業を受けているのだと想像できます。

 しかし神妙だからと、期待通りに心に響いている保証はありません。

その教師に、命を伝える資質はあるのか?

・命とは何か?
・なぜ、命は尊いのか?
・なぜ、命を大切にしなければならないのか?
・命と命との間に、価値の差があるのか?
・命の価値は、何を持って定められるのか?

 例えばこのような問題提起を自分に課して、葛藤し、探求し、自分なりの結論を得ている教師がいるでしょうか。杓子定規的な命の教育をもって、人の心に深く響いて影響を及ぼすとは、考え難いのです。そもそも教える側に、その資格や器があるのか? という疑問があります。その価値を伝えなければならない相手は、考えて考えてこじらせて、闇を蓄えているのですから。

 深く考える生徒は、子供であっても、教師の薄っぺらさを見抜きます。

薄っぺらな禁忌は、好んで破壊の対象にされる

 安易で薄っぺらな社会的な同意は、殻を破りたい個人から、むしろ好んで破壊の対象にすらされます。

 欺瞞性を暴き、縛られない自分。カッコイイ! 禁忌にしているが故に、一部の人達にとって「超えるべき壁」に設定されてしまいます。

 濃厚な心の闇にとって、底の浅い正しさは、むしろ養分ですらあります。

 

 

 

 

命について、想定問答

 命について考えてきた歴史の厚さがなければ、濃厚な心の闇に格負けします。例えば上記の課題で、どのような回答が有り得るのでしょうか? 唯一の答えという訳ではありませんが、一つの参考として提示いたします。

・命とは何か?
→ 精神・心の存在。(アメーバでさえも、生きよう、危険から逃れようとする意識を持つ)

・なぜ、命は尊いのか?
→ 人の本質的な欲求が、「生存」そのものにあるから。その意識は、自分、身内、人類、人類以外の生物と、広がっていくから。

・なぜ、命を大切にしなければならないのか?
→ 本質的な欲求を満たすことと、安全な社会を構築するルールとして。例えば、「復讐による殺人を許可したら、物騒な世の中になる。より安全な生活を望む自分は、その社会の一構成員として、復讐の禁止に同意する」

・命と命との間に、価値の差があるのか?
→ ある。自分、身内、人類、人類以外の生物といった順序で、次第に薄まっていく。但し、思い入れ次第で、身内が自分よりも勝ったり、ペットが他人よりも勝ったりする逆転は、頻繁に発生する。

・命の価値は、何を持って定められるのか?
→ そこにある精神の存在と、思い入れ。

 これらは基本的な構造ですが、人の知性が高いので、簡単に命の価値を覆せます。人の本質的な感性から離れて、思考によって、いくらでも逸脱が可能なのです。

杓子定規では、心の闇に敵わない

 また追い詰められた心は、理性が弱り、攻撃性が増すケースがあります。

 そんな追い詰められた心で思考を積み重ねていった挙句に、「他人を殺めても良い」という結論があります。動物虐待も同様です。

 杓子定規的な刷り込みが、この重厚な歪みに、対抗できるはずがありません。

 完全に、生徒の心から逸脱を防ぐことは出来ません。生徒の人生すべてを、管理など出来ないからです。

学校が出来ること

 学校がまず出来ることは、生徒、個人個人への尊重です。存在の価値を自覚できるような、平等な扱いです。自尊心が保たれれば、理性はより高く機能してくれます。 

 命の大切さを教えるには、まずは人格の尊重からです。存在への根本的な肯定こそが、命を大切に扱っている姿勢そのものです。自分の命が大切に扱われるなら、自分も他者の命を大切にしなければいけない。こうして自然な思いの広がりの先に、命を大切にし合う社会が形成されていきます。

 思いや悩みの整理を促す取り組みなど、人を正しく導くには、様々な観点から全体を見て考えていく必要があります。

 事実、学校の先生から良い影響を受けたという経験談を見ると、心の授業といった形式はあまり登場しません。自分に真剣に向かい合ってくれた、といった「自分が大切にされる」経験によって人が変わっています。

 

 

 

まとめ

 命の大切さは、存在と人格の尊重から派生するものです。「命は尊い」という結論だけを刷り込もうとしても、あまり機能はしません。

 底の浅い正義は、重厚な心の闇から見れば、養分ですらあります。無理に高尚なものを教えようとせず、真摯に一人一人を大切にしていく方が、よほど心に響くものです。

 

Youtube、記事動画

 この記事の内容を、動画でもお伝えしています。ただ記事はリライトされる事があるので、若干、内容が異なる場合もございます。

Youtube、雑談講座

 この記事の内容を元に、雑談を交えたフリートークです。台本なしのワンテイクです。

 

 

2022/9/26

自己評価は、自分の言動に対する評価で決まり、その評価が言動をパターン化させる。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。どのような自己評価で生きているかによって、気分は大きく違ってきます。  善良である、悪辣である、優しい、冷たい、品が高い、下品、前向きに頑張れる、後ろ向きで意欲が低い、など、貴方は自分をどう評価していますか?  ポジティブな自己評価をしている人は、それだけで気分よく生きていけます。ネガティブな自己評価であれば、その逆です。  今回の記事は、自己評価を作って気分を上げましょう! という内容です。   自己評価は言動で作られる 自分も、自分の言動を見 ...

詳しく読む

2022/5/11

人はなぜ自殺を選ぶのか? どうすれば自殺を防げるのか?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。人は何故、自殺を選ぶのでしょうか? 自殺するまで追い込まれない為には、どうすれば良いのでしょうか?  個々で様々な事情はありますが、共通するのは精神トーンの問題です。今回の記事は、それら個々の事情に取り組む前に、基本の大枠として知っておくべき内容です。   自殺のリスクが高まる3つの精神状態  人は、どういう時に自殺に至るのか? その精神状態を詳しく知っておくのは、周囲で支える人にとって、決して無駄にはなりません。  一般的に広まっているノウハウ ...

詳しく読む

2022/5/2

『ノストラダムスの大予言』にある人類滅亡は、なぜ信じられ、エンタメ化したのか?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、子供の頃にあった『ノストラダムスの大予言』について、お話しします。  子供の頃、ノストラダムスは日常の一部でした。多くの人が1999年に人類は滅亡すると怖れ、その恐怖と不安が日常に溶け込んでいる、今にして思えば異様な状態でした。  けれどもそこには、人類滅亡シナリオをエンタメとして楽しむ、奇妙な空気も存在していました。   ノストラダムスの大予言は、エンタメとして親しまれた ノストラダムスの大予言、恐怖の大王とは?  ノストラダムスが日本 ...

詳しく読む

2022/4/24

怒りという感情を、精神異常と認識しておくべき理由とは?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、怒りの危険性についてお伝えします。  怒りは、爆発的なエネルギーで危険から逃れるため、精神を屈服させないために、絶対に必要な感情です。しかしその緊急事態に向くという特別性ゆえに、多大な危険性を含んでもいます。   怒りは理性と合理性を損なわせる 何故、怒りは精神異常なのか?  精神異常とはこの場合、理性と合理性の欠如を指します。理性とは、物事を区別する能力です。合理性とは、目的に対する手段の適正さです。ですから精神異常になると、想像と現実 ...

詳しく読む

2022/4/14

感謝をしたくない、ありがとうと言いたくない、という病

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、近頃で目立っている「感謝を否定する」意見について、その根本的な誤りを指摘します。  確かに、感謝は強要されるものではありません。しかし感謝の拒絶は、人間社会の本質への否定になるのです。   「優しさ・親切 ←→ 感謝」というノーコストな交換 社会の本質は、キレイ事ではなく助け合い  人間はなぜ、社会を形成するのでしょうか? 答えは簡単で、助け合うためです。  これはキレイ事ではなく、むしろ社会の本質です。人が一人で生き抜いていくのは、至難 ...

詳しく読む

2021/6/21

更新情報:「頑張るよりも、楽しむ方が優秀に。潜在能力は、楽しんで発揮する。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『頑張るよりも、楽しむ方が優秀に。潜在能力は、楽しんで発揮する。』に、Youtube、雑談講座を加えました。  命の危機に瀕した際の火事場の馬鹿力でさえも、楽しい! が採用されています。 → http://kokoro.click/tanovsgan     ♦更新情報を、メールでお届けします。 Leave Th ...

詳しく読む

2021/6/12

更新情報:「失敗して痛い目に遭った時、思考停止して逃げれば、心の負債になる。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『失敗して痛い目に遭った時、思考停止して逃げれば、心の負債になる。』に、Youtube、雑談講座を加えました。  下手に前向きさが入って正当化されている分、タチが悪い。不合理なルールを見つけ出し、修正しましょう。 → http://kokoro.click/sippaiteisi     ♦更新情報を、メールでお ...

詳しく読む

 

♦更新情報をメールでお知らせします。


 

-成長, 社会問題

Copyright© 軽やかに♪ 心クリック , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.