悩み、落ち込み、気分が晴れるヒントや考え方、お伝えします!

軽やかに♪ 心クリック

悪い習慣 人間関係

自分のせい? 私が悪い? と自分を責めてしまう人が、楽に生きるには。

投稿日:

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。自分が悪いのでは? 間違っているのでは? と、過剰に自分を責める人がいます。酷くすれば、精神を病ませるほど、深刻な問題になります。

 個別の事情はそれぞれあるものの、そこには精神文化の土壌が大きく関わっています。日本人は和を重んじ、謙虚さを美徳としています。

 この扱いにエラーを起こした一つの行き先に、自縄自縛になるメンタリティーがあります。自分を過剰に責めてしまう人は、どうすれば楽に生きられるのでしょうか?

 

なぜ、自分を責める癖は作られるのか?

和を重んじる精神文化

 日本社会では、謙虚さを美徳としています。強い自己主張をせず、他人と上手く協調する姿勢を善しとします。他人が何を考え、感じているのかを察して、気を利かせて丁寧に先回りする人付き合いが推奨されます。

 こうした見えないルールを機能させるには、自己主張の強い人は邪魔です。ですから何かでトラブルが起こった時も、常識的な人間同士であれば、互いに相手を責め立てません。自分の側の落ち度を反省し合って、物事は丸く収められます。

 人間と人間との対立を極端に回避し、相手を攻撃しない文化は、世界でもかなり珍しいそうです。所謂、和を重んじる精神文化です。

子供の頃、謙虚さの英才教育を受ける

 小学生の頃に受けた教育を、思い出してみてください。親、教師の人間性、地域などによって差異はあるでしょうが、おおよそ同様の経験を持っているでしょう。

 子供同士での喧嘩、トラブルはしょっちゅうです。そこで大人が仲裁に入って、問題の解決に当たります。その時、こんな言葉があったのではないでしょうか?

「A君のしてしまった事は、確かに良くない。しかし君にも、A君をそうさせてしまった原因があるんじゃないかな?」

 みたいなヤツです。とにかく一方的な悪者を作らず、喧嘩両成敗に持っていこうとします。他人の悪さを主張するな。自分の非を見つけて、互いに反省しろ。という、強い圧力がかかります。

 他人を罰しない、自分の非を見つけて反省する。謙虚な人間性が推奨され、その枠組み以外での言動は通用しません。謙虚さの、英才教育です。

未消化の「自分が悪い」

 和を重んじる精神文化では、基本的に互いに相手を立てます。ですからトラブルが起こった際には、相手の非を責めるのではなく、互いに自らの非を反省し合って収めるのが基本路線です。

 9:1、7:3など、感覚的な非の割合があり、認識に不一致があったとしても、この方法であれば収まります。場合によっては、10:0で相手の方が一方的に悪いこともあります。それでも相手を責めず、自分の非を何とか見つけて謝罪している姿でさえも、決して珍しくはありません。

 じゃあ実際に、本当に互いに自分が一方的に悪いと思っているかと言えば、とんでもありません。内心では相手側に非があれば、きちんと勘定されています。しかし相手も10:0で謝ってきているので、それでチャラにされているという訳です。

 ただ小学生や中学生を相手に、そういう教え方はしません。道徳的なものにフワッと包んで、謙虚さの美徳、思いやりの心、といった形で伝えられます。

 すると中には、「自分だけが一方的に悪いんだ」と過剰に自分を責めてしまう人も現れます。誰もがその本質に気付き、「自分が悪い」を消化できる訳ではないのです。

 以降、その呪縛から逃れない限り、非の割合を過剰に自分に振り分け続けます。罪悪感、自責の念に捕らわれ、苦しめられます。

「自分を、悪人として罰しなさい。さもなくば、あなたは悪人です」

 と、洗脳されているのと同じです。

 

 

 

 

自分を責めない考え方

本音は分けても良い

 自分だけが悪くて、相手は悪くない。素直な人間性であるが故に、このような枠組みで物を考えようとします。

 コミュニケーション上、便宜上の話であって、本音とは違うものだと解っていません。本音では、互いに相手の非も勘定している。しかしコミュニケーションでは自分だけに非があるように振る舞い、許し合って収束させる。

 という、人間関係を円滑にする作法のようなものだと、知っておいてください。互いに本音が別にあると承知しながら、自分だけが悪いと言い合う儀式なのです。

相手も自ら反省してくれる

 ある程度の常識人であれば、謝罪には謝罪を返してきます。本来は7:3くらいで相手が7悪くても、10で謝られてしまうと3程が過剰になります。この過剰分が気になって、自分も謝ってバランスを取らなければ居心地が悪くなります。

 多くの場合、相手の非は、相手が自分で見つけます。それが何なのか、どれくらいの比率なのかは、相手の価値観が決めることです。こちらは10:0で謝っておいて、後は丸投げして任せましょう。

 その中身は、価値観と感覚の違う人間同士なのですから、完全に一致はしません。え、そこを悪いと思っていないの!? という部分もあれば、そこでそんなに責任を感じなくても…… という部分もあります。

 自分とは違う主観を想定しながら、社会での唯一の正解を探しながら、自分の悪さ加減を考え過ぎるのは時間の無駄です。相手に、自分と感覚を合わせろと要求するのも、同様です。

 ですから自分の価値観、感覚に自信を持って、それだけの基準でシンプルに非を査定しましょう。絶対的な答えなど、最初から存在しません。

 

 

 

まとめ

 自分を過剰に責めてしまう人の多くは、受けてきた謙虚さの教育の中で、溺れて自分を見失っています。

 相手を責めずに自らの非を反省するのは、イコールで「自分が100%、悪い」ではありません。双方に非はあっても、互いに相手を責めず、立て合いながら問題を収束させる約束事です。

 お互いに譲り合ってバランスを取るのを前提にして、本音は分けて良いのだと承知しておいてください。

 

 

2020/7/2

動画記事「偏見に捕らわれないために、低確率のものに逆張りする心理。」

 心クリック管理人、小池義孝です。  過去に掲載した記事を編集して、動画コンテンツにいたしました。上手くソフトが喋ってくれるように、表現を少し変えています。  既に読まれている方も、改めて、新しい発見 ...

詳しく読む

2020/7/1

夫婦関係、不平不満をぶつけても、上手く行かない理由とは?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。三組に一組が離婚するというデータも示すように、夫婦関係を良好に保つのは、なかなかに高難度のミッションです。  一緒に暮らしていれば、何かしら、気に入ら ...

詳しく読む

2020/6/30

動画記事「ネット上で論戦を挑まれる、喧嘩を吹っ掛けられた時の対処法。」

 心クリック管理人、小池義孝です。  過去に掲載した記事を編集して、動画コンテンツにいたしました。上手くソフトが喋ってくれるように、表現を少し変えています。  既に読まれている方も、改めて、新しい発見 ...

詳しく読む

2020/6/29

動画記事「善意や善行に、ケチをつける人の心理。やらない自分の正当化。」

 心クリック管理人、小池義孝です。  過去に掲載した記事を編集して、動画コンテンツにいたしました。上手くソフトが喋ってくれるように、表現を少し変えています。  既に読まれている方も、改めて、新しい発見 ...

詳しく読む

2020/6/28

愛はキレイ事を抜きにして最強であるが、度々、負けるのは何故か?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。愛は、世界中で大多数の人達が、『最も重要で価値あるもの』と位置付けています。僕もそれに対して、まったく異存はありません。その地位は有史以来、まったく揺 ...

詳しく読む

2020/6/27

動画記事「アンカリング効果に、騙されない! 正常な判断力をキープするコツ。」

 心クリック管理人、小池義孝です。  過去に掲載した記事を編集して、動画コンテンツにいたしました。上手くソフトが喋ってくれるように、表現を少し変えています。  既に読まれている方も、改めて、新しい発見 ...

詳しく読む

2020/6/26

動画記事「自殺願望のある人に、「死ねるもんなら、死んでみろ!」は禁句。」

 心クリック管理人、小池義孝です。  過去に掲載した記事を編集して、動画コンテンツにいたしました。上手くソフトが喋ってくれるように、表現を少し変えています。  既に読まれている方も、改めて、新しい発見 ...

詳しく読む

♦更新情報を、メールでお届けします。


 

-悪い習慣, 人間関係

Copyright© 軽やかに♪ 心クリック , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.