悩み、落ち込み、気分が晴れるヒントや考え方、お伝えします!

軽やかに♪ 心クリック

成長

自己決定、自分で決めるから、成長する。主体的に生きる重要性。

投稿日:2019年10月31日 更新日:

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。依存心の強く、自分では何も頑張らない人がいます。面倒くさいのか、自信がないのか、とにかく他人任せで自分で動こうとしない。それ以前に、考えようともしない。

 それでは、成長できません。今回は主体的に生きる重要性をお伝えします。

 

自分で決めない楽な生き方は、人をなまくらにする

他人に任せると、思考と決断のプロセスが欠落する

 思考 → 決断 → 行動 → 結果の把握と検証 → 思考 → 決断 → ……
 
 人が生きて行うことは、このプロセスの連続です。子供時代、学生時代の準備段階でもそうですが、社会に出て何者かになろうと考えたなら、意識してこのプロセスで高みを模索していく必要性があります。

 思考がなければ、決断ができません。決断をしなければ、行動できません。行動がなければ、結果は出ないのです。結果が出なければ、思考と決断の正否を判定できません。

 他人の言うことに盲目的に従うなら、この内の思考と決断を放棄しています。ただ結果は出るので、かろうじて検証はできます。しかし自分で思考したプロセスがありませんから、その質と精度の高は知れています。せいぜい、「Aさんの言う通りにしたら失敗したから、次は止めよう」程度のものです。

 また他人に行動までも任せてしまうなら、結果の把握への質はさらに落ちます。検証も連れて、より低レベルになるでしょう。

 これでは、成長のしようがありません。 

永遠に自信がつかない

 そもそも他人の決断に身を委ねるのは、自分の思考に自信がないからに他なりません。最初から上手くいかなくて当たり前なのですから、そこは失敗をして経験を積むべきなのです。

 その失敗という結果を検証して、思考して、成功するまで「検証」→「思考」→「決断」→「行動」を繰り返す。この先にしか、自信はありません。

 しかし世の中には、自分の真価を知りたくない人もいます。真価を知らなければ、無能が確定しない。無能が確定しなければ、自分はやれば出来る人間だと妄想していられる。だから行動して、現実を知りたくないという訳です。

 他人に任せておけば、失敗しても自分のせいではありません。安全圏から、生意気な口も利けます。本物の自信は育っていないけれど、自尊心は保ちたい。こうした歪な精神構造に陥れば、人間性に問題を抱えるのは明らかです。

 自信をつけるには、リアルな自分自身を受け入れる覚悟が必要です。

省エネで楽な生き方

 自分が決断をしないのですから、100%の責任を、自分に感じてはいません。失敗しても、それは他人のせいです。

 責任がないのですから、真剣さもありません。つまり他人任せにする人生は、精神的にも負荷が少なく、省エネで楽な生き方です。

 このような生き方で、鍛えられるはずもありません。

決断に迷いを残す

 他人の決定に従っても、そこに自分の100%の決意はありません。どこか、確信がないままに流されています。曖昧さや迷いがあるのですから、行動にエネルギーを集中できる訳がありません。

 仮にその他人の決断が間違っていなかったとしても、行動する人のエネルギー不足から、結果が悪くなるケースも多いのです。

 

 

 

 

自己決定の重要性と、適切な他人の頼り方

成長するためには、プロセスの全てを自分で行う

 思考 → 決断 → 行動 → 結果の把握と評価

 このプロセスを全て、自分で行ってください。何度でも繰り返していく内に、より良い結果が出るようになります。

 最初から、完璧に出来なくて当たり前です。誰でも初心者からスタートします。繰り返していく内に、レベルを上げていくように意識してください。

 成長して何者かになっている人間は、どの分野であっても、これを繰り返した結果の姿です。

では他人に頼ってはいけないの?

 他人に頼っては、いけないのか? という疑問が、この辺りで出てきそうです。勿論、他人に頼っても構わない、頼るべき場面もあります。

 自分が他の何かをしていて手が回らない時に、他人に頼るのは問題ありません。自分は他の思考、決断、行動…… を行っているのですから。

 逆に、全てを自分で何とかするのも非現実的です。頼るべきは頼って、自分の負担を減らしながら、総合的に結果を大きくしようとするのは当たり前です。民事裁判を起こす時に、自分が弁護士並の知識を身に付け、弁護士なしで挑むのは無謀です。家族が病気になってから医学部を受験するのは、単なる馬鹿です。

 良くないのは、自分は何も考えず、行動せず、結果の検証を積み重ねていかない人生です。必要とあらば他人を頼ることもあるけれど、自分もまた誰かに頼られる存在であろうと切磋琢磨する。これが正しい、人生の送り方です。

 

 

 

まとめ

 思考、決断、行動、結果の把握と検証、これを繰り返して改善していった先にだけ、成長があります。

 これらを他人に任せると、自分自身は何も成長しません。それは心身ともに楽な生き方かもしれませんが、それでやっていける幸運な状況が続く保証はありません。

 自分で決定して動く習慣をつけて、成長の軌道に乗りましょう。他人に任せる、頼るのも重要ではありますが、自分自身もまた、誰かに頼られる存在であろうとしましょう。

 

 

2020/7/4

女は愛嬌! の真実。女性が、愛嬌で魅力を大盛りできる理由とは?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。女は愛嬌! 男は度胸! という定番フレーズがあります。内容への共感と、「キョウ」の音で韻を踏む心地よさもあって、社会に浸透しました。  ただ近年では、 ...

詳しく読む

2020/7/3

動画記事「ハワイから帰ってきて、当たり前の日常が素晴らしい! となった話。」

 心クリック管理人、小池義孝です。  過去に掲載した記事を編集して、動画コンテンツにいたしました。上手くソフトが喋ってくれるように、表現を少し変えています。  既に読まれている方も、改めて、新しい発見 ...

詳しく読む

2020/7/2

動画記事「偏見に捕らわれないために、低確率のものに逆張りする心理。」

 心クリック管理人、小池義孝です。  過去に掲載した記事を編集して、動画コンテンツにいたしました。上手くソフトが喋ってくれるように、表現を少し変えています。  既に読まれている方も、改めて、新しい発見 ...

詳しく読む

2020/7/1

夫婦関係、不平不満をぶつけても、上手く行かない理由とは?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。三組に一組が離婚するというデータも示すように、夫婦関係を良好に保つのは、なかなかに高難度のミッションです。  一緒に暮らしていれば、何かしら、気に入ら ...

詳しく読む

2020/6/30

動画記事「ネット上で論戦を挑まれる、喧嘩を吹っ掛けられた時の対処法。」

 心クリック管理人、小池義孝です。  過去に掲載した記事を編集して、動画コンテンツにいたしました。上手くソフトが喋ってくれるように、表現を少し変えています。  既に読まれている方も、改めて、新しい発見 ...

詳しく読む

2020/6/29

動画記事「善意や善行に、ケチをつける人の心理。やらない自分の正当化。」

 心クリック管理人、小池義孝です。  過去に掲載した記事を編集して、動画コンテンツにいたしました。上手くソフトが喋ってくれるように、表現を少し変えています。  既に読まれている方も、改めて、新しい発見 ...

詳しく読む

2020/6/28

愛はキレイ事を抜きにして最強であるが、度々、負けるのは何故か?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。愛は、世界中で大多数の人達が、『最も重要で価値あるもの』と位置付けています。僕もそれに対して、まったく異存はありません。その地位は有史以来、まったく揺 ...

詳しく読む

♦更新情報を、メールでお届けします。


 

-成長

Copyright© 軽やかに♪ 心クリック , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.