悩み、落ち込み、気分が晴れるヒントや考え方、お伝えします!

軽やかに♪ 心クリック

成功 成長

頭が固いと言われる人へ。誰でも出来る、頭を柔らかくする方法とは?

投稿日:2019年6月2日 更新日:

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。頭が固いと言われる人には、いくつかのパターンがあります。実はそこから脱却して、頭の柔らかい人になるのは難しくありません。

 頭を柔らかくする、具体的な方法をお伝えします。

 

頭が固いとは?

固定観念から抜け出そうとしない

 こうあるべきだ、こういうものだ、といった固定観念が強くあると、その枠組みの中でしか考えられなくなります。あるべきだ、に関しては正義のニュアンスを含みますので、違う考えを拒絶して認めない排他性を伴います。

 例えば、「家事は女の仕事」というのは、解りやすい固定観念です。以前は洗濯機も掃除機もなく、家事全般はより多くの労力と時間を必要としました。女性の社会進出がなく、専業主婦が当たり前であった時代には、家事は女の仕事が合理的でした。

 しかし女性が社会に出て働くようになり、共働きが当たり前になれば、合理性が失われます。次第に家事は、男女で分業するものになっていき、今では男性も家事を受け持つのが当たり前です。

 こうして時代が変わって合理性が変わっているのに、「家事は女の仕事」と考えて疑わない状況を、頭が固い、と言います。

 固定電話の普及期には、「いきなり電話をかけるのは失礼。手紙を出して、何日の何時頃に電話を差し上げますと、事前に報告するのが礼儀!」と頑張っていた、頭の固い人がいたそうです。

 背景、状況が変われば、何が合理的なのかも変わります。それに気付かずに、古い考え方ややり方に留まり続けるパターンです。

自信過剰に加えて、強情

 ろくすっぽ検証もせず、自分の考えは正しい! と思い込める人がいます。ろくすっぽ検証をしないので、きちんと考える人に比べて、間違える確率が高くなります。

 間違いを指摘されて、素直に自分の考えを修正できるなら良いのですが、プライドを傷つけられたと思って認めない人がいます。

 このようなタイプの人は、厳密に言えば頭が固いのとは違います。ただ世間からは、そのような評価を受けます。

知恵が回らない

 臨機応変な発想ができない、応用が利かない、といった姿も、頭が固いと言われます。

 例えばトマト料理を作っていて、酸味が少なくてイメージ通りの味ではなかったとします。レモン汁を足して調整すれば良いのですが、こういった発想にならず、仕方がないと諦めてしまう人がいます。なぜなら、レシピにそう書いていないからです。

 仕事でも何でも、決まりきった手順しか選択肢がありません。非効率であってもそれに気付かず、イレギュラーに弱いです。

 マニュアル人間、指示待ち人間、と呼ばれる人の多くは、おそらくこのタイプの頭の固さを持っています。(ただ単に、意欲が低いだけの可能性もあります)

年を取るから頭が固くなるわけじゃない

 よく「年を取ると、頭が固くなる」と言いますが、これは間違いです。

 若い人は、新しいものを知っています。逆に古いものは知らず、そこの固定観念はありません。

 ですから例えば、物心がついた頃からスマホや通信機能付きのゲーム機に親しんでいる世代は、データのやり取りはオンラインで即座に行われるのが当たり前です。するとデータのやり取りで済む作業を行うのに、出社しなければいけない意味が解りません。

 自分が会社を興す段になっても、社員を多く抱えて固定費を増やしたくないから、事務作業員はランサーズなどで手配して…… という発想も普通に行えます。

 こういった時代の流れにアンテナを張っていないと、古い時代の選択肢しか頭にありません。時代が完全に変わってそれがスタンダードになった時に、ようやく重い腰を上げることになります。

 年を取っていても、テクノロジーの進化、法律の変更、世界情勢の変化などに焦点を当てていれば、それに合わせた新しい可能性が選択肢に入ります。

 

 

 

 

頭を柔らかくするには?

新しい情報にアンテナを張る

 古い情報しか持っていないから、考え方が時代遅れになります。常に新しい情報にアンテナを張って、敏感にキャッチするようにしてください。

 新しいテクノロジー、新しい発想のサービスは、新しい合理性をもたらします。

 例えばTVゲームと言えば、カセットやCDROM、DVDに記録された物を購入するのが当たり前でした。しかしスマホが普及してからは、無料でダウンロードして遊べて、より有利に遊びたいプレイヤーだけが課金するシステムが登場しました。今ではもう、スタンダードです。

 旅行や出張などで、AirBuBを利用すれば、2000円以下でも多くの宿泊先を見つけられます。古い知識しかない人は、お得な旅行は代理店のツアーから探す選択肢しかありません。しかしこうした新しいサービスを知っていれば、飛行機はLCCを利用して、宿はAirBnBで探して……、といった選択肢も加わります。

 こんな旅行の仕方をしているおじいちゃん、おばあちゃん、がいたら、「なんて頭が柔らかいんだ!」と感激してしまいますよね。

慢心を怖れよ

 どれだけ優れた人であっても、慢心は落とし穴になります。慢心は、油断に言い換えても成立します。

 慢心すると、人はそれ以上を考えなくなります。ボクシングの試合で、絶対に勝てる相手だと思ったなら、もう相手の研究はしませんよね? そこに見落としがあれば、思わぬ敗北も起こり得ます。

 自信過剰な人は慢心に陥りやすく、新しい情報をシャットダウンしてしまいます。そこに新しい合理性があっても気付かず、時代遅れの人間になります。

 素晴らしい実績があろうとも胡坐をかかず、慢心する自分を怖れましょう。

余計なプライドは捨てよう

 解らないこと、間違えたことは、確かに恥かもしれません。しかしそれを認めずに取り繕う行為は、恥の上塗りでしかありません。

 解らなければ調べる、適切に間違えを指摘されたなら受け入れる、このようにして、常に情報を更新してください。

常に+アルファを考える

 知恵を付けるには、常にもう一歩を考える姿勢が重要です。

 レシピ通りに料理を作るのは、よほど難しい工程でなければ誰でも出来ます。そこに何かを加えたり、変更したりして、もっと美味しくできないか? レパートリーを広げられないか? を考えます。

 冷蔵庫を開けて、ある物を見て、ほうれん草をペーストにしてヨーグルトと混ぜてニンニクでも加えたら、よく合いそうなソースになるな…… といった発想です。

 健康のために一駅分を歩こうと決めて、せっかくだから楽しく歩きたい! そうだ今時だから、何か良いスマホアプリがないか見てみよう! と探してみると、歩く数でキャラクターを育てられたり、Tポイントを溜められたり、といったものが見つかります。

 新しくお店を始めたから、手差しで近所にチラシを撒こう! あ、そうだ、せっかくだからチラシ撒きのバイトに申し込んで、自分のチラシと一緒に配ったら二重に儲かるぞ!

 このように、常に+アルファを考えるようにすると、自然と知恵力も向上していきます。

 知恵力を付ける専門的な話は、また別の記事で行います。

 

 

 

まとめ

 情報を更新して、常に時代に沿った合理性を持つ。慢心やプライドは捨てる。+αの付加価値のために、もう一歩だけ考えるのを習慣にする。

 頭が固いと言われる人が実行すれば、ガラッと柔らかい人に変身できます。

 

Youtube、記事動画

 この記事の内容を、動画でもお伝えしています。ただ記事はリライトされる事があるので、若干、内容が異なる場合もございます。

Youtube、雑談講座

 この記事の内容を元に、雑談を交えたフリートークです。台本なしのワンテイクです。

 

 

2022/9/26

自己評価は、自分の言動に対する評価で決まり、その評価が言動をパターン化させる。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。どのような自己評価で生きているかによって、気分は大きく違ってきます。  善良である、悪辣である、優しい、冷たい、品が高い、下品、前向きに頑張れる、後ろ向きで意欲が低い、など、貴方は自分をどう評価していますか?  ポジティブな自己評価をしている人は、それだけで気分よく生きていけます。ネガティブな自己評価であれば、その逆です。  今回の記事は、自己評価を作って気分を上げましょう! という内容です。   自己評価は言動で作られる 自分も、自分の言動を見 ...

詳しく読む

2022/5/11

人はなぜ自殺を選ぶのか? どうすれば自殺を防げるのか?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。人は何故、自殺を選ぶのでしょうか? 自殺するまで追い込まれない為には、どうすれば良いのでしょうか?  個々で様々な事情はありますが、共通するのは精神トーンの問題です。今回の記事は、それら個々の事情に取り組む前に、基本の大枠として知っておくべき内容です。   自殺のリスクが高まる3つの精神状態  人は、どういう時に自殺に至るのか? その精神状態を詳しく知っておくのは、周囲で支える人にとって、決して無駄にはなりません。  一般的に広まっているノウハウ ...

詳しく読む

2022/5/2

『ノストラダムスの大予言』にある人類滅亡は、なぜ信じられ、エンタメ化したのか?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、子供の頃にあった『ノストラダムスの大予言』について、お話しします。  子供の頃、ノストラダムスは日常の一部でした。多くの人が1999年に人類は滅亡すると怖れ、その恐怖と不安が日常に溶け込んでいる、今にして思えば異様な状態でした。  けれどもそこには、人類滅亡シナリオをエンタメとして楽しむ、奇妙な空気も存在していました。   ノストラダムスの大予言は、エンタメとして親しまれた ノストラダムスの大予言、恐怖の大王とは?  ノストラダムスが日本 ...

詳しく読む

2022/4/24

怒りという感情を、精神異常と認識しておくべき理由とは?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、怒りの危険性についてお伝えします。  怒りは、爆発的なエネルギーで危険から逃れるため、精神を屈服させないために、絶対に必要な感情です。しかしその緊急事態に向くという特別性ゆえに、多大な危険性を含んでもいます。   怒りは理性と合理性を損なわせる 何故、怒りは精神異常なのか?  精神異常とはこの場合、理性と合理性の欠如を指します。理性とは、物事を区別する能力です。合理性とは、目的に対する手段の適正さです。ですから精神異常になると、想像と現実 ...

詳しく読む

2022/4/14

感謝をしたくない、ありがとうと言いたくない、という病

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、近頃で目立っている「感謝を否定する」意見について、その根本的な誤りを指摘します。  確かに、感謝は強要されるものではありません。しかし感謝の拒絶は、人間社会の本質への否定になるのです。   「優しさ・親切 ←→ 感謝」というノーコストな交換 社会の本質は、キレイ事ではなく助け合い  人間はなぜ、社会を形成するのでしょうか? 答えは簡単で、助け合うためです。  これはキレイ事ではなく、むしろ社会の本質です。人が一人で生き抜いていくのは、至難 ...

詳しく読む

2021/6/21

更新情報:「頑張るよりも、楽しむ方が優秀に。潜在能力は、楽しんで発揮する。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『頑張るよりも、楽しむ方が優秀に。潜在能力は、楽しんで発揮する。』に、Youtube、雑談講座を加えました。  命の危機に瀕した際の火事場の馬鹿力でさえも、楽しい! が採用されています。 → http://kokoro.click/tanovsgan     ♦更新情報を、メールでお届けします。 Leave Th ...

詳しく読む

2021/6/12

更新情報:「失敗して痛い目に遭った時、思考停止して逃げれば、心の負債になる。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『失敗して痛い目に遭った時、思考停止して逃げれば、心の負債になる。』に、Youtube、雑談講座を加えました。  下手に前向きさが入って正当化されている分、タチが悪い。不合理なルールを見つけ出し、修正しましょう。 → http://kokoro.click/sippaiteisi     ♦更新情報を、メールでお ...

詳しく読む

 

♦更新情報をメールでお知らせします。


 

-成功, 成長

Copyright© 軽やかに♪ 心クリック , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.