悩み、落ち込み、気分が晴れるヒントや考え方、お伝えします!

軽やかに♪ 心クリック

落ち込み

落ち込みやすい人と性格、原因と改善法。

投稿日:2019年3月22日 更新日:

 

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。

 今回は落ち込みやすい人、落ち込みやすい性格について、お話していきます。よろしくお願いします。

 人間ですから、落ち込むのは当たり前です。嫌なことがあれば、誰だって落ち込みます。しかし他人と比べて、より深刻に落ち込んでしまう人、ちょっとしたことでも落ち込んでしまう人は、やはり生き難いものです。

 そんな性格の人が、どうすれば改善できるのかを、原因と合わせてご紹介します。

 

落ち込みやすい、2つのタイプ 感情の振れ幅が大きい / ネガティブ

感情の振れ幅が大きい

 人それぞれ、感情の強さは違います。感情の強い人は、ちょっとした切っ掛けや原因で大きく感情が振れます。嬉しい、楽しい、といったプラスの感情も大きい代わりに、怒りや悲しみも大きく、落ち込めば深く沈んでいきます。一方、感情の弱い人は小さい振れ幅で、プラスもマイナスもさほど動きません。

 これは生まれつきの性格なので、良い悪いではありません。治すものではなく、これを前提にして対応して行けば良いのです。

ネガティブ

 物事を悪い方に捉えてしまう人は、落ち込む機会も多くなります。どんな事も、大抵はポジティブな面もあればネガティブな面もあります。ネガティブな人は、ネガティブな面に偏って焦点を当てるために、まるでこの世の終わりのような気持ちになってしまいます。

 しかしだからと言って、悪い結果を望んでいるわけではありません。ネガティブな人であっても、より良い未来を望む気持ちは同じです。ポジティブな人と違う点は、慎重さです。悪い未来を忌み嫌い過ぎるあまりに、マイナス面への脅えが強くなった結果です。

 

 

改善法

 感情の振れ幅が大きいタイプか、ネガティブなタイプかで、改善法も違います。また落ち込みから抜ける、落ち込まない、が目標ではありません。それがより良い人生、幸福につながっていって、初めて意味があります。

 ネガティブな人が強引にポジティブになってみたところで、そうそう上手くはいきません。無理をしている分、長所である持ち前の冷静さを発揮できなくなってしまうからです。

 人生にプラスになるから、改善する意義がある。大切なところなので、ここを念に押しておきます。

感情の振れ幅が大きいタイプ、の改善法

色々なケースを想定しておく、落ち込みの予防接種

 楽しみにしていた外食で、お店が休みだったら落ち込むと思います。けれども予め想定しておけば、衝撃は少なくて済みます。A店が休みだったら、B店に行こう、そこは混んでいて入れないかもしれないから、ちょっと足を伸ばしたらC店という手もある。という風に、ケースを考えておくのです。

 人間の心は、事実か想像かの区別をつけません。だから宝くじを買った人は、当選発表の日まで少し幸せでいられます。A店が休みだったとして……と想定した時点で、実は心は反応しています。本当に休みだったと知った程ではありませんが、ガッカリと落ち込みます。

 これが、予防接種のように効きます。すでに一度、ガッカリと落ち込んでいるので、本当にそうだったとしても大きく落ち込まなくなります。

良いことも悪いことも、必ず起こる

 前のものが一つ一つのウイルスに対する予防接種なら、こちらは全てのウイルスに対する予防接種です。(医療界に、そんなものはありませんが……)

 生きていれば、良いことも悪いことも、必ず起こります。全てが望み通りに上手く行くなんてあり得ないですし、たまたま悪いことが重なる時期もあります。

 良いことを期待するのは当然として、加えて悪いことも起こるものなのだと、心を幅広く待ち受けていましょう。その分、衝撃も弱くなり、落ち込みも浅くなります。

落ち込みも含めて楽しい人生

 これは落ち込みやすいことに、落ち込まなくなるみたいな話です。感情の強い人はプラスもマイナスも大きく、弱い人は双方とも小さい。どちらも差し引き0になって、結局は優劣がないという考え方もできます。

 しかし両者には決定的な違いがあって、「面白い/つまらない」では圧倒的な差です。落ち込む機会も多いのですが、感情が強い人の方が、生きていて面白いんですね。ここを含めると、総合的には感情の強い人の方が良い人生になりやすいです。

ネガティブな人の、改善法

過去と現状に対しては、良かった探し

 ネガティブな人の本質は、慎重さです。ですから過去と現状については、実はネガティブ判定の対象外です。けれども悲観的な物の見方が板についていると、何でもその方向性で捉えてしまいがちです。要は、思考の癖です。

 ですから改めて、過去と現状の整理をします。

 一つのテーマを決めて、良かった点を5個、書き出してください。一つ、「結婚相手に今の旦那さんを選んだ」というテーマで考えてみます。「優しい」「真面目に働いている」「私の趣味に理解がある」「浮気はしない」「金銭感覚は普通」、例えば、こんな感じです。

 もしも旦那さんに不満を感じていて、今の生活に嫌気がさして落ち込む要因となっていたとしたら、世界が少し変わります。ポジティブな面に焦点が当たれば、嬉しい、満足、幸せといったプラスの感情も出てきます。

 5つというのも良い数字で、ちょっとだけ後半は難しくなります。1~3くらいなら簡単に見つけられるのですが、4つめ、5つめとなると、なかなか見つかりません。だから5つめの「金銭感覚は普通」は、考え抜いて無理矢理ひねり出したという設定です。これが10になると、出来なくはないですが嫌になります。これくらいが、ちょうど良いです。

 過去の自分が歩んできた道、今の自分が置かれている状況、思い当たるものを、片っ端からやってみてください。

 良かった探しは、自分も周囲も平和にする、とても素敵な習慣です。

未来に対しては、いっそのことネガティブを極める

 未来に対してネガティブなのは、慎重さの本領発揮です。全ての悪い未来を回避したなら、良い未来しか残りません。

 例えば、良い仕事に就きたいと望んだとします。就職に有利になって待遇も良くなる資格を取ろうと、計画したとしますね。ここでネガティブさが登場すると、こうなります。

「でも資格を取ったからといって、絶対に就職できるとは限らない。就職できなければ、その勉強に費やした時間と労力が無駄になってしまう」

 普通のネガティブな人なら、ここで足止めをされます。しかし深く考えるネガティブな人だと、何もしないでいるのがもっとも危険だと判断して、どう行動すれば確率が高いのかを考えます。必ず就職できる資格はないだろうか? 他の何かを組み合わせたら、確率が上がるのではないか? と様々なものを検証して、もっとも良さそうな選択肢を取ります。

 未来は不確定なので、絶対に正しい選択肢はありません。しかし検証して高い確率のものを選び続けていれば、そうそう外ればかりを引き続けるものでもありません。

 ネガティブな人が落ち込み気味になるのは、未来が不安で決断を保留にして、次第に茹でガエルのように追い詰められていくからです。そこをもっとも高いリスクだと捉えて考えれば、ネガティブの先には明るい未来があります。

 恋愛でもそうですよ。失恋に脅えて何もしないと、誰とも恋人になれないまま時間だけが過ぎ去っていきます。そちらの方が怖くなれば、行動を起こすしかなくなります。極めたネガティブは、どのような状況であっても未来を切り開くしかなくなります。

 

 

 

まとめ

 落ち込みやすい性格・人には、感情の振れ幅が大きい、ネガティブの二種類がある。

 それぞれ改善の仕方には、違いがある。感情の振れ幅が大きい人は、上手に付き合えば面白い人生になる! ネガティブな人は、極めれば未来を切り開く武器になる!

 

Youtube、記事動画

 この記事の内容を、動画でもお伝えしています。ただ記事はリライトされる事があるので、若干、内容が異なる場合もございます。

Youtube、雑談講座

 この記事の内容を元に、雑談を交えたフリートークです。台本なしのワンテイクです。

 

 

2022/9/26

自己評価は、自分の言動に対する評価で決まり、その評価が言動をパターン化させる。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。どのような自己評価で生きているかによって、気分は大きく違ってきます。  善良である、悪辣である、優しい、冷たい、品が高い、下品、前向きに頑張れる、後ろ向きで意欲が低い、など、貴方は自分をどう評価していますか?  ポジティブな自己評価をしている人は、それだけで気分よく生きていけます。ネガティブな自己評価であれば、その逆です。  今回の記事は、自己評価を作って気分を上げましょう! という内容です。   自己評価は言動で作られる 自分も、自分の言動を見 ...

詳しく読む

2022/5/11

人はなぜ自殺を選ぶのか? どうすれば自殺を防げるのか?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。人は何故、自殺を選ぶのでしょうか? 自殺するまで追い込まれない為には、どうすれば良いのでしょうか?  個々で様々な事情はありますが、共通するのは精神トーンの問題です。今回の記事は、それら個々の事情に取り組む前に、基本の大枠として知っておくべき内容です。   自殺のリスクが高まる3つの精神状態  人は、どういう時に自殺に至るのか? その精神状態を詳しく知っておくのは、周囲で支える人にとって、決して無駄にはなりません。  一般的に広まっているノウハウ ...

詳しく読む

2022/5/2

『ノストラダムスの大予言』にある人類滅亡は、なぜ信じられ、エンタメ化したのか?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、子供の頃にあった『ノストラダムスの大予言』について、お話しします。  子供の頃、ノストラダムスは日常の一部でした。多くの人が1999年に人類は滅亡すると怖れ、その恐怖と不安が日常に溶け込んでいる、今にして思えば異様な状態でした。  けれどもそこには、人類滅亡シナリオをエンタメとして楽しむ、奇妙な空気も存在していました。   ノストラダムスの大予言は、エンタメとして親しまれた ノストラダムスの大予言、恐怖の大王とは?  ノストラダムスが日本 ...

詳しく読む

2022/4/24

怒りという感情を、精神異常と認識しておくべき理由とは?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、怒りの危険性についてお伝えします。  怒りは、爆発的なエネルギーで危険から逃れるため、精神を屈服させないために、絶対に必要な感情です。しかしその緊急事態に向くという特別性ゆえに、多大な危険性を含んでもいます。   怒りは理性と合理性を損なわせる 何故、怒りは精神異常なのか?  精神異常とはこの場合、理性と合理性の欠如を指します。理性とは、物事を区別する能力です。合理性とは、目的に対する手段の適正さです。ですから精神異常になると、想像と現実 ...

詳しく読む

2022/4/14

感謝をしたくない、ありがとうと言いたくない、という病

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、近頃で目立っている「感謝を否定する」意見について、その根本的な誤りを指摘します。  確かに、感謝は強要されるものではありません。しかし感謝の拒絶は、人間社会の本質への否定になるのです。   「優しさ・親切 ←→ 感謝」というノーコストな交換 社会の本質は、キレイ事ではなく助け合い  人間はなぜ、社会を形成するのでしょうか? 答えは簡単で、助け合うためです。  これはキレイ事ではなく、むしろ社会の本質です。人が一人で生き抜いていくのは、至難 ...

詳しく読む

2021/6/21

更新情報:「頑張るよりも、楽しむ方が優秀に。潜在能力は、楽しんで発揮する。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『頑張るよりも、楽しむ方が優秀に。潜在能力は、楽しんで発揮する。』に、Youtube、雑談講座を加えました。  命の危機に瀕した際の火事場の馬鹿力でさえも、楽しい! が採用されています。 → http://kokoro.click/tanovsgan     ♦更新情報を、メールでお届けします。 Leave Th ...

詳しく読む

2021/6/12

更新情報:「失敗して痛い目に遭った時、思考停止して逃げれば、心の負債になる。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『失敗して痛い目に遭った時、思考停止して逃げれば、心の負債になる。』に、Youtube、雑談講座を加えました。  下手に前向きさが入って正当化されている分、タチが悪い。不合理なルールを見つけ出し、修正しましょう。 → http://kokoro.click/sippaiteisi     ♦更新情報を、メールでお ...

詳しく読む

 

♦更新情報をメールでお知らせします。


 

-落ち込み

Copyright© 軽やかに♪ 心クリック , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.