悩み、落ち込み、気分が晴れるヒントや考え方、お伝えします!

軽やかに♪ 心クリック

幸せ 落ち込み 成長

人生は、理不尽なもの。不条理な世界で、人はどう生きていくべきか?

投稿日:2019年5月22日 更新日:

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。人生は理不尽なもので、世界は不条理です。長い人生、何度かは集中的に辛い時期があります。

 人はどのように生きていくべきか? 重いテーマですが、ここの覚悟をどっしりと決めるから、軽やかな生き方も拓かれていきます。

 

人生に起こる辛い出来事

平和な文明社会では、因果応報を信仰してしまう

 因果応報は、悪い意味に限定して使われがちです。けれども本来は、「良い行いをすれば良い報いがあり、悪い行いをすれば悪い報いがある」と、双方を意味しています。

 平和な文明社会は、治安の良さがあり、住む人々には良識があり、力づくの横暴は許されません。正しく良いことをすれば称賛され、悪い間違ったことをすれば批判されます。文明レベルが上がるほど、社会は道理に沿って運営されます。

 日本は、明らかに平和な文明社会です。普通に暮らしている分には、そうそう酷い理不尽な目にも遭いません。しかし嫌なヤツは必ずいて、報道では酷い許し難い犯罪者の存在を知らされ、怒りと憎しみが芽生えます。そんな悪人が罰せられる、何らかの不幸に見舞われると、「バチが当たった」「身から出た錆だ」と、留飲を下げます。

 こうしている内に、知らないまま因果応報を信仰するに至ります。半ば無意識に、「自分はこれくらいしか悪いことをしていないから、不幸な目に遭うとしてもこれくらいだろう」と計算して高を括っています。

この世界に因果応報という法則はない

 残念ながら、この世界に因果応報なる法則はありません。

 もしも存在するなら、事故や病気で悲劇に見舞われる幼児は存在しません。前世の業がどうのという話は、単なる辻褄合わせに過ぎません。

 合法的に悪事を働く人たちは、逮捕すらされません。そのような人たちが、特別に不幸な人生を歩むという傾向もありません。

因果応報は人の理性によって作り出すもの

 この世界に因果応報の法則はありません。しかし人間の手によって、それを実現するのは可能です。

 殺人や窃盗などを行った人間を逮捕して罰するのは、法律の力です。法律を作って運用しているのは、人間です。悪人は法則によってではなく、人の理性によって罰せられるのです。

 また法をかいくぐる悪人に対しても、私刑は許されませんが、社会的地位の低下やバッシングという報いがあります。これも善悪を区別する人の理性が、悪人を罰している形です。

 逆に良いことをした人に報うのも、人の理性によって行います。正しい取り組みをしている人や企業を応援する。頑張った子供を、ちゃんと褒める。

 例を挙げれば無限に出てきますが、どれもこれも世界の法則ではなく、人の理性によって選び取っているものだと解ります。

酷い目に遭うのは何故か?

 人が酷い目に遭うのは、クジで外れを引くのに似ています。悪いことをしたから報いを受けているのではなく、その時にたまたま外れを引いてしまったからです。

 地下鉄サリン事件が起こった時期に、僕は千代田線で通学していました。事件の二日後に千代田線に乗り、霞が関を通過しました。もしも決行が、僕のタイミングと合ってしまっていたなら、その時に死んでいたかもしれません。

 僕が被害に遭わなかったのは、正しく生きていたからではなく、外れクジを引かなかったからです。

「なぜ自分が、こんな目に遭わなければならないのか……」

 こう思ったら、因果応報を信仰してしまった証です。自分はこれくらいの悪いことをしてきたから、酷い目に遭うとしてもこれくらいだろう。と、高を括って計算していたのです。

 因果応報を作れるのは、人の理性だけです。そうでないものは、他の因果関係がもたらした偶然の産物です。

 この信仰は、もはや何の役にも立ちません。むしろ絶望が強くなります。因果応報の信仰が役立つのは、憎い悪人をのさばらせておく苦痛を紛らわす場面のみです。

 そもそも人生は理不尽なものと位置付け、覚悟しておくべきです。

 

 

 

 

不条理な世界で、どう生きるべきか?

 必ずしも道理の通りにはいかない不条理な世界で、人が出来ることは2つしかありません。

 ありもしない法則にすがっていては、外れクジを引く確率を増やすだけです。

当たりクジを増やして、外れクジを減らす

 人は全ての未来を予測しきれません。結果を、完全にはコントロールできません。しかし常識、知識、経験から、その確率の操作はできます。クジそのものは選べなくても、どの箱から引くのかは選べるのです。

 外出中、空き巣に入られる。鍵を開けっぱなしにすれば、確実にその行動は外れクジを増やします。女性が人気のない夜道を一人で歩けば、暴漢に襲われる外れクジは増えます。暴飲暴食や睡眠不足は、病気になる外れクジを増やします。

 身だしなみに気を配れば、良い恋愛や結婚ができる当たりくじを増やせます。コツコツとまじめに勉強をすれば、目標を達成する当たりクジが増えます。

 長い人生は、こうして何度も何度もクジを引き続けているようなものです。当たりも外れも、分母が大きければ殆ど平均化していきます。

 できるだけ当たりの多い、当たった時の報酬が大きいクジの箱を選ぶようにします。そして同時に、外れた時の損害が小さい方が望ましいです。

他人の当たりクジを増やしてあげる生き方

 あなたはまた、他人からすればクジの側でもあります。

 例えば僕の妻は、結婚相手として小池義孝というクジを引きました。二人の子供は、父親として小池義孝というクジを引きました。僕は引かれたクジとして、一生懸命に「大きな当たり」になろうと頑張っています。

 仕事でも家庭でも、その他の人間関係でも、あなたという存在が当たりか外れかは、あなたの意識に掛かっています。

 良いことをしたら、評価をする、称える、褒める、正当な報酬を提供する、このような意識で生きていくなら、その分だけ社会は道理に適った環境になります。また特別に良いことをしたからではなく、普通に優しく親切にしたって誰も損はしません。

諸行無常

 人の弱さは、保証を欲しがります。因果応報の信仰は、保証のない未来への不安を軽減する支えです。

 ただ悪い出来事、災難は、良い人だからと避けてはくれません。諸行無常という仏教の言葉は、不条理を受け入れるしかないという決意です。

 より安全に、より幸せに生きようと努力をする。自分自身は正しく生きる。それでも外れクジを(確率的に)引いてしまうのが、人生というものです。

 人はただ人として懸命に賢明に生きて、何があっても自分の人生として受け入れる。こうして覚悟を決めて、一歩一歩を大切にする。これだけが、不条理な世界で生きて行く者に求められる心構えです。

 

 

 

まとめ

 長く人生を歩んでいると、集中的に辛い時期が何度かは訪れます。理不尽が渦巻くこの世界で、そうそう楽な局面ばかりではいられません。

 ただただ懸命に、賢明に、生きるのみです。

 

Youtube、記事動画

 この記事の内容を、動画でもお伝えしています。ただ記事はリライトされる事があるので、若干、内容が異なる場合もございます。

Youtube、雑談講座

 この記事の内容を元に、雑談を交えたフリートークです。台本なしのワンテイクです。

 

 

2022/9/26

自己評価は、自分の言動に対する評価で決まり、その評価が言動をパターン化させる。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。どのような自己評価で生きているかによって、気分は大きく違ってきます。  善良である、悪辣である、優しい、冷たい、品が高い、下品、前向きに頑張れる、後ろ向きで意欲が低い、など、貴方は自分をどう評価していますか?  ポジティブな自己評価をしている人は、それだけで気分よく生きていけます。ネガティブな自己評価であれば、その逆です。  今回の記事は、自己評価を作って気分を上げましょう! という内容です。   自己評価は言動で作られる 自分も、自分の言動を見 ...

詳しく読む

2022/5/11

人はなぜ自殺を選ぶのか? どうすれば自殺を防げるのか?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。人は何故、自殺を選ぶのでしょうか? 自殺するまで追い込まれない為には、どうすれば良いのでしょうか?  個々で様々な事情はありますが、共通するのは精神トーンの問題です。今回の記事は、それら個々の事情に取り組む前に、基本の大枠として知っておくべき内容です。   自殺のリスクが高まる3つの精神状態  人は、どういう時に自殺に至るのか? その精神状態を詳しく知っておくのは、周囲で支える人にとって、決して無駄にはなりません。  一般的に広まっているノウハウ ...

詳しく読む

2022/5/2

『ノストラダムスの大予言』にある人類滅亡は、なぜ信じられ、エンタメ化したのか?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、子供の頃にあった『ノストラダムスの大予言』について、お話しします。  子供の頃、ノストラダムスは日常の一部でした。多くの人が1999年に人類は滅亡すると怖れ、その恐怖と不安が日常に溶け込んでいる、今にして思えば異様な状態でした。  けれどもそこには、人類滅亡シナリオをエンタメとして楽しむ、奇妙な空気も存在していました。   ノストラダムスの大予言は、エンタメとして親しまれた ノストラダムスの大予言、恐怖の大王とは?  ノストラダムスが日本 ...

詳しく読む

2022/4/24

怒りという感情を、精神異常と認識しておくべき理由とは?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、怒りの危険性についてお伝えします。  怒りは、爆発的なエネルギーで危険から逃れるため、精神を屈服させないために、絶対に必要な感情です。しかしその緊急事態に向くという特別性ゆえに、多大な危険性を含んでもいます。   怒りは理性と合理性を損なわせる 何故、怒りは精神異常なのか?  精神異常とはこの場合、理性と合理性の欠如を指します。理性とは、物事を区別する能力です。合理性とは、目的に対する手段の適正さです。ですから精神異常になると、想像と現実 ...

詳しく読む

2022/4/14

感謝をしたくない、ありがとうと言いたくない、という病

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、近頃で目立っている「感謝を否定する」意見について、その根本的な誤りを指摘します。  確かに、感謝は強要されるものではありません。しかし感謝の拒絶は、人間社会の本質への否定になるのです。   「優しさ・親切 ←→ 感謝」というノーコストな交換 社会の本質は、キレイ事ではなく助け合い  人間はなぜ、社会を形成するのでしょうか? 答えは簡単で、助け合うためです。  これはキレイ事ではなく、むしろ社会の本質です。人が一人で生き抜いていくのは、至難 ...

詳しく読む

2021/6/21

更新情報:「頑張るよりも、楽しむ方が優秀に。潜在能力は、楽しんで発揮する。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『頑張るよりも、楽しむ方が優秀に。潜在能力は、楽しんで発揮する。』に、Youtube、雑談講座を加えました。  命の危機に瀕した際の火事場の馬鹿力でさえも、楽しい! が採用されています。 → http://kokoro.click/tanovsgan     ♦更新情報を、メールでお届けします。 Leave Th ...

詳しく読む

2021/6/12

更新情報:「失敗して痛い目に遭った時、思考停止して逃げれば、心の負債になる。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『失敗して痛い目に遭った時、思考停止して逃げれば、心の負債になる。』に、Youtube、雑談講座を加えました。  下手に前向きさが入って正当化されている分、タチが悪い。不合理なルールを見つけ出し、修正しましょう。 → http://kokoro.click/sippaiteisi     ♦更新情報を、メールでお ...

詳しく読む

 

♦更新情報をメールでお知らせします。


 

-幸せ, 落ち込み, 成長

Copyright© 軽やかに♪ 心クリック , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.