悩み、落ち込み、気分が晴れるヒントや考え方、お伝えします!

軽やかに♪ 心クリック

幸せ

幸福は、お金で買えるのか? 人はお金で、どこまで幸せになれるのか?

投稿日:2019年7月7日 更新日:

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。幸福は、お金では買えない。よく見聞きするフレーズです。しかしお金で買える幸せだって、確実に存在します。

 人はお金で、どこまで幸せになれるのか? を検証していきます。

 

人はお金で、どこまで幸せになれるのか?

「ない → ある」への変化は絶大

 もっとも大きな変化とは、無が有に変わった瞬間でしょう。ちょっとした薄毛に1000本の植毛をしても、ほとんど気付かれません。しかしスキンヘッドに1000本の植毛をしたら、違いは誰の目からも明らかです。

 テレビがない生活をしていた人がテレビを購入すると、状況は大きく変わります。小さな安いテレビから大きな高いテレビに買い替えても状況は変わりますが、「ない → ある」ほどの落差はありません。

 ある程度のお金があると、生活に必要なものは全て揃い、娯楽にも使えるようになります。それ以上のお金があれば、今度はそれらの質を上げていくように使われます。ただ質が上がった喜びは、それをない状態から買った喜びには敵いません。無から有への変化に比べれば、インパクトに薄くなるからです。

 お金で買える幸福は、おおよそこの種類だと思ってください。

幸福向上限界値は月々2000万円?

 お金は使おうと思えばいくらでも使えますが、本当に欲しいもの、価値あるものを購入していくことに限定すれば、ある程度のところで限界は来ます。

 それを月あたり2000万円くらいではないか? と言う人がいます。色々な遊びをし尽くして発言されているのですが、2000万円以上となると、無理に使おうとしなければ使えないそうです。つまり欲しいと思うものを思う存分、買って喜べる金額は、せいぜい月々2000万円だということです。

 もちろんこれは、趣味や嗜好によっても異なります。骨董品や美術品が好きな人では、いくらあっても足りないくらいでしょう。そういう特別な趣味がなければ、2000万円くらいで、ほとんどの物欲は満たされてしまいます。それ以上の金額を無理に使っても、喜びも幸福も増えていきません。

車を何台も所有していた男性の話

 大儲けした時には豪邸に住み、高級車を何台も所有し、大損して転落した後は質素な生活に逆戻りしたという男性がいます。

 そして大儲けしていた時代に果たして幸福だったかというと、当時はウカれていて、あまり記憶にないとのこと。質素な生活をしている今が当時に比べて不幸かと言えば、そうでもない。もう一度、お金持ちになりたいか? と問われれば、なりたいけれども無理には良いという回答です。

お金は倍あったからといって、幸福が倍になるわけではない

 お金は倍あったからといって、幸福が倍になるわけではありません。

 ですが生活に困るレベルの人が、充分に豊かに生活できるようなレベルに上がったならば、そこには大きな満足感があります。お金が増えることによって増大する幸福感は、最初は大きな落差があります。けれども増えれば増えるほど、幸福が増えていく度合いは小さくなっていく傾向にあります。

 ある程度以上のレベルであれば、その差は「家族との良好な関係」「自由に使える時間」などの他の要素によって、簡単に逆転されるものです。

お金が欲しいわけではない

 私たちはお金が欲しいわけではありません。人生の幸福が欲しい。その手段としてお金があるはずです。幸福は、家族との関係であったり、充実した時間であったり、自分自身の成長であったり、他にも多くの要素があります。

 お金を稼ごうとして、幸福の他の要素を犠牲にしてしまえば、結局は幸せとは言えません。お金は生活に不自由しない程度あれば、その後の伸びでは幸福への貢献度は低くなっていきます。あまり喜びの大きさが変わらなくなってきます。幸福を得ることを投資によるリターンとして考えれば、お金の他にも重要な投資先はいくらでもあります。

 大金持ちになっても、家族関係が冷え切っていたら、決して総合的には幸福とは言えません。であれば多少貧しいくらいでも家族関係が良好な方が、よほど幸福です。

 実際、金の亡者が金銭的には成功したけれども、総合的に見れば不幸な境遇に陥ったという話は多く聞きます。世間が、金銭的な成功者の不幸話を望んでいる分を差し引いても、「金銭を最優先にして生きたら、碌な人間にならない」のは、一つの事実でしょう。

 

 

 

 

お金の使い方を考えよう

 お金を虚栄心や見栄のために使ってしまえば、それは人生の幸福への投資という意味ではまったくの無駄遣いです。健康、心の充実、学習、社会貢献など、積極的に幸福のために投資をしていきましょう。

 大儲けした人がお金に溺れてしまい、後に何も残らなかった…… という話はよく聞きます。お金は手段に過ぎないので、使い方の方が重要です。

 例えば僕は、稼ぎが良くなったタイミングで小さな子供がいたので、週に一回は遊びに連れて行きました。子供達との楽しい思い出という、一生の財産が手に入りました。ただ勿論、共に暮らした毎日の方が、価値は圧倒的に上です。その上での、贅沢です。

 これは僕と家族の幸福にとって、良い使い方だったなと思います。何がその人にとっての幸福かは、それぞれです。少なければ少ないなりに、多ければ多いなりに、幸福度を上げるように考えましょう。

 前にも書いてある通り、ある程度の生活をしているなら、幸福度はあまり変わりません。僕も記憶を思い起こすと、「海外旅行の思い出 = 荒川遊園地の思い出」です。飛行機に乗って遠くに行こうと、近所の小さな遊園地だろうと、思い出にある幸福感に差はありません。

 

 

 

まとめ

「無 → 有」へのインパクトは、凄いです。「最低 → まあまあ」の落差も、まずまずです。しかし「まあまあ → 高級」になると、落差はかなり縮まります。それなのに、金額は何倍もします。

 ただ「お金持ちの自分」が好きで溜まらない人だけは、例外です。お金で買えるものではなく、そのポジションにいる事実が重要だからです。

 

Youtube、記事動画

 この記事の内容を、動画でもお伝えしています。ただ記事はリライトされる事があるので、若干、内容が異なる場合もございます。

Youtube、雑談講座

 この記事の内容を元に、雑談を交えたフリートークです。台本なしのワンテイクです。

 

 

2022/9/26

自己評価は、自分の言動に対する評価で決まり、その評価が言動をパターン化させる。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。どのような自己評価で生きているかによって、気分は大きく違ってきます。  善良である、悪辣である、優しい、冷たい、品が高い、下品、前向きに頑張れる、後ろ向きで意欲が低い、など、貴方は自分をどう評価していますか?  ポジティブな自己評価をしている人は、それだけで気分よく生きていけます。ネガティブな自己評価であれば、その逆です。  今回の記事は、自己評価を作って気分を上げましょう! という内容です。   自己評価は言動で作られる 自分も、自分の言動を見 ...

詳しく読む

2022/5/11

人はなぜ自殺を選ぶのか? どうすれば自殺を防げるのか?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。人は何故、自殺を選ぶのでしょうか? 自殺するまで追い込まれない為には、どうすれば良いのでしょうか?  個々で様々な事情はありますが、共通するのは精神トーンの問題です。今回の記事は、それら個々の事情に取り組む前に、基本の大枠として知っておくべき内容です。   自殺のリスクが高まる3つの精神状態  人は、どういう時に自殺に至るのか? その精神状態を詳しく知っておくのは、周囲で支える人にとって、決して無駄にはなりません。  一般的に広まっているノウハウ ...

詳しく読む

2022/5/2

『ノストラダムスの大予言』にある人類滅亡は、なぜ信じられ、エンタメ化したのか?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、子供の頃にあった『ノストラダムスの大予言』について、お話しします。  子供の頃、ノストラダムスは日常の一部でした。多くの人が1999年に人類は滅亡すると怖れ、その恐怖と不安が日常に溶け込んでいる、今にして思えば異様な状態でした。  けれどもそこには、人類滅亡シナリオをエンタメとして楽しむ、奇妙な空気も存在していました。   ノストラダムスの大予言は、エンタメとして親しまれた ノストラダムスの大予言、恐怖の大王とは?  ノストラダムスが日本 ...

詳しく読む

2022/4/24

怒りという感情を、精神異常と認識しておくべき理由とは?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、怒りの危険性についてお伝えします。  怒りは、爆発的なエネルギーで危険から逃れるため、精神を屈服させないために、絶対に必要な感情です。しかしその緊急事態に向くという特別性ゆえに、多大な危険性を含んでもいます。   怒りは理性と合理性を損なわせる 何故、怒りは精神異常なのか?  精神異常とはこの場合、理性と合理性の欠如を指します。理性とは、物事を区別する能力です。合理性とは、目的に対する手段の適正さです。ですから精神異常になると、想像と現実 ...

詳しく読む

2022/4/14

感謝をしたくない、ありがとうと言いたくない、という病

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、近頃で目立っている「感謝を否定する」意見について、その根本的な誤りを指摘します。  確かに、感謝は強要されるものではありません。しかし感謝の拒絶は、人間社会の本質への否定になるのです。   「優しさ・親切 ←→ 感謝」というノーコストな交換 社会の本質は、キレイ事ではなく助け合い  人間はなぜ、社会を形成するのでしょうか? 答えは簡単で、助け合うためです。  これはキレイ事ではなく、むしろ社会の本質です。人が一人で生き抜いていくのは、至難 ...

詳しく読む

2021/6/21

更新情報:「頑張るよりも、楽しむ方が優秀に。潜在能力は、楽しんで発揮する。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『頑張るよりも、楽しむ方が優秀に。潜在能力は、楽しんで発揮する。』に、Youtube、雑談講座を加えました。  命の危機に瀕した際の火事場の馬鹿力でさえも、楽しい! が採用されています。 → http://kokoro.click/tanovsgan     ♦更新情報を、メールでお届けします。 Leave Th ...

詳しく読む

2021/6/12

更新情報:「失敗して痛い目に遭った時、思考停止して逃げれば、心の負債になる。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『失敗して痛い目に遭った時、思考停止して逃げれば、心の負債になる。』に、Youtube、雑談講座を加えました。  下手に前向きさが入って正当化されている分、タチが悪い。不合理なルールを見つけ出し、修正しましょう。 → http://kokoro.click/sippaiteisi     ♦更新情報を、メールでお ...

詳しく読む

 

♦更新情報をメールでお知らせします。


 

-幸せ

Copyright© 軽やかに♪ 心クリック , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.