悩み、落ち込み、気分が晴れるヒントや考え方、お伝えします!

軽やかに♪ 心クリック

気分 落ち込み

理由もなく、何となく気分が落ち込む原因と対処法。

投稿日:2019年4月3日 更新日:

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。特に理由が見当たらないのに、何となく気分が落ち込む。

 こんな時には、いくつか原因が考えられます。それぞれの対処法を合わせてご紹介しますので、思い当たるものをお試しください。

 

肉体的な原因

疲労の見えない蓄積

 健康を維持するには、活動と休息とのバランスが重要です。活動時間に対して休息時間が足りない、あるいは休息の質が低いと、次第に疲労が蓄積されていきます。

 少しずつの変化だと、鈍い人はなかなか気付けません。ジワジワと疲労を蓄積していきます。また気が張って興奮状態が続いた時も、疲労を感じ難くなっています。元気なようでも、疲労は確実に溜まっていきます。

 肉体疲労から、心の元気も減退します。

対処法

 感覚ではなく、経験や常識で判断してみましょう。自分の体力、常識と照らし合わせて、疲れていてもおかしくない、疲れていなければ逆におかしい、といったように思えたなら、休息を取ってみてください。時間だけではなく、心配事をなくしておく、煩わしい外部からの連絡は絶つ、体を温める、など質も良くします。

 例えば、何か月も休みを取らずに頑張り続けていれば、さすがに疲れていなければおかしいです。

睡眠不足

 人によって、必要な睡眠時間は違います。ショートスリーパー、ロングスリーパーといった言葉も、見聞きした経験があるのではないでしょうか。

 仮に、7時間の睡眠がベストだとします。すると3~4時間睡眠でも、1日か2日くらいなら平気で過ごせます。5~6時間睡眠であれば、かなりの長い期間、さほど体調悪化も疲れも感じずに過ごせます。しかしベストは7時間ですから、ゆっくりと疲れが溜まっていきます。(この時間と日数は、参考までの目安です)

 極端な睡眠不足では、すぐに限界が来るので解ります。しかし微妙な睡眠不足では、疲労の蓄積になかなか気付けません。もしかしたら本人は、自分は5~6時間の睡眠がベストだと誤認している怖れもあります。

対処法

 ベストの睡眠時間よりも短い自覚のある人は、ベストで数日間を連続で過ごしてください。

 その自覚がない方は、試しに通常よりも2~3時間、多めに睡眠時間を長く取ってみてください。

糖質を摂り過ぎる

 甘い物、炭水化物を多く含むものは、血糖値を上げます。血糖値の過度な上昇があると、体はインシュリンを分泌して抑制にかかります。この時にダルさが出て、体力も落とされてしまいます。

 毎日のように甘い物を食べ続ける習慣のある人は、そのダルさが当たり前になっていて、気付かない状態かもしれません。

対処法

 お菓子やスイーツを絶つのは勿論、炭水化物全体を抑えるようにしてみてください。高タンパク、低糖質の食生活に切り替えます。

 ただし炭水化物をまったく摂らない、極端な制限は良くありません。茶碗で1杯のご飯であれば半分にするなど、ほどほどで行ってください。お菓子やスイーツの方は、最初のうちは完全に絶った方が良いです。体調が良くなったら、あとは自分のさじ加減で様子を見てコントロールできます。

 

 

 

 

精神的な原因

自分の心を抑え込んでいる

 本当はやりたい事がある、言わないけれど我慢している、嫌々ながら仕方なくやっている、こんな風に自分の心を抑え込んでいると、次第に精神が削られていきます。

 やりたい事ができない、我慢して受け入れている、といった状況では、苦痛が溜まっていきます。日々の苦痛は小さくても、蓄積すれば相当な大きさになります。

 苦痛が心を圧迫すると、気分が上がらずに落ち込みがちになります。

対処法

 まずは、自分の素直な気持ちを直視してください。

 自分の心を抑えるには、何かしらの事情があって普通です。居場所を失わないため、和を乱さないため、他人に迷惑をかけたくない、などを優先した結果です。

 ただ気分が落ち込むように至っては、延長線上にはより深刻な事態が待っています。まだ余力がある内に、自分の心に沿った変化をもたらしてください。

 例えば気晴らしもせずに育児に追われているなら、迷惑などと考えずに、誰かに頼って自由時間を作るようにします。

思考と心とが一致していない

 これは前項の「自分の心を抑え込んでいる」を、こじらせたものです。

 最後に例で挙げた、気晴らしと育児で考えてみます。このお母さんにとって、育児はとても幸せなものでした。愛する我が子と一緒にいて、苦痛であるはずがない。それを苦痛に感じるような愛情に薄い母親ではないと、強く思い込んでいます。

 しかし現実の育児は、想像とは違いました。いくら我が子は愛しくても、ストレスが溜まっていきます。しかし嫌だという思いは、すぐに本人の意思によって打ち消されます。思考が、本当の心を認められない姿です。

 思考が心の在り方を作ろうとし過ぎるか、強い先入観にあると、思考と心との間に不一致が生じます。

 心が追い込まれていくのは同じですが、こちらは自分を省みても解り難く、より厄介です。

対処法

 思考を取り止めて、心の声に耳を傾けてください。ただボーっとして、心の反応に耳を澄ますのです。

 そこで出てきた、やりたい衝動、モヤモヤ、不満、嫌だ、逃げたい、などをキャッチしてください。意外に感じられたものが、あなたが気付かなかった、認めなかった本当の心です。

 何となくでも察しがついたなら、本当の心を満たすよう、生活に変化をもたらしましょう。

日々の生活に新鮮味がない

 解りきったものには、心の反応が鈍くなります。特に嫌なものがなくても、変化のない生活は心を停滞化させます。

 心の停滞は、感覚としては気分の落ち込みと同じです。

対処法

 難しくはありません。無理にでも、生活に変化をつけましょう。

 ショッピング、外食、映画、旅行、その人にとって変化になるなら何でも良いです。いつもと違う道を通るだけでも、意外に心が動かされるものです。

 この場合には、嫌なマイナス方面でも成立しますが、どうせなら楽しいプラスの事にしましょう。

 

 

 

まとめ

 肉体的な原因、精神的な原因、それぞれ可能性の高いものをご紹介しました。

 原因が一つとは限りません。複数のものが絡み合っているケースも、多いものです。思い当たるものは、複数を同時進行で試してみてください。特に糖分過多の自覚があれば、これは必ず入れてください。ほぼ確実に効果が出ます。

 

 

2022/9/26

自己評価は、自分の言動に対する評価で決まり、その評価が言動をパターン化させる。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。どのような自己評価で生きているかによって、気分は大きく違ってきます。  善良である、悪辣である、優しい、冷たい、品が高い、下品、前向きに頑張れる、後ろ向きで意欲が低い、など、貴方は自分をどう評価していますか?  ポジティブな自己評価をしている人は、それだけで気分よく生きていけます。ネガティブな自己評価であれば、その逆です。  今回の記事は、自己評価を作って気分を上げましょう! という内容です。   自己評価は言動で作られる 自分も、自分の言動を見 ...

詳しく読む

2022/5/11

人はなぜ自殺を選ぶのか? どうすれば自殺を防げるのか?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。人は何故、自殺を選ぶのでしょうか? 自殺するまで追い込まれない為には、どうすれば良いのでしょうか?  個々で様々な事情はありますが、共通するのは精神トーンの問題です。今回の記事は、それら個々の事情に取り組む前に、基本の大枠として知っておくべき内容です。   自殺のリスクが高まる3つの精神状態  人は、どういう時に自殺に至るのか? その精神状態を詳しく知っておくのは、周囲で支える人にとって、決して無駄にはなりません。  一般的に広まっているノウハウ ...

詳しく読む

2022/5/2

『ノストラダムスの大予言』にある人類滅亡は、なぜ信じられ、エンタメ化したのか?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、子供の頃にあった『ノストラダムスの大予言』について、お話しします。  子供の頃、ノストラダムスは日常の一部でした。多くの人が1999年に人類は滅亡すると怖れ、その恐怖と不安が日常に溶け込んでいる、今にして思えば異様な状態でした。  けれどもそこには、人類滅亡シナリオをエンタメとして楽しむ、奇妙な空気も存在していました。   ノストラダムスの大予言は、エンタメとして親しまれた ノストラダムスの大予言、恐怖の大王とは?  ノストラダムスが日本 ...

詳しく読む

2022/4/24

怒りという感情を、精神異常と認識しておくべき理由とは?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、怒りの危険性についてお伝えします。  怒りは、爆発的なエネルギーで危険から逃れるため、精神を屈服させないために、絶対に必要な感情です。しかしその緊急事態に向くという特別性ゆえに、多大な危険性を含んでもいます。   怒りは理性と合理性を損なわせる 何故、怒りは精神異常なのか?  精神異常とはこの場合、理性と合理性の欠如を指します。理性とは、物事を区別する能力です。合理性とは、目的に対する手段の適正さです。ですから精神異常になると、想像と現実 ...

詳しく読む

2022/4/14

感謝をしたくない、ありがとうと言いたくない、という病

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、近頃で目立っている「感謝を否定する」意見について、その根本的な誤りを指摘します。  確かに、感謝は強要されるものではありません。しかし感謝の拒絶は、人間社会の本質への否定になるのです。   「優しさ・親切 ←→ 感謝」というノーコストな交換 社会の本質は、キレイ事ではなく助け合い  人間はなぜ、社会を形成するのでしょうか? 答えは簡単で、助け合うためです。  これはキレイ事ではなく、むしろ社会の本質です。人が一人で生き抜いていくのは、至難 ...

詳しく読む

2021/6/21

更新情報:「頑張るよりも、楽しむ方が優秀に。潜在能力は、楽しんで発揮する。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『頑張るよりも、楽しむ方が優秀に。潜在能力は、楽しんで発揮する。』に、Youtube、雑談講座を加えました。  命の危機に瀕した際の火事場の馬鹿力でさえも、楽しい! が採用されています。 → http://kokoro.click/tanovsgan     ♦更新情報を、メールでお届けします。 Leave Th ...

詳しく読む

2021/6/12

更新情報:「失敗して痛い目に遭った時、思考停止して逃げれば、心の負債になる。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『失敗して痛い目に遭った時、思考停止して逃げれば、心の負債になる。』に、Youtube、雑談講座を加えました。  下手に前向きさが入って正当化されている分、タチが悪い。不合理なルールを見つけ出し、修正しましょう。 → http://kokoro.click/sippaiteisi     ♦更新情報を、メールでお ...

詳しく読む

♦更新情報を、メールでお知らせします。


 

-気分, 落ち込み

Copyright© 軽やかに♪ 心クリック , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.