悩み、落ち込み、気分が晴れるヒントや考え方、お伝えします!

軽やかに♪ 心クリック

成長

先入観とは? 偏見とは? 思い込みから抜け出す1つの方法。

投稿日:2019年5月29日 更新日:

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。先入観や偏見を、完全には拒否できません。全ての情報は得られず、強い印象には引っ張られます。

 しかし先入観や偏見を遠ざけ、賢明であろうとする努力はできます。

(写真の「腐ったミカン」は、今時は解らない人が多そうですね。興味のある方は、金八先生、腐ったミカン、で検索してみてください)

 

先入観、偏見とは?

先入観と偏見の違い 

 それぞれ、辞書ではこのように説明されています。(デジタル大辞泉)

先入観: 前もっていだいている固定的な観念。それによって自由な思考が妨げられる場合にいう。

偏見: かたよった見方・考え方。ある集団や個人に対して、客観的な根拠なしにいだかれる非好意的な先入観や判断。

 先入観は、プラスでもマイナスでも成立します。偏見では、マイナスに限定されています。偏見を「非好意的な先入観」と定義していることから、偏見は先入観の意味をマイナスに限定して狭めたものと言えます。

 共通する部分は、十分な根拠もなく思い込んでいる点です。

先入観と偏見は、情報や印象の偏りから

 人の判断は、情報を組み合わせて行われます。全ての情報を完全に把握して、それを正当に評価するなら、先入観も偏見も起こり得ません。

 しかし現実には、得られる情報は限られています。限られた情報の中で判断すれば、実像とのズレが生じるのは当たり前です。

 例えば僕は気功治療というジャンルで、治療家として活動しています。世間的に怪しいのは、最初から100も承知です。というのも、気功に関する情報が偏っているからです。

 普通に暮らしている分には、気功には縁がありません。積極的に自分から調べもせず、受動的に得られる情報に限られます。すると、碌(ろく)なものがありません。タレントの誰々を洗脳しただの、治療と称してワイセツ行為を働いただの、ネガティブな情報ばかりです。

 どんなに素晴らしいポジティブな出来事があっても、それを伝えるメディアはありません。けれども事件を起こしたなら、一斉に食いつきます。

 こうした情報の偏りがあれば、先入観や偏見が形成されるのも仕方ありません。

 実際に接している、人への評価もそうです。学校や会社で見せている顔が、その人の全てではありません。いつも機嫌の悪そうな上司にも、実は愛妻家で家族思いという、意外な一面があるかもしれません。

実は先入観の的中率は高い(主観的に)

 先入観は愚かであると、大勢の人が思っています。しかし先入観を持ってしまうのは、それなりに的中もするからです。

 親が泥棒なら、子供も泥棒である確率が高い。統計的な根拠はありませんが、僕はこう思っています。

 ある小学生の子に、「この子は泥棒の子だから、警戒しないと」と思いました。しかし小学生という身で、そのように警戒されている事自体が不憫でもあります。親が泥棒だからと、子まで偏見の目で見られるのは可哀想です。

 そこで僕は、警戒レベルを他の子と同じにしたのです。しかし見事に、うちの子が大切に取っておいたシールを盗まれてしまいました。

 先入観の根拠は、過去の事例の積み重ねにあります。もしも外れる機会の方が多ければ、先入観は維持できません。高確率でその通りになり続けてきたからこそ、今までその先入観が存続したのです。

 勿論、あくまでも傾向です。多いという傾向の話ですから、全てではありません。

 また複数の解釈が有り得るケースでは、先入観の範囲で考えてしまうものです。こうした場合も含めて、先入観の的中率は高くなります。

 そして確信を深めて、先入観で決めつけてしまうに至ります。

偏見に誘導する嫌悪、憎悪、敵意

 さらに負の感情が加わると、偏見に誘導されやすくなります。悪く解釈できる余地があれば、それを採用してしまいます。

 誰かの悪口で盛り上がっていると、往々にして実物以上の嫌な人物像が出来上がります。嫌悪、憎悪、敵意は、とんでもない引力で偏見に誘導します。

イスラム教に対する、血なまぐさい偏見が覆ったマレーシア旅行

 偉そうに先入観と偏見を語っていますが、僕もそれらから完全には逃れられません。

 十分に知ったと思い込んで、浅はかな断定をしているかもしれません。この場合、自分で気付くのは難しいです。

 しかし印象を歪められていると、自覚しているケースもあります。日本において、受け身でイスラム教の情報を得ていたら、血なまぐさいものばかりです。するとどうしても、イスラム教への印象が怖いものに偏ります。

 理性では情報が偏っているからだと理解していますが、印象の歪みは防ぎようがありません。

 しかしイスラム教を国教とするマレーシア旅行で、普通に暮らすイスラム教の人々と接しました。1週間ほどの経験でしたが、かなり印象は修正されました。

韓国人への「怒っていて怖い」という偏見が和らいだ海外ドラマ

 韓国についても、同じようなことが言えます。慰安婦、レーダー照射、徴用工などの報道に触れる機会が多くなり、どうしても印象が、怒っている怖い人たちに偏っていきます。

 ウォーキングデッドという海外ドラマに、グレンという韓国系東洋人が登場します。彼は感情豊かで優しいナイスガイです。当然ですが、そんなにいつも怒っていません。今では韓国人というと、真っ先にグレンを連想します。

 

 

マレーシア、ランカウイ島のスカイブリッジです。行かれたら、きっとなかなかの怖さです。

 

スカイブリッジからの景色です。文句なしの絶景!

 

先入観と偏見、思い込みから抜け出す1つの方法

自分は、全てを知らない

「自分は、全てを知らない」

 この言葉を、ただ自分に言い聞かせるだけです。

 自分はあくまでも、限られた情報から判断をしているに過ぎません。知らない情報の中に重要なものが隠されていたなら、確実にその認識と評価は誤っています。その可能性を、常に念頭に置いておきましょう。

 先入観も偏見も、要は「自分の判断は絶対に正しい!」という傲慢です。

 すると今度は慎重になって、より多くの情報を得ようとする姿勢に繋がっていきます。正しく判断する確率を上げるには、情報を増やすしかないからです。

 

 

 

まとめ

 先入観と偏見から、完全に逃れるのは難しいです。

 しかしその限界を自覚して、少しでも正しく判断する確率を上げる努力なら出来ます。特に他人を悪く思ってしまうのには、慎重でありたいです。

 

Youtube、記事動画

 この記事の内容を、動画でもお伝えしています。ただ記事はリライトされる事があるので、若干、内容が異なる場合もございます。

Youtube、雑談講座

 この記事の内容を元に、雑談を交えたフリートークです。台本なしのワンテイクです。

 

 

2022/9/26

自己評価は、自分の言動に対する評価で決まり、その評価が言動をパターン化させる。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。どのような自己評価で生きているかによって、気分は大きく違ってきます。  善良である、悪辣である、優しい、冷たい、品が高い、下品、前向きに頑張れる、後ろ向きで意欲が低い、など、貴方は自分をどう評価していますか?  ポジティブな自己評価をしている人は、それだけで気分よく生きていけます。ネガティブな自己評価であれば、その逆です。  今回の記事は、自己評価を作って気分を上げましょう! という内容です。   自己評価は言動で作られる 自分も、自分の言動を見 ...

詳しく読む

2022/5/11

人はなぜ自殺を選ぶのか? どうすれば自殺を防げるのか?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。人は何故、自殺を選ぶのでしょうか? 自殺するまで追い込まれない為には、どうすれば良いのでしょうか?  個々で様々な事情はありますが、共通するのは精神トーンの問題です。今回の記事は、それら個々の事情に取り組む前に、基本の大枠として知っておくべき内容です。   自殺のリスクが高まる3つの精神状態  人は、どういう時に自殺に至るのか? その精神状態を詳しく知っておくのは、周囲で支える人にとって、決して無駄にはなりません。  一般的に広まっているノウハウ ...

詳しく読む

2022/5/2

『ノストラダムスの大予言』にある人類滅亡は、なぜ信じられ、エンタメ化したのか?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、子供の頃にあった『ノストラダムスの大予言』について、お話しします。  子供の頃、ノストラダムスは日常の一部でした。多くの人が1999年に人類は滅亡すると怖れ、その恐怖と不安が日常に溶け込んでいる、今にして思えば異様な状態でした。  けれどもそこには、人類滅亡シナリオをエンタメとして楽しむ、奇妙な空気も存在していました。   ノストラダムスの大予言は、エンタメとして親しまれた ノストラダムスの大予言、恐怖の大王とは?  ノストラダムスが日本 ...

詳しく読む

2022/4/24

怒りという感情を、精神異常と認識しておくべき理由とは?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、怒りの危険性についてお伝えします。  怒りは、爆発的なエネルギーで危険から逃れるため、精神を屈服させないために、絶対に必要な感情です。しかしその緊急事態に向くという特別性ゆえに、多大な危険性を含んでもいます。   怒りは理性と合理性を損なわせる 何故、怒りは精神異常なのか?  精神異常とはこの場合、理性と合理性の欠如を指します。理性とは、物事を区別する能力です。合理性とは、目的に対する手段の適正さです。ですから精神異常になると、想像と現実 ...

詳しく読む

2022/4/14

感謝をしたくない、ありがとうと言いたくない、という病

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、近頃で目立っている「感謝を否定する」意見について、その根本的な誤りを指摘します。  確かに、感謝は強要されるものではありません。しかし感謝の拒絶は、人間社会の本質への否定になるのです。   「優しさ・親切 ←→ 感謝」というノーコストな交換 社会の本質は、キレイ事ではなく助け合い  人間はなぜ、社会を形成するのでしょうか? 答えは簡単で、助け合うためです。  これはキレイ事ではなく、むしろ社会の本質です。人が一人で生き抜いていくのは、至難 ...

詳しく読む

2021/6/21

更新情報:「頑張るよりも、楽しむ方が優秀に。潜在能力は、楽しんで発揮する。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『頑張るよりも、楽しむ方が優秀に。潜在能力は、楽しんで発揮する。』に、Youtube、雑談講座を加えました。  命の危機に瀕した際の火事場の馬鹿力でさえも、楽しい! が採用されています。 → http://kokoro.click/tanovsgan     ♦更新情報を、メールでお届けします。 Leave Th ...

詳しく読む

2021/6/12

更新情報:「失敗して痛い目に遭った時、思考停止して逃げれば、心の負債になる。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『失敗して痛い目に遭った時、思考停止して逃げれば、心の負債になる。』に、Youtube、雑談講座を加えました。  下手に前向きさが入って正当化されている分、タチが悪い。不合理なルールを見つけ出し、修正しましょう。 → http://kokoro.click/sippaiteisi     ♦更新情報を、メールでお ...

詳しく読む

 

♦更新情報をメールでお知らせします。


 

-成長

Copyright© 軽やかに♪ 心クリック , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.