悩み、落ち込み、気分が晴れるヒントや考え方、お伝えします!

軽やかに♪ 心クリック

心の不思議

年を取って時間が経つのが早くなったら、退屈な人生になります。

投稿日:2019年4月19日 更新日:

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。「年を取ると、時間が経つのが早い」、子供の頃に大人たちがこう言うのを聞いて、さっぱり意味が解りませんでした。しかし自分が年を取ると、同じ体験をします。

 今回はそのメカニズム(ちょっと難しい)と、退屈しない生き方をお伝えします。よろしくお願いします。

 

年を取ると、なぜ時間が早く過ぎ去るのか?

物理的な時間と、感覚的な時間との違い

 物理的な時間は、全ての人にとって平等です。世界中のどの地域にいても、同じ時間の中を過ごしています。

 ただし感覚的な時間には、個人個人で差があります。リアルタイムでは、楽しいことは短く感じられ、退屈だったり苦しかったりは長く感じられます。過去の時間感覚では、この差はさらに大きくなります。人によっては、10年という単位ですら「あっという間」と表現されるほどです。

リアルタイムの違いは、集中の差によって生まれる

 人間が感知する代表として、視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚の5感が言われています。そういった仲間に入れて良いのかは微妙ですが、時間がどれくらい経ったのかという感覚も、人は持ち合わせています。

 物理的な正確な時間は解らなくても、だいたい15分くらい経った、1時間くらい経った、と感覚で解りますよね。視覚では光を、聴覚では振動を察知しているように、時間感覚では時間の経過をカウントしています。

 ただ時間感覚は、他の5感と同じように一定しません。あまりに衝撃的な光景を目の当たりにしたら、感覚的には音が消えるケースがあります。美味しい料理をより美味しく感じようとした時、目を閉じて視覚情報をシャットアウトしますよね。このように意識の配分の仕方で、感覚の強弱が変わります。

 時間感覚も同様で、他の何かに集中している時は希薄になって、短く感じられます。退屈すると、時間感覚に意識が集中してきて、結果として長く感じられるというわけです。

出来事ファイルに時間感覚はない

 過去には、大小の莫大な出来事があります。入学や卒業、就職、結婚といった人生の大イベントから、電車に乗った、ゲームをした、毎回の食事といったありふれた日常まで、数え切れないほどの出来事が積み重なっています。

 しかし記憶の出来事ファイルには、時間の感覚がありません。出来事は、あった事実としてそこに記載されているだけです。イメージとしては、動きのない写真と説明文です。 

時間感覚は、感情ファイルにある

 一方、感情ファイルは動画のようなものです。感情の記憶は、動きとして保存されています。

 動きがある → 時間の流れがある

 という理屈です。過去の感情を想起した時、そこに動きがあると感じ取れるでしょうか? 試しに動きを止めてみると、途端にそれが何なのかを見失います。動かないものは、感情として認識できないからです。ちょっと、難しいかもしれません。

感情ファイルが増えると、時間感覚が長くなる

 出来事ファイルも感情ファイルも、全てを引き出せるわけではありません。莫大な記憶領域から引き出せるのは、ほんの一部だけです。目立たないありふれたものは、埋没して簡単に見えなくなります。

 しかし引き出せないだけで、情報はきちんと保存されています。感情が濃い時間が長ければ長いほど、感情ファイルはつながっていき、動画の記録時間が長くなっていきます。これが後から振り返った時の、時間感覚の正体です。

 リアルタイムでは楽しくてあっと言う間に終わっても、過去の感情ファイルでは逆に長くなります。時間感覚のこの関係は、とても興味深く、面白いものです。

経験を重ねると、新鮮な経験は減っていく

 経験を積み重ねていくうちに、知らないものが減っていきます。新鮮味が薄くなれば、感情が動き難くなるのは当然です。

 初体験であっても、経験上から予想できるものも多くなります。経験を重ねるほど、予想外だった! という意外性に出合う機会も少なくなります。

 感情が薄くなれば、退屈します。そんな時間を振り返ると、感情ファイルが希薄で、あっという間に時間が過ぎたように感じられるというわけです。

 

 

 

退屈から抜け出し、楽しい人生にするには?

 経験を重ねて知識が増えれば、感情が動き難くなるのは仕方ありません。子供のように、全てが新鮮! という状況は望めませんが、大人にだって新しい世界は広がっています。

未経験のものを、2つに分ける

 新鮮味は未経験のものにありますが、未経験であれば何でも価値があるというわけではありません。価値ある未経験なものを見極めるには、それを以下の基準で分類します。

  • 興味がない
  • 興味はあるが、ハードルが高くて経験していない

「興味がない」の中に、宝物はほとんど眠っていません。

 例えば僕であれば、女性アイドルのライブに行った経験がありません。ただ女性アイドルの存在は知っていますし、ライブの光景は何度もメディアを通じて散見しています。その上で「いいな、行ってみたい!」と、まったく思いません。こういう時、行ってみたら意外に楽しかった! とはなりません。

 ある程度の情報があって興味が湧かないのなら、実際に経験して、大きく心が動かされる可能性はほとんどありません。

 ただ中には、当然、例外もあります。しかし、あくまでも例外なので、このカテゴリーから探すのは効率が悪いということです。 

興味があってハードルの高いもの

 こちらであれば、お宝がザクザクと眠っています。興味はあるけれど、何らかのハードルが高くて経験してこなかったグループです。

 もしもそのハードルが精神的なものであるなら、思い切って突破するのを強くお勧めします。先ほどの女性アイドルのライブを例にするなら、興味はあるけれど「おじさんが一人で行くのは、恥ずかしい」という方もいるでしょう。一切、気にせずに、突入すべきです。きっと新鮮な楽しい時間を過ごせるでしょう。期待外れになるかもしれませんが、興味がないグループと比較すれば、圧倒的に良い体験になる可能性が高いです。

 ハードルの種類は、他にも考えられます。

・金銭
・時間
・労力
・地理
・仕事
・家族

 など、人それぞれの事情があるでしょう。確かにそれを経験するのに、全財産を使い果たすのは現実的ではありません。あまり時間と労力がかかり過ぎるのも、考え物です。

 ですからこれらハードルの中で、リターンの期待が大きく、これだったら思い切って超えてみよう! と比較的、思えるものを探してみてください。

安住の地から、勇気をもって離れる

 私生活にしても仕事にしても、落ち着いた居心地の良い場所と習慣があります。安住の地は、心を穏やかに安心して暮らせますが、刺激は薄くなります。

 もしも退屈を嫌って面白い人生を歩みたいなら、勇気をもって、そこから離れる決断が必要です。

 例えば仕事を休んで、ピースボートで世界1周をしてみたいなら、行ったら良いです。帰ってきてからの仕事が不安になるなら、出来るだけ不安を払拭するような準備を整えましょう。

 何をどこまで犠牲にできるのかは、人によって違います。僕がよくお勧めしているのは、絶対に失いたくないものトップ3を決めて、あとは失っても構わないと設定する考え方です。すると大抵、命と健康、家族、ある程度の財産、あたりが残ります。

 これだけがっちりと守っても、結構、やりたいはことは出来るものです。それだけ皆さん、守りに入ったつまらない人生を送っているということです。

成長スパイラルに入る

 一つの何かを突破すると、次の目標が見えてきます。

 例えば「小説家になろう」というサイトでは、誰でも気軽に小説を発表できます。そこで最初の目標は、「小説を書いて、誰かに楽しんでもらいたい」だとします。投稿した小説がその中で好評であれば、目標は達成したと言えるでしょう。すると次に、出版社の目に留まってプロデビューという道も見えてきます。今度はプロデビューを目標にして、頑張ってみます。

 このように目標をレベルアップして成長スパイラルに入ると、延々と飽きずに楽しい時間が続いていきます。

 ゴルフでも、陶芸でも、俳句でも、レベルアップできる奥の深いものは、情熱と時間をかける価値が高いです。

 

 

 

まとめ

 感覚的な時間は、感情密度に比例します。その謎が解明できれば、あとは感情密度を濃く生活するだけです。

 そして大人になって経験が豊かになっても、新しい世界は必ずあります。世界の全てを知り尽くし、体験し尽くすなど、逆にできないのですから。

 

Youtube、記事動画

 この記事の内容を、動画でもお伝えしています。ただ記事はリライトされる事があるので、若干、内容が異なる場合もございます。

Youtube、雑談講座

 この記事の内容を元に、雑談を交えたフリートークです。台本なしのワンテイクです。

 

 

2022/9/26

自己評価は、自分の言動に対する評価で決まり、その評価が言動をパターン化させる。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。どのような自己評価で生きているかによって、気分は大きく違ってきます。  善良である、悪辣である、優しい、冷たい、品が高い、下品、前向きに頑張れる、後ろ向きで意欲が低い、など、貴方は自分をどう評価していますか?  ポジティブな自己評価をしている人は、それだけで気分よく生きていけます。ネガティブな自己評価であれば、その逆です。  今回の記事は、自己評価を作って気分を上げましょう! という内容です。   自己評価は言動で作られる 自分も、自分の言動を見 ...

詳しく読む

2022/5/11

人はなぜ自殺を選ぶのか? どうすれば自殺を防げるのか?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。人は何故、自殺を選ぶのでしょうか? 自殺するまで追い込まれない為には、どうすれば良いのでしょうか?  個々で様々な事情はありますが、共通するのは精神トーンの問題です。今回の記事は、それら個々の事情に取り組む前に、基本の大枠として知っておくべき内容です。   自殺のリスクが高まる3つの精神状態  人は、どういう時に自殺に至るのか? その精神状態を詳しく知っておくのは、周囲で支える人にとって、決して無駄にはなりません。  一般的に広まっているノウハウ ...

詳しく読む

2022/5/2

『ノストラダムスの大予言』にある人類滅亡は、なぜ信じられ、エンタメ化したのか?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、子供の頃にあった『ノストラダムスの大予言』について、お話しします。  子供の頃、ノストラダムスは日常の一部でした。多くの人が1999年に人類は滅亡すると怖れ、その恐怖と不安が日常に溶け込んでいる、今にして思えば異様な状態でした。  けれどもそこには、人類滅亡シナリオをエンタメとして楽しむ、奇妙な空気も存在していました。   ノストラダムスの大予言は、エンタメとして親しまれた ノストラダムスの大予言、恐怖の大王とは?  ノストラダムスが日本 ...

詳しく読む

2022/4/24

怒りという感情を、精神異常と認識しておくべき理由とは?

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、怒りの危険性についてお伝えします。  怒りは、爆発的なエネルギーで危険から逃れるため、精神を屈服させないために、絶対に必要な感情です。しかしその緊急事態に向くという特別性ゆえに、多大な危険性を含んでもいます。   怒りは理性と合理性を損なわせる 何故、怒りは精神異常なのか?  精神異常とはこの場合、理性と合理性の欠如を指します。理性とは、物事を区別する能力です。合理性とは、目的に対する手段の適正さです。ですから精神異常になると、想像と現実 ...

詳しく読む

2022/4/14

感謝をしたくない、ありがとうと言いたくない、という病

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。今回は、近頃で目立っている「感謝を否定する」意見について、その根本的な誤りを指摘します。  確かに、感謝は強要されるものではありません。しかし感謝の拒絶は、人間社会の本質への否定になるのです。   「優しさ・親切 ←→ 感謝」というノーコストな交換 社会の本質は、キレイ事ではなく助け合い  人間はなぜ、社会を形成するのでしょうか? 答えは簡単で、助け合うためです。  これはキレイ事ではなく、むしろ社会の本質です。人が一人で生き抜いていくのは、至難 ...

詳しく読む

2021/6/21

更新情報:「頑張るよりも、楽しむ方が優秀に。潜在能力は、楽しんで発揮する。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『頑張るよりも、楽しむ方が優秀に。潜在能力は、楽しんで発揮する。』に、Youtube、雑談講座を加えました。  命の危機に瀕した際の火事場の馬鹿力でさえも、楽しい! が採用されています。 → http://kokoro.click/tanovsgan     ♦更新情報を、メールでお届けします。 Leave Th ...

詳しく読む

2021/6/12

更新情報:「失敗して痛い目に遭った時、思考停止して逃げれば、心の負債になる。」に雑談動画を追加しました。

「軽やかに♪ 心click」管理人、小池義孝です。  過去記事を更新しても、「新着記事」にはなりませんので、こうしてお伝えしていきます。   更新情報 『失敗して痛い目に遭った時、思考停止して逃げれば、心の負債になる。』に、Youtube、雑談講座を加えました。  下手に前向きさが入って正当化されている分、タチが悪い。不合理なルールを見つけ出し、修正しましょう。 → http://kokoro.click/sippaiteisi     ♦更新情報を、メールでお ...

詳しく読む

 

♦更新情報をメールでお知らせします。


 

-心の不思議

Copyright© 軽やかに♪ 心クリック , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.